アイアンマン

アイアンマン

Iron Man
2008年製作 アメリカ 125分 2008年9月27日上映
rating 3.8 3.8
974 17

『アイアンマン』とは

『スパイダーマン』や『キャプテン・アメリカ』などでおなじみマーベル・コミックの人気作品を実写映画化。主人公トニー・スターク役には1996年に麻薬不法所持で逮捕されるも着実にキャリアを積み上げ完全復活を果たしたロバート・ダウニー・Jr.を迎え、メガホンは自身も俳優として活躍するジョン・ファブロー監督が握る。興行収入は58億ドルを超えるメガヒットとなった。本作は三部作となっており、『アイアンマン2』は2010年に、『アイアンマン3』は2013年に公開された。

『アイアンマン』のあらすじ

主人公トニー・スタークは巨大軍需用品企業「スターク・インダストリーズ」の社長。ある日、トニーが開発したクラスターミサイル「ジェリコ」をプレゼンテーションするため、アフガニスタンにいるアメリカ空軍を訪れる。そんな中、軍を視察中のトニーを悲劇が襲う。テロリスト「テン・リングス」の襲撃に遭い、自身の車にミサイルを撃たれてしまったのだ。ミサイルは命中、爆風で飛ばされたトニーは、そのミサイルが自身が開発したものであることを確認するも、爆風に飛ばされ意識を失ってしまう。目を覚ましたトニーがいた場所はテン・リングスのアジト。命が欲しければジェリコを組み立てるように要求される。そして彼は、ジェリコ制作に取り掛かりながらも、テロリストたちの目を盗み、彼らと戦うためのパワード・スーツを開発する。

『アイアンマン』のスタッフ・キャスト

『アイアンマン』の感想・評価・ネタバレ

  • やじろべえ
    やじろべえ 4 10月12日

    成り金やろーっと思っていたら… いいやつじゃん、アイアンマン

  • mamomamo31
    mamomamo31 2 2018年6月22日

    なんかよくわかんなかった笑笑

  • しょうちゃん
    しょうちゃん 4 2018年4月8日

    マーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。 軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、 自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、 凶悪一味に立ち向かう。 主人公であるトニー・スタークが、 天才工学者でありながら、 わがままなお坊ちゃんといった感じ。 おまけに女性関係も派手なのだから面白い。 同じお金持ちのブルース・ウェインとは正反対のキャラ。 ロバート・ダウニー・Jrのハマリ役でした。 トニー・スタークが試作品を次々と改良してパワードスーツを作り上げていく過程。 試行錯誤と危険な試運転を繰り返しながら、 アイアンマン・スーツが出来上がるまでが面白い。 不器用なアームくんもいい味出してる。 消火器係やカメラ係など可愛かった。 スキンヘッドのジェフ・ブリッジスの悪人ぶりもなかなか。

『アイアンマン』に関連する作品