ルートヴィヒ

ルートヴィヒ

Ludwig II
2012年製作 ドイツ 140分 2013年12月21日上映
rating 3.5 3.5
16 11

『ルートヴィヒ』とは

巨匠ルキノ・ヴィスコンティが、「狂王」の異名で知られる第4代バイエルン国王のルートヴィヒ2世を描いた映画。孤独や芸術を愛して浪費を繰り返した生涯を、ヴィスコンティのパートナーとも言えるヘルムート・バーガーが演じた。 上映時間が長すぎるため本来より短い約3時間版が作られ、さらに約140分版も存在する。後年になって、当初の意図に最も近い4時間版が公開された。ヴィスコンティの『地獄に堕ちた勇者ども』『ベニスに死す』と共に「ドイツ三部作」と呼ばれている。

『ルートヴィヒ』のあらすじ

ルートヴィヒ2世は、父であるマクシミリアン2世の崩御に伴い第4代バイエルン国王に就任する。彼は作曲家ワーグナーを宮殿に招き、さらには莫大な費用を使って様々な城の建築を命じる。 また彼はもともと女性を嫌い、美青年を愛していた。ただし同じように堅苦しい世界を嫌い、あちこちへ旅をしていたオーストリア皇后エリーザベトにだけは親近感を抱いていた。 しかし彼女の妹との婚約延期を繰り返したことから、エリーザベトとも疎遠になってしまう。戦争などの影響で、彼はますます現実を避けて昼夜が逆転するような生活を送る。ある夜、彼はかかりつけ医と散歩に出て……。

『ルートヴィヒ』のスタッフ・キャスト

『ルートヴィヒ』の感想・評価・ネタバレ

  • Märikanaki
    Märikanaki 3 2016年3月8日

    とにかくザビンさんが美しい。目を奪われる。最後までザビンさんが演じて欲しかった。だんだんと暴走していくザビンさん演じるルートヴィヒを見ていると、本物のルートヴィヒを見ているようだった。2回くらい見て世界観やビジュアルに満足したい作品。

  • Mao Shida
    Mao Shida 3 2015年8月12日

    2015/08/12 DvD

  • sakosako
    sakosako 2 2015年8月8日

    かのノイシュバンシュタイン城は狂王と言われた人が建てたのだと言うことを知ってはいましたが、こんなにも酷いとは。ワーグナーとの関係もこれほど密接だったのね。そりゃ周りはやってられませんよね。とにかく全編暗いエピソードばかりで埋め尽くされ、主人公の俳優も魅力がなく、2時間余が長かったです。

『ルートヴィヒ』に関連する作品