ガメラ3 邪神覚醒

ガメラ3 邪神覚醒

なし
1999年製作 日本 108分 1999年3月6日上映
rating 3.8 3.8
30 2

『ガメラ3 邪神覚醒』とは

平成シリーズ第3作、前2作を受けての完結編。監督、脚本、撮影、特技監督などの主要スタッフは平成シリーズ第1作から引き続いているが、今回、脚本には金子監督自身も携わり、伊藤和典とともに執筆。 1995年の『ガメラ 大怪獣空中決戦』の中山忍が、同じ鳥類学者の長峰真弓として主演を務め、もう一人の主人公として『新生トイレの花子さん』の前田愛が中学生の少女を演じている。 今作は、正義のためとはいえガメラが街を破壊することに対する人々の疑問が描かれており、前田愛演じる比良坂綾奈も4年前のガメラとギャオスの闘いによって両親を失っている。

『ガメラ3 邪神覚醒』のあらすじ

ガメラとレギオンの闘いから3年が経った1999年。ギャオスを発見してその研究の第一人者となった鳥類学者の長峰真弓はとある村に訪れていた。彼女は、かつて人類を恐怖に陥れたギャオスに遭遇して以来、生態研究を進めていたのだ。日本政府はこれまで日本を襲った巨大生物の災害を受け、「巨大生物被害対策委員会」を設置し、彼女も召集されていた。 一方、東京を舞台としたガメラとギャオスの闘いにより最愛の両親を失った中学生・比良坂綾奈は、弟と共に奈良県南明日香村の親戚の家に引き取られていた。彼女のガメラに対する激しい憎悪は膨らむ一方で、彼女はある行動を起こす......。

『ガメラ3 邪神覚醒』のスタッフ・キャスト

『ガメラ3 邪神覚醒』の感想・評価・ネタバレ

  • Koji  Mitani
    Koji Mitani 4 2016年3月4日

    なんだかんだで日本特撮の完成形。

  • ごとー
    ごとー 1 2016年1月13日

    2016/01/13

  • 保津稔
    保津稔 3 2015年8月26日

    特撮をちょっとバカにしてました。ごめんなさい。すごく面白かったです。

『ガメラ3 邪神覚醒』に関連する作品