ペネロピ

ペネロピ

Penelope
2006年製作 イギリス 102分 2008年3月1日上映
rating 3.8 3.8
279 65

『ペネロピ』とは

豚の鼻と耳を持って生まれたヒロインが、自らの力で道を切り開いていく強さを描いたファンタジー・ラブストーリー。監督は本作が長編映画初となるマーク・パランスキーがメガホンを取る。制作は『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したリース・ウィザースプーンと、『ジェーン』のスコット・スタインドーフらが務める。音楽は『SING/シング』のジョビィ・タルボット。主演のクリスティナ・リッチは、『アダムス・ファミリー』で注目され、『熟れた果実』ではゴールデン・グローブ賞女優賞にノミネートされている。

『ペネロピ』のあらすじ

イギリスの名家であるウィルハーン家の一人娘ペネロピは、魔女にかけられた呪いで、生まれつきブタの鼻と耳を持っていた。呪いを解くためには、名家の息子と真実の愛を誓う必要があるが、母ジェシカは生まれてきたペネロピを屋敷に閉じ込め、ペネロピは一度も外へ出ないまま成長していく。 彼女が18歳になると、呪いを解くために、ジェシカはペネロピにお見合いをさせるが、何人もの求婚者たちが、ペネロピの姿を見て逃げ出してしまった。それから7年後、逃げ出した花婿候補の1人エドワードが、記者のレモンと手を組みウィルハーン家の秘密であるペネロピの姿を撮影しようと、スパイの花婿を送り込み……。

『ペネロピ』のスタッフ・キャスト

『ペネロピ』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    可愛らしいフェアリーテイル。 女子ウケの良さそうなストーリーはありがちだけど、お洒落な雑貨屋さんのような、外国の絵本のような、フォレスト系の色彩が印象的。豚鼻があんなに似合って可愛く見えるのは凄い。

  • よーちゃん
    よーちゃん 4 2015年9月12日

    ペネロピ可愛かった。 あの母親の元でよくあんないい子に育ったもんだ。 マカヴォイがカッコよすぎて、それ見るだけで幸せな映画。

  • Soichiro  Muramoto
    Soichiro Muramoto 3 2015年9月9日

    魔女の呪いで豚の鼻の耳を持った名家の娘ヘネロピが、自分の姿に恥ずかしさも覚えつつも、何とか踏み出そうとするがんばる姿が可愛い。 容姿も大切かもしれない。 でもそれより大切なことは何かを改めて考えた。そんなの当たり前かもだけど、でも大切だ。 それを最後まで汲み取れたマックス、素敵だ。

『ペネロピ』に関連する作品