肖像

肖像

1948年製作 日本 73分 1948年8月3日上映
rating 3 3
1 0

『肖像』のスタッフ・キャスト

『肖像』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 4月24日

    とある家から一家を追い出したい不動産屋。嫌がらせのために自分の妾を娘と偽って2階に住まわす。 木下恵介監督、黒澤明脚本の本作。戦後日本の映画黄金期を支える二人の巨匠による、非常にコンパクトな映画だ。妾が2階に住むまでの展開にはスピード感があり、テンポは抜群。しかしその中で映画は雄弁に語り出すのだ。世に擦れて生きる目的を喪失した女が、老画家他一家の楽しそうに生きる様子に影響される。月夜に踊る一家の様子を2階から眺める女の目には寂しさと憧れが宿っていた。肖像とは自らの内面を映し出すものだ。生への強い渇望を持つ方こそより人間的で、本質に近いのである。

『肖像』に関連する作品