アンブレイカブル

アンブレイカブル

Unbreakable
2000年製作 アメリカ 107分 2001年2月10日上映
rating 3.4 3.4
135 17

『アンブレイカブル』とは

『シックス・センス』の大ヒットで、批評家にも大いに評価を受けたM・ナイト・シャマラン監督が、再びブルース・ウィリスとコンビを組んだサスペンス・スリラー。列車の衝突事故から始まるスリリングな展開と、謎の男が登場するミステリアスな展開が融合し、独特の味わいを見せてくれる。込み入った展開が好きな映画ファンにはうれしい構成だ。シャマラン監督の最新作『スプリット』で同作のキャラクターが再び登場したことから、続編の可能性も噂されている。

『アンブレイカブル』のあらすじ

警備員として働くデヴィッドは、乗り合わせた列車が脱線しすべての乗客が亡くなるなかで、唯一の生存者となった。その翌日、「あなたは今までに病気にかかったことがあるか?」という謎の手紙を受け取った彼は、差出人であるジョゼフという男のもとへと向かう。些細なことで骨折する難病のジョゼフは、デヴィッドが自分と対極にいる超人的な身体の持ち主だと確信していた。最初は疑っていたものの、しだいに自らの能力に気づいていくデヴィッド。やがて彼には、危険人物を察知する能力があることが判明する。そんな中、デヴィッドは列車事故を起こしたのが、ジョゼフだと気づく。

『アンブレイカブル』のスタッフ・キャスト

『アンブレイカブル』の感想・評価・ネタバレ

  • naho
    naho 3 2月11日

    ミスターガラスの公開を知って初めて 前作があることを知って ミスターガラスを観る前に観たい! と思っていたら アンブレイカブル、スプリットと 2作続けてWOWOWがやってくれたので ありがとう!です。 スプリットの方が映画としては好きだけど アンブレイカブルもラストの あ〜やっぱり...の感じが良かった。 あと息子とのシーンも。 人間の心って本当に複雑。 愛されて育ったイライジャでも 自分の境遇に意味を見出せずに苦しみ 愛を感じずに育ったケビンは心を守るために 人格を沢山作り出して 自我を保っていられない。 人ってどこまでいっちゃうんだろう。

  • とし

    ブルースウィリスはアクション物の方がいいなっていつも思う。普通に演じると物足りなさを感じるしこれといって特色もなくなる。ヒーローと相対する悪はどっちが欠けても成立しないと言う事だろう。不思議な能力があってもモヤっとする展開だしちょっとグダグタしてて飽きる場面もある。

  • syn490

    Mナイトシャマランを初めて認識しました。独特な人ですよね 嫌いじゃないです。

『アンブレイカブル』に関連する作品