イノセンス

イノセンス

2004年製作 日本 99分 2004年3月6日上映
rating 3.8 3.8
131 13

『イノセンス』とは

押井守監督作品の『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の続編にあたり、同じく押井守が監督を務めたSFアニメーション。第25回日本SF大賞を受賞し、第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された。プロデューサーをスタジオジブリの鈴木敏夫が務める。声の出演には引き続き『攻殻機動隊』シリーズの多くで草薙素子の声を務める田中敦子、『ブラック・ジャック』シリーズで主人公ブラック・ジャックを勤める大塚明夫、ディズニーアニメーション『美女と野獣』で野獣の声を勤めた山寺宏一など実力派の声優が名を連ねる。

『イノセンス』のあらすじ

2032年、近未来の日本。人間の脳が情報ネットワークに接続され、ネットワークを介したデジタルコミュニケーションが可能となった世界。身体の機械化も進み、人間とサイボーグとロボットが共存していた。 主人公・バトーは内務省直属のテロ対策組織公安9課、通称「攻殻機動隊」に所属するサイボーグの刑事。彼は頻発するテロを取り締まっていた。ある日、少女型の愛玩用アンドロイドが持ち主を殺害するという事件が多発。事件に疑問を抱きつつ、相棒であるトグサと共に捜査に乗り出したバトーは、数々のサイボーグたちと出会い、人間と機械の関係性を繰り返し自問自答する。 そして2人は謎のハッカーに捜査を妨害されながらも、バトーは事件の真相に近付いていく…。

『イノセンス』のスタッフ・キャスト

『イノセンス』の感想・評価・ネタバレ

  • 保津稔
    保津稔 3 2016年6月21日

    アニメ版2シーズン見た後やからかもしれんけど、もったいぶった演出に思えるし、とにかく引用のセリフが意味不明。それでも最後のバトーと少女のやり取りはハッとする。ここで語られてることを全て理解できたとは思わないけど、とりあえず恋人と体を重ねたくはなった。

  • ブルーガール
    ブルーガール 4 2016年5月8日

    映像美

  • akiyonhirobabu
    akiyonhirobabu 4 2015年4月20日

    人と機械の共存

『イノセンス』に関連する作品