レヴェナント 蘇えりし者
レヴェナント 蘇えりし者
THE REVENANT
2015年製作 アメリカ 157分 2016年4月22日上映
rating 3.6 3.6
152 59

『レヴェナント 蘇えりし者』の感想・評価・ネタバレ

  • Kozai Szatosi
    Kozai Szatosi 3 7月2日

    確かに照明なしで捉えられる風景は雄大で美しいし、ディカプリオも凄いけど、あのやたら人間みたいなクマの動きはどう考えてもおかしいし、あんなんで頭抑え付けられたらそれだけで死ぬだろって思う。ディカプリオの復讐への執念は凄いが、ここまでくるとアメコミの域。 ディカプリオの演技も巧いが、マーロン・ブランドの物真似みたいなあの声がわざとらしくもある。

  • Erika
    Erika 3 6月15日

    壮絶。 自然の脅威の凄まじさと残酷さがリアル。もう初めから終わりまで思わず息をのむシーンしかなくて終わるとドッと疲れがくるけど観応えが凄い。ただ残虐な描写も多くて観ながらひぇっ!て何度もなる。

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 3月14日

    2018/03/12 Netflix 熊(グリズリー)がめちゃめちゃに恐い。 最近モンハン漬けだったので、狩りと自然を完全にナメてた。熊との戦いもだけど、その後の治療シーンが痛すぎて悲鳴あげた。 途中からディカプリオが全く喋らなくなるんだけど、映像の密度?情報量?が濃くて気にならなかったし、呼吸音で充分役を演じきれるんだなと感心した。 関係ないけど、雪で白くボケた背景に若干のアオリでバストアップのディカプリオが映るカット、やたら繰り返されてたけど何かメッセージ的なものがあったのかな

  • アパ予約して。
    アパ予約して。 3 2017年11月19日

    2017.11.19

  • Yuko Fujisawa
    Yuko Fujisawa 3 2017年4月17日

    動物の迫力!映画館で見たので映像美はバッチリ○ なんとて寒そうな映画だったな

  • shiniked
    shiniked 4 2017年4月8日

    80年代の名作映画にありそうなお話を、現代の映像技術と俳優の体を張った演技を使って本気で撮ってみました。って感じの映画。 とにかく映像がすごい。まるで自分が雪山でサバイバルしてるかのような臨場感。 その上生きた川魚に食らいついたり、生レバーを食してみたり、馬のお腹を捌いて寝袋にしたりとおもわず目を背けたくなるようなシーンを鮮明に映してくるのでかえって怖いもの見たさ的な感覚で画面に釘付けにされる。 しかもそれらの演技は全てディカプリオが本当にやっていたと知ってさらにドン引き。 そりゃアカデミー賞でも取らなきゃやってられないと思う。 今までに全くないタイプの映画で、ストーリーだけ聞いてつまらなそうと敬遠するのは勿体無い。一見の価値あり。

  • naho

    手に汗握るとは正にこの事 切迫したシーンが続いて 迫力が凄い。 熊とのシーンは どちらにも守るものがある状況で 生きる事について改めて考えさせられ 息遣いや自然の音、音楽も相まって 目が離せなくなりました。 息子への愛情も強く感じ ラスト自分で手をかけず 神に委ねるという選択も 共感できる終わらせ方で とても良かったです。 あそこで助かったのは 成り行きで娘を助けたからですが あの助けるという選択も 彼の人間性で その選択が自分を救う結果に 繋がったのだろうと思うので ブリッジャーもそうでしたが 常に自分の行いが 自分の未来を作るということを 肝に銘じてどんな状況でも 生きていかなければなぁと 思わされました。 自分を追い詰めたい時に 観たい映画ですね。

  • m_saito

    レオちゃま、苦節ウン年、オスカー受賞おめでとう作品。 物語としては非常にシンプルな復讐劇なんだけど、圧倒的映像美と鬼気迫る瞬間を抉り出してる演技力、最小限の台詞の中に込められた魂が、見ていて息苦しくなるほどに伝わってくる作品だった。 あとクマこわい!クマ強すぎこわい!!!!!!!!!!!

