ジュリア

ジュリア

Julia
1977年製作 アメリカ 1978年6月17日上映
rating 3.3 3.3
7 3

『ジュリア』とは

アメリカの女性劇作家であるリリアン・ヘルマンの回顧録を原作に映画化した作品。ジュリアと友情と、作家ダジール・ハメットとの恋を描いている。監督は『地上より永遠に』のブレッド・ジンネマンが務めた。アカデミー賞では11部門でノミネートされ、その中で、助演女優、助演男優、脚色賞を受賞。脚色は『ボビー・ディアフィールド』のアルビン・サージェントが担当している。今作品は、メリル・ストリープの映画デビュー作でもある。

『ジュリア』のあらすじ

劇作家であるリリアンは、恋人の推理小説家ダジェルと同棲していた。仕事が思うように進まないリリアンは、ふと親友だったジュリアの事を思い出していた。ジュリアは上流階級の娘だったが、金持ちを鼻にかける自身の身内を嫌っていた。消極的なリリアンに優しく接してくれたジュリア。いつしか二人は親友になる。 オックスフォード大学へ進んだジュリアは、ウィーンへ向かい、そこで犯ナチス運動に関わっていく。リリアンはその頃、パリで劇を作っていた。ウィーンでのナチ関連の暴動のニュースを読んだリリアンは、ウィーンへ飛ぶ。

『ジュリア』のスタッフ・キャスト

『ジュリア』の感想・評価・ネタバレ

  • polo1026

    幼いころから仲の良いジュリアとリリアンの友情物語。 小さいころは2人ともとても無邪気で会話も微笑ましい。 (「友達はできた?」「勉強はどう?」とか本当に他愛のない会話) しかし、じわじわと第2次世界大戦の影が迫ってくる。 ドイツで反ナチ運動を行っているジュリアのために危険な依頼を引き受けるリリアン。 戦争がなければこんな悲しい出来事は起きなかったのに…

  • さくら
    さくら 3 2014年5月17日

    #eiga #movie 理屈っぽくて頑固な女2人の生き方や考え方に、難しい時代背景が絡まって哀しい展開に。大切な親友のために命を懸けて動けるか。夜の汽車の素敵な雰囲気とは裏腹にかなりドキドキした。上書きされてきたものによって自分の本当の姿が見えてくる。ひとり残され、あんなに淋しい海辺でどんな気持ちで生きていくんだろう。切ないよ...

  • Jimmy Chu
    Jimmy Chu 2 2014年5月13日

    14.05.12

『ジュリア』に関連する作品