トゥルーマン・ショー

トゥルーマン・ショー

The Truman Show
1998年製作 アメリカ 103分 1998年11月14日上映
rating 3.8 3.8
478 65

『トゥルーマン・ショー』とは

平和な日々を送る平凡な男の毎日は、実は24時間365日、彼の人生をテレビ中継しているテレビ局により創られた超人気番組=虚構の世界だったという異色の物語。ジム・キャリー主演で描く悲喜劇こもごもの傑作コメディ・ドラマ。1998年アカデミー助演男優賞、監督賞、脚本賞にノミネートされている。監督はオーストラリア出身、『刑事ジョン・ブック/目撃者』『いまを生きる』の鬼才ピーター・ウィアー。出演はジム・キャリーのほか、アカデミー助演男優賞候補となったエド・ハリス、ローラ・リニー、ナターシャ・マケルホーン、ノア・エメリッヒほか。

『トゥルーマン・ショー』のあらすじ

四方を海で囲まれた、至って平和な離れ小島にある小さな町シーヘブンに住む保険勧誘員、トゥルーマン・バーバンク。アメリカのどこにでもいる平凡な市民である彼は、愛する妻メリルや、友人のマーロンらに囲まれ、幸せな毎日を送っていた。水恐怖症のため島を出ることも出来ない彼のささやかな秘密と言えば、若い頃出会った美しい女性ローレンに再会するため、いつの日かフィジー島へと旅立ちたい、といったものであった。ある晴れた日、トゥルーマンの頭上から突然何かの部品のようなものが落下する。空を見上げ、不思議に思ったトゥルーマンだったが、それからというもの彼が少しでも普段と違う行動を取ると周囲がざわめき出すことに気づく。どこか不自然な日常に疑いを持ったトゥルーマンは妻メリルに思いのたけをぶつけるも、メリルは家出してしまう。決意を固めたトゥルーマンは、海に出て事の真相を確かめようとするが、彼の眼前に突き付けられたのは衝撃の事実だった……。

『トゥルーマン・ショー』のスタッフ・キャスト

『トゥルーマン・ショー』の感想・評価・ネタバレ

  • Hiroki  Yoshitsugu
    Hiroki Yoshitsugu 4 9月17日

    よく、神様が遊ぶためのゲームの世界の中にいるんじゃないかとか思うことがあったが、そんな妄想の世界が実現されている世界観。 途中から展開は読めたが、とても面白かった。

  • yukakurobe
    yukakurobe 3 2017年7月10日

    『トゥルーマン・ショー』鑑賞。怖い。主人公は生まれたときからテレビコンテンツとして流され、本人だけがその事実を知らない。親、妻、友だち、すべてがフィクションの世界からの脱出に対する観客の反応にすごい違和感を感じた。ハッピーエンドなのにすっきりしない映画。

  • Eiko Uchida
    Eiko Uchida 4 2017年7月9日

    後味すっきり幸せになれる 見張られてるよっていう社会をうつしてるのが、わかるともっと面白いと思う。 パノプティコンと、それを大衆に消費させてる

『トゥルーマン・ショー』に関連する作品