スリー・キングス

スリー・キングス

Three Kings
1999年製作 アメリカ 115分 2000年4月8日上映
rating 3.4 3.4
56 4

『スリー・キングス』とは

湾岸戦争終結直後、イラクが隠した金塊の強奪を画策する3人の兵士の姿を描いたアクション映画である。監督・脚本は『アメリカの災難』のデヴィッド・オー・ラッセル。出演は『アウト・オブ・サイト』のジョージ・クルーニー、『NYPD15分署』のマーク・ウォールバーグ、『アナコン』のアイス・キューブほか。湾岸戦争終結のお祝いムードをよそに、イラクに眠る金塊強奪計画を立てる兵士をコメディタッチで描いた。派手なアクションと戦争を皮肉ったシーンが見所であるが、それと同時に戦争の愚かさや身勝手さも表現した意欲作である。

『スリー・キングス』のあらすじ

1991年3月、ついに湾岸戦争が終結し停戦が発表された直後のイラク砂漠地帯にある米軍ベースキャンプ。補充兵のトロイ上級曹長とコンラッド上等兵は、降伏して捕虜となっていたイラク軍兵士が隠し持っていた地図を発見。特殊部隊のゲイツ少佐が言うには、この地図にはイラクがクウェートから奪った金塊の隠し場所が示されているというのだ。トロイとコンラッドは生真面目な二等軍曹チーフを仲間に加え、一攫千金を夢見て金塊の強奪計画を練り上げるのだった。しかし金塊の隠し場所の村では、反フセイン派の村民がイラク軍に迫害されていた。

『スリー・キングス』のスタッフ・キャスト

『スリー・キングス』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2017年9月24日

    イラクに残ったアメリカ兵たちがフセインの残した金塊を探しに単独行動へ。さっさと獲得しすぐに帰る予定だったのだが…。 非常に軽いノリで映画は始まります。シリアスに流れがちなイメージですが、アメリカンなノリで「よっしゃ金塊探しに行こうぜ!」となる。そうすると痛い目に遭う。彼らはイラクとアメリカ、という二次元でしか戦争を捉えていなかったのでしょう。実際に金塊を探しに行くと住人と軍人とが共に住む街。自分と同じような境遇の市民に会い、主人公たちは戦争の多元性を知ることになるのです。映画そのものが戦争への皮肉になっているということでしょうか。ちょっとお金儲けをしようと始めた戦争で拗れてしまうとは現実でも同じなの……?始めはコメディとして始まったのに徐々にシリアスになっていく演出は独特で面白い。異色な戦争映画でした。 デビッド・O・ラッセル初期の作品。このあと低迷しますが、近年持ち直していますね。

  •  みーぱぱ
    みーぱぱ 3 2016年12月30日

    2016年 113本目

  • syn490

    戦争映画トップ5には入る。3人のバランスがいい。

『スリー・キングス』に関連する作品