スクリーム3

スクリーム3

Scream 3
2000年製作 アメリカ 117分 2000年4月1日上映
rating 3.1 3.1
63 2

『スクリーム3』とは

ハロウィン・マスクの連続殺人鬼の恐怖を描いた大人気スラッシャー・ホラーのシリーズ第三作。作を重ねるごとに「明かされなかった過去の出来事」「登場人物の意外な背景」などが次々と語られ、謎が謎を呼ぶ展開となりもはや本格ミステリーの趣もある本作だが、第一作から綿々と続く「ホラー映画の定番を逆手に取った」展開は今回も冴えに冴えている。監督は御大ウェス・クレイヴンが続投し、創造主のケヴィン・ウィリアムソンは今回製作に回り、脚本を『隣人は静かに笑う』のアーレン・クルーガーに一任している。出演は、ネーヴ・キャンベル、コートニー・コックス、デイヴィッド・アークェットらオリジナルメンバーに加え、パトリック・デンプシー、ランス・ヘンリクセンらが脇を固め、クレイヴンの恩人ロジャー・コーマン監督やケヴィン・スミス、キャリー・フィッシャーら有名人たちがゲスト出演で顔を見せている。

『スクリーム3』のあらすじ

コットン・ウィアリーは、かつてのウッズボロー連続殺人事件の容疑者として収監されていたが無実が証明され釈放。その後タレントとして人気を博していた彼の携帯電話に、一本の不気味な電話が掛かってくる。電話の向こうから、殺人事件の生き残りシドニーの居場所を教えろ、という脅しを受けたコットンは、自宅へ急行するも恋人もろとも何者かに惨殺されてしまう。一方、狙われているとも知らぬシドニーは、二度の連続殺人事件で立ち直れない程の精神的ダメージを負い、森の中の一軒家でひとり静かに暮らしていた。殺人の連鎖はまたもや留まるところを知らず、ウッズボロー連続殺人事件の映画化作品第三弾『スタブ3』に出演の女優までもが無残にも殺される事態に。現場には、かつて何者かに殺されたシドニーの母親の写真が置かれていた……。

『スクリーム3』のスタッフ・キャスト

『スクリーム3』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 3 2017年3月5日

    超有名サスペンスとの3作目。 本作も相変わらず主人公のシドニーが狙われます。スクリームで描かれた殺人事件を基にして作られた映画、スタブの3作目の製作途中にまた新たな殺人事件が起きる。キャラクターを演じる役者とその本人達が次々と殺されていく。 スクリームシリーズは何と言ってもメタ発言満載のシナリオ。スタブ3とスクリームの3作目を重ね合わせて、「最終章では何が起こるかわからない。主人公も死ぬ可能性がある」発言。そう、映画内でわざわざこれが最終章なんだからシドニーが死なないなんて思うなよと視聴者に訴えているのだ。 個人的にはスクリームシリーズの犯人は万能な人間ではないのが好感を持てる。用意周到なのは当たり前だが、殺そうとしても結構失敗する。普通に蹴りを喰らって怯んだりする。だからこそ仲間が殺されるシーンの儚さがハンパない。襲われてなんとか巻き返して結局殺されるのは、視聴者に希望を持たせて一気に崩す鬼の所業なのだ。どっちが勝つかわからないからこそのスリリングさもある。 しかし、こう何度も殺されかけるシドニー・プレスコットは可哀想。前作までの教訓で家なんて施錠されまくりなのに、、、。

  • けんしろー
    けんしろー 2 2016年6月12日

    ど頭で電話の声が女性から始まり待ってました!と思い主要キャラが殺される。 映画製作にあたり、本人と演者を目の当たりにして命を狙われる所や遺品という形での今後の展開を読むビデオメッセージは良かったのだが段々方向が変わってきました。中盤から後半にかけての勢いが感じられなかったと思います。ちょっと残念。

  • HEROHALU
    HEROHALU 3 2015年11月4日

    記録用

『スクリーム3』に関連する作品