パプリカ

パプリカ

2006年製作 日本 90分 2006年11月25日上映
rating 3.8 3.8
424 75

『パプリカ』とは

他人の夢に介入できる画期的テクノロジー装置を悪用する組織と、夢探偵パプリカの戦いを描くアニメーション映画。文学界の巨匠と呼ばれる筒井康隆の長編SF小説を原作に、大友克洋のアシスタントでもあった『PERFECT BLUE』(97')の監督・今敏がメガホンを取った。国際的に評価も高いアニメ制作集団「マッドハウス」と組んだことでも話題となった。また、第63回ヴェネツィア国際映画祭・コンペティション部門の正式出品作品である。

『パプリカ』のあらすじ

千葉敦子(林原めぐみ)は精神医療研究所に勤務するサイコセラピストである。彼女は、時々所長・島寅太郎(堀勝之進)に開発されたばかりのサイコセラピー機器を使った極秘治療を依頼されていた。治療を行う際に、彼女は「パプリカ」という少女に変身し他人の夢に入り込み、心の奥にある秘密を探り出すのだ。同じ頃、敦子の同僚・時田浩作(古谷徹)が他人と夢を共有できる画期的なサイコセラピー機器「DCミニ」を開発した。しかし、「DCミニ」は使い方によって他人の人格を破壊する危険性もあった。そして、その不安は当たってしまい「DCミニ」の盗難を機に次々と犠牲者が出始める。そこで、犯人を捕まえるために敦子は夢探偵「パプリカ」になり動き出すのであった......。

『パプリカ』のスタッフ・キャスト

『パプリカ』の感想・評価・ネタバレ

  • 剣豪
    剣豪 3 7月13日

    頭のキレる人以外は、どこまでが夢とか場面ごとに白黒はっきりさせようとしないで、すべてひっくるめて物語の成り行きを追うほうが素直に楽しめる。 凡人の自分は途中でそう悟った。 時間をあけて再度観れば、評価が上がると感じる怪作。

  • Koichiro Uematsu
    Koichiro Uematsu 4 5月18日

    そうそうこれこれっていう夢表現にやっと出会えた。林原めぐみさん可愛すぎる

  • 森本航洋
    森本航洋 4 2017年1月22日

    本当もう、イかれてるって。

『パプリカ』に関連する作品