ベイビー・ブラッド

ベイビー・ブラッド

BABY BLOOD THE EVIL WITHIN
1990年製作 アメリカ
rating 3 3
1 0

『ベイビー・ブラッド』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 1月6日

    サーカスの女の体内に謎の生命体が寄生。彼女の子宮に住まう彼と女はコミュニケーションを取ることができる。女は彼の希望するまま人々を殺し、血を啜る。 テイストはかなり異質。なんてったってフレンチホラーなんで、どうにも感傷的というか叙情的というか。女が笑いながら街を歩くシーンなど、本当にスプラッタ映画を観てるのか不安になってくるような素敵シーンもあったりします。スプラッタ描写に特筆すべき点はなく、少々過激な血飛沫や人体破壊なのですが、前述の雰囲気とも相待って独特な映画になっています。ストーリーは『バスケット・ケース』みたいなのに。不思議な映画です。お腹から飛び出してきた生命体がそのまんま『遊星からの物体x』で笑いました。

『ベイビー・ブラッド』に関連する作品