ラブレター 蒼恋歌

ラブレター 蒼恋歌

rating 0 -
1 0

『ラブレター 蒼恋歌』とは

主演はドラマ『ごくせん』の石垣佑磨、NHK連続テレビ小説『ファイト』のヒロイン役 本仮屋ユイカのフレッシュコンビ。映画『イツカ波ノ彼方二』など丹野雅仁監督によって若者特有の悩みや苦しみ、迷いを生き生きと描き出している。脚本はTHE BLUE HEARTSの楽曲『ラブレター』の世界観を基に松枝佳紀らが担当した。楽曲『ラブレター』は挿入歌として使われ、キャッチコピーは歌詞の一部でもある「ほかの誰にも言えない 本当の事」。

『ラブレター 蒼恋歌』のあらすじ

母親の足が不自由なことで福祉に携わる職業を志した由衣は東京の大学で勉強することを希望している。父親には東京行きを反対されているが、いとこを頼って下見へと上京する。そのついでに、大ファンのロックバンド、ザ・サリンジャーのライブ会場へと足を運ぶ。そこであるアクシデントがきっかけで良太と出会い、お互い惹かれるものを感じ再会を約束して別れる。良太は実家の稼業を嫌って中途半端な生活を父から批判され続けていた。所属するバンドも練習に身が入らず何をやってもうまくいかないことに焦りと苛立ちを抱えていた。

『ラブレター 蒼恋歌』のスタッフ・キャスト

『ラブレター 蒼恋歌』の感想・評価・ネタバレ

『ラブレター 蒼恋歌』に関連する作品