激突!殺人拳

激突!殺人拳

1974年製作 日本 91分 1974年2月2日上映
rating 3 3
1 0

『激突!殺人拳』とは

空手、拳法の達人である男がカネのためなら殺人、誘拐等非合法な依頼も受けるプロフェッショナルとして活躍するアクションストーリー。「殺人拳」シリーズの第一作目となる作品。本作では石油王の娘を護衛する主人公が国際シンジケートを相手に活躍する。日本で公開されるや否や大ヒットとなり、ヤクザ映画が下火になりつつあった東映にとって助舟となった。海外でも公開され「Sonny Chiba」として千葉真一がアメリカで有名になるきっかけとなった作品。これによりアメリカでカラテ映画ブームが起こる。

『激突!殺人拳』のあらすじ

沖縄空手の使い手志堅原楯城は道場破りの末、7人の命を奪った。それにより死刑判決が下される。死刑執行が近づき、教戒師が志堅原の元を訪れる。実はこの教戒師こそ、空手、拳法の達人であり、カネのためなら殺人まで犯す冷酷なプロフェッショナル剣琢磨だった。剣は志堅原の弟と妹に頼まれて、彼の脱獄を図ったのだった。そして志堅原を香港に逃がし。弟たちにカネを要求するがカネは払われない。それに怒った剣は妹の奈智を牟田口興産から香港マフィアに売り飛ばす。牟田口は剣に「ベルネラ石油の令嬢、サライ・チュアット誘拐」という新たな仕事の依頼をする。しかし裏には香港マフィアの気配があった。

『激突!殺人拳』のスタッフ・キャスト

『激突!殺人拳』の感想・評価・ネタバレ

  • 坂J@愛知県体育館
    坂J@愛知県体育館 3 3月10日

    激突殺人権、直撃激突権、直撃地獄権大逆転

『激突!殺人拳』に関連する作品