ゾディアック
ゾディアック
ZODIAC
2007年製作 アメリカ 163分 2007年6月16日上映
rating 3.2 3.2
194 37

『ゾディアック』の感想・評価・ネタバレ

  • ◇○**
    ◇○** 3 2016年8月30日

    実話の連続殺人事件。自らをゾディアックと名乗る犯人は、未だ断定されないまま。やっぱり現実がなにより怖ろしく、不可解なものだ。

  • taichimachima
    taichimachima 3 2016年1月22日

    先月観たんですが記録忘れ。ということであまり思い出せない・・・(笑) 実際の事件を基にした映画で、ゾディアックと呼ばれる殺人鬼と、それを追う刑事、記者、そして新聞漫画家のお話なんですが、このゾディアックがまあ自己主張の強いヤツだった気がします(笑) もっと前に観たフィンチャー作品たちの方が強く印象に残っているので、他のフィンチャー作品よりは少々低めの★で・・・

  • syn490

    記録用

  • サムライ
    サムライ 3 2015年11月7日

    2015.11.07 DVD

  • HEROHALU

    記録用

  • Yoshitaka
    Yoshitaka 4 2015年9月27日

    実話に基づいて作られた無差別連続殺人犯を追う漫画家の話。 ゾディアックが主役ではなく、漫画家が主人公。ゾディアックは暗号化した犯行声明を新聞社に送りつけ、それに魅了された漫画家、ネタを掴みたい新聞記者、刑事が何年もかけて真相をつきとめようと頑張るが、、、 アイアンマンになる前のロバート・ダウニーJr.が見れます。笑 モヤモヤが残る映画でしたが、それも実話をもとづいた内容だから仕方ないか。メイキングとフィンチャーのインタビューを見たけど、作品に対する熱意とか完璧主義な所に惚れましたね。笑 実際に事件に関わった人に話を会いに行き、俳優達はそのキャラを真似して人物になりきる。犯行現場に行って当時を再現する為に木切ったり草植えたりしてから撮影する。 自分的にはメイキング映像までも楽しめる映画でしたw

  • 保津稔
    保津稔 3 2015年8月31日

    なげー!でも見応えあった。この事件の続報が気になって仕方ない。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2015年8月25日

    2度目の鑑賞ですが間違いなく初回よりも楽しめました。ゾディアックと名乗る男が殺人を起こしますが、なかなか犯人にたどり着けません。間違いなくあいつだろう、という犯人すらなかなかつかまらないのです。平坦で、猟奇的殺人も序盤のみ、さらに犯人もつかまらないとなれば初回鑑賞時の僕が「つまらない」と評するのも理解していただけるはず。劇中に出てくる『ダーティーハリー』は気になりました。『ダーティーハリー』を劇中に出し消化することで、『ダーティーハリー』的エンディングは望めないことを示していると思います。 高い思想を持っているわけでもないゾディアックは”逮捕の困難さ”において、つまりこの映画自体によって映画史に名を残す敵になったと思います。様々な人間が戦いに敗れ、最終的に「ゾディアックはみんなの心のなかにいるんだぞ☆」とやられてしまったらもうお手上げです。鑑賞後「ゾディアック 犯人」で検索をした人はこの映画の魅力にどっぷり浸かっていると言えます(僕も例に漏れず)。 どっしりと陰惨とした雰囲気は他のレビューにもあるように『カポーティ』のようです。

  • えいちゃん
    えいちゃん 2 2015年7月22日

    未解決事件だから最後の結末は仕方ないとしても長すぎる。二時間以内におさめることも可能だったのではと思う。

  • Yusuke Washizu
    Yusuke Washizu 3 2015年7月12日

    後半間延びした印象。

  • Yasuhiro Wada
    Yasuhiro Wada 3 2015年7月10日

    未解決事件であるがため、 どんなラストが待っているのかと思っていましたが、 あ、フィンチャー作品だったね、といった感じでした。笑 淡々とした冷徹さは彼の1番の武器でしょう。

  • 錦織孝文
    錦織孝文 2 2015年5月8日

    未解決事件だからね! 結局モヤモヤして終わるんだよなぁ~

  • なっさん
    なっさん 4 2015年3月13日

    実話だったのに驚き 殺人事件の話だったけど重すぎずテンポ良くて普通に面白かった なによりラファロがなにかしらもぐもぐしてて可愛かった

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 2 2015年2月17日

    監督:デヴィット・フィンチャー 2007年公開 まず、この物語が実際に起こった事件だということと、その犯人が未だ捕まっていないことに惹かれた。

  • なおと
    なおと 4 2015年2月13日

    実際に起こった事件

  • tmmyon

    おもしろくなかった訳で決してはない。 しかしいくら実話と言っても新鮮味がない。 映画ならではの凄みがほしかったかも、

  • 山猫

    2時間40分という長時間の作品だが、食い入るように観てしまった。 実際の事件と、その捜査の背景を忠実に再現している映画。 そのため、良くも悪くも飛んでいる所がなく、淡々と観ていられる。 パンチは足りないかも。

  • ねこ

    んー

  • 小野淳 農天気PICNIC
    小野淳 農天気PICNIC 4 2015年1月13日

    感情を秘めた。知的で恐ろしく、事実に基づいた冷徹さがある。でもデビット・フィンチャー自身がものすごく熱を込めている。こういう映画を日本映画でも見たい。