ウインド・リバー

ウインド・リバー

Wind River
2017年製作 アメリカ 107分 2018年7月27日上映
rating 3.6 3.6
23 8

『ウインド・リバー』とは

『ボーダーライン』、『最後の追跡』で2年連続アカデミー賞にノミネートされた脚本家テイラー・シェリダンが、自らの脚本をもとに初監督を務めた。メキシコ国境におけるアメリカの麻薬戦争の実態に迫った『ボ-ダーライン』、テキサス州西部での富と貧困のぶつかり合いを描いた『最後の追跡』、そして3部作の最終編として位置付けられる『ウインド・リバー』は第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門にて監督賞に輝いた。主演に「アベンジャーズ」シリーズのホークアイで知られるジェレミー・レナー、共演に同じく「アベンジャーズ」シリーズのスカーレット・ウィッチで知られるエリザベス・オルセン、『ベイビー・ドライバー』のジョン・バーンサルが名を連ねている。

『ウインド・リバー』のあらすじ

未解決事件が多発するアメリカ中西部に位置するワイオミング州。そこにはネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバーがあった。ある日少女の死体が発見される。第一発見者であり、少女の親友の父であるコリー・ランバートとFBIの新米捜査官ジェーン・バナーは捜査に乗り出すが、少女の死には不可解な点が多かった。そこで2人は少女の父に会いに行き、事件当日彼女が恋人に会っていたことを知るが、その後発見した新たな死体は少女の恋人だった。捜査を行う中で知るコリーの過去や不自然な言動の警備員たちとの対峙、そして明らかになる事件の真相とは。

『ウインド・リバー』のスタッフ・キャスト

『ウインド・リバー』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    雪に閉ざされたネイティブアメリカンの集落を舞台にした見応えある作品。ただ家族愛の点ではジェレミー・レナーよりはマット・デイモンの方が良かったかなとちらちら思うところはあった。

  • おにぎり
    おにぎり 5 2020年1月6日

    クライムものは死をエンターテインメントにするんじゃなくてしっかり社会的にメッセージを入れてくれると観ていた方にも救いがある。この映画は被害者や遺族、女性、ネイティブアメリカンにきちんと敬意が払われてて良かった。

  • Erika

    観ごたえあり! 真っ白な雪山で見つかった死体の謎を解き明かしていくサスペンス。静かな銀世界のどこかにヒントがあるんじゃないかと、つい目を凝らしてしまう演出で最後まで目が離せない。主人公のクールさがまたイイ。

『ウインド・リバー』に関連する作品