殺人拳2

殺人拳2

1974年製作 日本 82分 1974年4月27日上映
rating 0 -
0 0

『殺人拳2』とは

大ヒット作『激突!殺人拳』に続くシリーズの第二作目。監督は前作に続き、小沢茂弘。脚本は、監督の小沢茂弘と東映・大映を中心に活躍した脚本家の高岩肇が手掛ける。撮影は『仁義なき戦い 頂上作戦』の吉田貞次。キャストには、前作に引き続き千葉真一。新しい相棒役を「ずべ公番長」シリーズの市地洋子が務め、「仁義なき戦い」シリーズの山城新伍、外国人で初めて日本映画監督協会新人賞を受賞したクロード・ガニオンと『暴力街』(1974年)の田中浩を迎える。

『殺人拳2』のあらすじ

ある日、空手家で殺し屋の剣琢磨(千葉真一)の元に、竜虎殿の太田黒(田中浩)から警察に囚われている経理係の劉元徳(小峰一男)と 逃亡中のリオ・グランドル(ハル・ゴールド)の殺しの依頼が来る。早速任務中につく琢磨だが、一度警察に捕まってしまう。しかし、刑事の山上七郎(島直樹)の隙をつき、劉の声帯を潰し脱出に成功するのであった。 この頃、琢磨にはピンボケ(市地洋子)と言う相棒ができ、いつも助けてもらっていた。またこの一件で、山上刑事は自分を責め辞職し、琢磨との決着を心に決めていた。そして、再び太田から殺しの依頼が来るのだが琢磨は断る。これをきっかけに、太田の裏に付いていた国際犯罪組織のボスであるドン・コステロ(クロード・ギャニオン)の差し金で、琢磨の前に次々と武術の達人たちが刺客として襲い掛かって来る.........。

『殺人拳2』のスタッフ・キャスト

『殺人拳2』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『殺人拳2』に関連する作品