ユニコ 魔法の島へ

ユニコ 魔法の島へ

rating 0 -
0 0

『ユニコ 魔法の島へ』とは

原作は手塚治虫の漫画。この作品は、手塚が劇場用に描いた「ユニコと太陽の王国」をアニメにしたもの。人間を部品にして城を作る魔法使い・ククルックと、ユニコの戦いが描かれる。構成・脚本・監督は『カムイの剣』の村野守美。画面構成は『妖獣都市』の川尻善昭。作画監督は『機動戦士ガンダム』の富沢和雄。主人公であるユニコの声を演じるのは、劇場版1作目と同じ三輪勝恵。他につかせのりこ、常田富士男、池田秀一、島本須美など。

『ユニコ 魔法の島へ』のあらすじ

西風の力で、ある島に連れてこられたユニコ。この島には魔法使いのククルックがいた。ククルックは動物や人間を人形に変えて、それを部品に城を作っているおそろしい魔法使いだった。ある出来事で傷ついてしまったユニコは、チェリーという少女に看病してもらう。チェリーはククルックの弟子・トルビーの妹だった。心優しいチェリーは、トルビーのことを心配している。ユニコは生き人形にされてしまった人たちを元気な姿に戻そうと、チェリーといっしょにククルックの元へと向かう。しかし人間への恨みや憎しみが源になっているククルックの魔法は、とても強力なものだった。

『ユニコ 魔法の島へ』のスタッフ・キャスト

『ユニコ 魔法の島へ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ユニコ 魔法の島へ』に関連する作品