NIN×NIN 忍者ハットリくん

NIN×NIN 忍者ハットリくん

rating 2 2
18 1

『NIN×NIN 忍者ハットリくん』とは

藤子不二雄Aのマンガ『忍者ハットリくん』が原作。脚本は俳優でもあるマギーが担当。登場人物は原作そのままに、設定などをアレンジしたオリジナルストーリーとなっている。監督は『ロングバケーション』『ショムニ』『古畑任三郎』などフジテレビの大ヒットドラマを多数演出した鈴木雅之。主演の香取慎吾がハットリくんを演じ、アニメ版主題歌のカバーバージョンを歌う。当時の最先端VFX技術を使い、迫力あるアクション忍者ムービーとなっている。また知念侑李演じるケンイチとハットリくんの友情物語も見どころ。草彅剛、大杉漣、西村雅彦など豪華メンバーの登場シーンも見逃せない。

『NIN×NIN 忍者ハットリくん』のあらすじ

忍者修行最後の関門として、あるじを探すべく現代の東京へとやって来たハットリくんは、師匠でもある父、服部ジンゾウから「あるじ以外の者に姿を見られたら破門」という掟を受けていた。ハットリくんはケンイチという少年をあるじに選ぶ。頼りないところのあるケンイチを、父からの掟を守りつつサポートしていくハットリくん。ある日ハットリくんの永遠のライバル、ケムマキがケンイチの先生として現れる。忍者ではなく先生として生きていきたい、とハットリくんが挑んだ戦いを拒むケムマキだったが、東京に潜んでいた他の忍者も次々廃業して、普通の生活を送っていることを語るのだった。

『NIN×NIN 忍者ハットリくん』のスタッフ・キャスト

『NIN×NIN 忍者ハットリくん』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 1 2016年10月5日

    シアターでこの映画の最初のレビューをかけることを誇りに思ったりは特にしないけど、そんなに観てる人少ないかな。 なんか週末の映画の番組でやってて、録画して、観たんだけど、まぁ確かにつまらないし、実写化しようとした意味もよくわからない。 でも一つだけすごく大きな思い出をこの映画は残してくれて、ゴリが仕掛けた落とし穴に香取慎吾が落ちるシーンがあって、その時の香取慎吾の「フォゥッ!!」っていう叫び声に当時ツボって、もう笑い転げたものよ。落ちる時に「フォゥッ!!」ってなんだよ、、、。 それがあまりにもツボって、我が家ではオレオレ詐欺の対策というか本人確認のために合言葉を決めることになってそれがこの「フォゥッ!!」になった。まぁ、結局使うことはなかったけどね。 今でも「フォゥッ!!」のことはよく覚えてる。「フォゥッ!!」のためだけにもう一回悩むほどだ。

『NIN×NIN 忍者ハットリくん』に関連する作品