バグダッド・スキャンダル

バグダッド・スキャンダル

Backstabbing for Beginners
2018年製作 デンマーク・カナダ・アメリカ 106分 2018年11月3日上映
rating 0 -
0 0

『バグダッド・スキャンダル』とは

国連史上最大の汚職事件を題材にしたポリティカルサスペンスムービー。原作は、元国連職員であり作家のマイケル・スーサンによる自身の体験を基に書いた小説『Backstabbing for Beginners (原題)』。本作で取り上げる事件は、イラクに住む人々を救うはずの人道支援計画が個人の利益に繋がってしまったものである。 スウェーデンのアカデミー賞であるゴールデン・ビートル賞において監督賞など4部門で賞を獲得した映画『ストックホルムでワルツを』を手掛けたペール・フライ監督がメガホンを取る。出演は、テオ・ジェームズを主演に、ベン・キングズレーやベルシム・ビルギン、ジャクリーン・ビセットらが脇を固める。

『バグダッド・スキャンダル』のあらすじ

イラクはクウェート侵攻に対する経済制裁を受けていた。その影響からイラク国民は貧困に苦しみ、過酷な生活を送っていた。その問題を解決するため、人道支援計画として立案されたのがOFFP(石油・食料交換プログラム)である。この計画は、イラクの石油販売を国連の管理下で行い、その石油売買で得たお金を食料に変えてイラクの民間人に配給するというものだった。 2002年、国連事務次長特別補佐官に選ばれた青年マイケルはOFFPを担当することになる。しかし、人々を救うはずの人道支援計画は、当時のイラク大統領フセインや世界各国の大企業や官僚たちと深く関わり合うことから不正が横行し、やがて最悪の汚職事件へと発展していく。

『バグダッド・スキャンダル』のスタッフ・キャスト

『バグダッド・スキャンダル』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『バグダッド・スキャンダル』に関連する作品