ストーンウォール

ストーンウォール

Stonewall
2015年製作 アメリカ 129分 2016年12月24日上映
rating 3.2 3.2
3 7

『ストーンウォール』のあらすじ

インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、両親に見放され、恋人のジョーにも裏切られ、追われるように故郷を出た孤独なダニーを迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった。ダニーは彼らの部屋に住まわせてもらい、常に陽気に歌って踊りながらたくましく生きていく仲間を得て、この街で身を寄せ合い暮らす様々なゲイやレズビアン、ドラァグクイーンや、政治活動家トレバー(ジョナサン・リース・マイヤーズ)と出会う。しかし、一方で、セクシュアル・マイノリティに対する迫害と差別、警察の不当な捜査はますます激化。日常的に警察に理不尽に殴られ、客にはレイプされ暴行を受ける過酷な日々が、彼らの現実だった。 そんなある日、彼らが常連として通うバー「ストーンウォール・イン」に再び警察の捜査が入り、ダニーやレイたちの怒りと不満が爆発。彼らに失うものはない。それまで警察に反抗することなく酷い扱いを受け入れるだけだったゲイたちが、初めて立ち上がり、そして石を投げた。それは歴史を変える暴動への始まりだったー。

『ストーンウォール』のスタッフ・キャスト

『ストーンウォール』の感想・評価・ネタバレ

  • YU66 RAMONE
    YU66 RAMONE 3 2017年10月19日

    世の中に蔓延する差別、なかでも近年は日本でもようやく認知されてきたゲイ差別。 ストーンウォールの反乱が起こる1969年はかなりの迫害を受けていたようで、またその連鎖でどんどん悪循環を生む負の連鎖。 そんな中で陽気さだけが救いでした。なんせ女装のゲイは明るい! 仕方ない、愛する人が同性なだけ。愛する個性を奪われては生きていけません。もっと世界がpeacefulになりますようにと思わずにいられません。

  • 保津稔
    保津稔 2 2017年8月8日

    史実と違う!ていうツッコミがあるのは知ってたけど、ストーリーテリングが下手過ぎてそれどころじゃなかった。。なにがしたかったんやろ。。この話、退屈に撮る方が難しそうやのに。

  • えりこ
    えりこ 4 2017年5月8日

    1969年のNYが舞台です。 ゲイに対する差別が凄まじい時代。 誰にも理解されないゲイたちが集い、心を寄せ合い生き抜き、 世の中を変えようと奮闘します。 出てくる人たちがとってもチャーミングで…手放しで応援したくなってしまうのです。 今じゃ考えられませんが、当時はゲイというだけで逮捕されたり、酷い虐待をされたり、人権というものは欠片も存在しませんでした。 これは史実に基づいているとのことで、 この映画で奮起したゲイたちが居たからこそ、現代に繋がっているのだと深く深く感じました。 久しぶりにジョナサン・リーズ・マイヤーズを見られて嬉しかったな。

『ストーンウォール』に関連する作品