ランナウェイズ

ランナウェイズ

The Runaways
2010年製作 アメリカ 107分 2011年3月12日上映
rating 3 3
64 7

『ランナウェイズ』とは

1970年代に『チェリー・ボム』が大ヒットした、ガールズ・ロック・バンドの草分け的存在「ザ・ランナウェイズ」の歩みを追った伝記映画。監督・脚本はフローリア・シジスモンディ。原作はザ・ランナウェイズのリード・ボーカリストだったシェリー・カーリーが書いた自叙伝『ネオン・エンジェル』。この映画では、シェリーをダコタ・ファニングが演じている。出演はほかにクリステン・スチュワート、マイケル・シャノン、ステラ・メイヴ、スカウト・テイラー=コンプトンなど。

『ランナウェイズ』のあらすじ

時代は1975年。ロサンゼルスに住んでいる女の子ジョーン・ジェットは、ロックスターになることを夢見ていた。しかし当時はロックは男のもの、女性がロックバンドを結成するのは考えられないことだった。ある日、ジョーンは有名なロック音楽のプロデューサーであるキム・フォーリーと出会うことで夢に向かって歩き出す。ジョーンはティーンの少女だけでロックバンドを作ろうと、メンバー集めを始める。ドラムやリードギターは見つかるが、肝心のボーカルがまだ決まらない。そんな時、ジョーンはクラブでシェリー・カーリーという少女と出会う。

『ランナウェイズ』のスタッフ・キャスト

『ランナウェイズ』の感想・評価・ネタバレ

『ランナウェイズ』に関連する作品