  • sogo

    ディカプリオの復活映画とも、言われている映画。 しかし、決して面白い映画ではない。 ディカプリオが出てる映画って、そういうの多い気がする。 歴史を知ったらより、楽しめるのだろう。まだ、インディアンが生存している時代で、白人がアメリカ人が獣をかり、彼らの食糧源や土地を荒らしている。 それは、家族の為にやっている事。 極寒の中、撮影し、過酷な中で生活している人の演技は、リアリティがあり、最高なのだが、トムハーディの役柄がちょっと、納得いかない。もっと何か「生存している」意味の「役の伏線」があると良かったのになぁ。

  • okdkstmp

    ディカプリオ強すぎ。

  • 福庭恭平
    福庭恭平 4 2016年11月6日

    ロングショットの多用で途切れないシーンの連続による臨場感がぞくぞくした 最初の方のディカプリオが苦しんでいるシーンがウルフオブウォールストリートのドラッグで決まりまくってた時のディカプリオにしか見えんかった笑 正直、最後のシーンの意味を掴めませんでした 結局復讐は意味無いし、神はいないってことでしょうか それか復讐してしまったことで神が離れていった あと、トムハーディのクズっぷりは最高 本気で殺せと思えた

  • Keeper

    score 65/100 レオ様記念作品。物語は単純で満身創痍の鬼と化したレオ様が迫真の演技でアメリカの大自然をサバイバルするだけ。

  • こにしはるな
    こにしはるな 0 2016年10月23日

    レオ、オスカーおめでとう( ; ; )

  • choromiki
    choromiki 3 2016年9月27日

    「撮影過酷だったろう」という感想。

  • hiroro312
    hiroro312 1 2016年9月19日

    映像美と演技力は凄い。アメリカの大地に惹かれる何かがあった。しかし地味過ぎた。所詮はリアルポカハンティス。

  • Ken-Chang
    Ken-Chang 5 2016年9月7日

    鈍器でドーンと胸を叩かれるような映画でした 象徴的に挿入されるマリク的な美しい映像と、残酷なまでに繰り返される命の奪い合い、そして復讐という虚しい生の糧 まるで神話のような、英雄の伝説のような、それでも限りなく、叫ぶほどの痛みと、血の赤さと、滾る感情はどこまでもリアルに、深く重く、美しい映画でした(^^) ディカプリオ先輩がやりましたねぇ… 元々好きな俳優さんで今までも素晴らしい演技されてましたけど、それに並ぶ、いや、超えたかなぁ、すごい迫力でした クシャクシャに泣く顔カワイイんすけどね笑 伝えたいことはよく分かりませんが、イニャリトゥ先生のはそれでもいい、許す笑 カーテンの向こうなんて炎に包まれててもいい、没頭させてくれればいい 麻薬のように、性行為のように、FPSのように もっと没頭させてほしい

  • syn490

    史実に基づいているとは言え、いわば『アメリカ昔話』。アメリカ人にはとても馴染みのある偉人武勇伝なのだろう。その時点で思い入れにだいぶ差がある。その差を埋めるほど珍しいストーリー展開でもないので、物語としては並。 それだけに、 映像美 カメラワーク キャストの鬼気迫る演技が際立っている。

  • lessmore
    lessmore 4 2016年8月29日

    バードマン然り、メッセージ性が深い 生きるとは、死と隣り合わせ バードマンも生と死、罪と罰が描かれたいたが、現代社会での実現が難しい生き方を過去と超現実で表現している。 大自然の中では人間一人の無力が伝わってくる。 憎しみや怒りは復讐では解決できない。グラスは最後に気づいて‥‥

  • Hiro

    鬼気迫る演技! アカデミー賞主演男優賞も納得できる!

  • いわし
    いわし 4 2016年8月16日

    劇場にて。だいぶ前になりますが、、とにかくディカプリオ凄い。。本人が本当に○○したとかってよく特集されてたけど、とにかく凄まじいです。あの、馬のシーンとか...ゾッとしました。。 見て良かったし満足だったけど、もう二度と見たくないとも思いました。笑 あの緊張感がたまらなく、、疲れます。笑 映像も音楽も良いです、あと悪役トムハーディも!