プラトニック・セックス

プラトニック・セックス

2001年製作 日本 105分 2001年10月20日上映
rating 2.6 2.6
52 6

『プラトニック・セックス』とは

孤独な環境に置かれた10代の少女の心の揺れ動きを、過激な表現と共にリアルに描いた青春ドラマ。出版が発表されるとその過激な内容から大きな話題となったタレント・飯島愛の自叙伝を映画化したもので、監督は『人でなしの恋』の松浦雅子が務めた。 主演はオーディションによって1万人以上の中から加賀美早紀が選ばれ、鮮烈な映画デビューとなった。恋人役は『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』などにも主演するオダギリジョーが務め、共演には野波麻帆、石丸謙二郎、阿部寛らが名を連ねる。 本作にて第25回日本アカデミー賞新人賞を加賀美早紀が受賞した。

『プラトニック・セックス』のあらすじ

17歳の誕生日、あおいは学校の屋上から自殺を図ろうとしていた。友人からレイプされ、妊娠・堕胎、そして家族からも見放される存在となっていたためだった。 だがそこに1通のメールが届く。差出人はトシという名前でどうやら間違いメールらしかった。そのメールがその瞬間届いたことで、あおいは自殺を思いとどまる。 その後行く当てのないあおいは、源氏名・愛としてキャバクラで働き始め、そこでナンバー2にまで昇り詰めるのだが、心の隙間を埋めるため派手に遊び回った結果、多額の借金を抱えるようになってしまった。そしてとうとう借金返済のためAVに出演することとなる。 日々仕事をこなしていく中でますます孤独を感じていくあおいだったが、そんな彼女の唯一の心のよりどころが、あの時以来メールを交換するようになったトシとのメールだった。 ある時、そのトシと運命的な出会いを果たしたあおいは、彼との同棲生活を始める。彼に自分の境遇を話すと、トシにもいじめが原因で自殺した妹がいたらしく、あおいの存在は彼にとっても癒しになっているようだった。 だがある時、あおいのAV出演がトシにばれ、そこから2人には心に距離が出来ていく。離れて暮らすことが多くなった2人だったが、距離を置いたことでその存在がかけがえのないものであったことに気づいた2人は関係をやり直そうと決意するのだが……。

『プラトニック・セックス』のスタッフ・キャスト

『プラトニック・セックス』の感想・評価・ネタバレ

  • maki masuda
    maki masuda 2 2017年5月12日

    オダギリジョーが かっこいいだけの映画

  • aia__N

    飯島愛の自伝を映画化。当時話題になりました。学生の時に映画館で観たのが懐かしい。。

  • Ryoco

    自業自得でしょ…と思ってしまう。共感出来ない…

『プラトニック・セックス』に関連する作品