グランドコントロール 乱気流

グランドコントロール 乱気流

Ground Control
1998年製作 アメリカ 97分 1998年7月18日上映
rating 1 1
1 0

『グランドコントロール 乱気流』とは

護送中の凶悪犯罪者にハイジャックされたジャンボジェット旅客機を舞台とした、航空パニックサスペンス。 この最悪の非常事態を脱すべく奮闘するスチュワーデス役として、『ジム・キャリーはMr.ダマー』のローレン・ホリーが熱演を見せる。主人公を助ける殺人容疑者のライアンには『グッドフェローズ』のレイ・リオッタ。監督は、手に汗握る追跡劇『ジャグラー/ニューヨーク25時』のロバート・バトラー。見どころのひとつである、特殊視覚効果は『アウトブレイク』のマーク・ヴァーゴが担当している。

『グランドコントロール 乱気流』のあらすじ

クリスマス・イヴのニューヨーク。ロサンゼルスに向けて旅客機が離陸する。機内にはわずかな乗客、その中には護送中の凶悪犯罪者もいた。そのうちの一人、スタッブスが保安官の隙をついて銃を奪い、フライトアテンダントのテリーを人質に取って釈放を要求する。さらにもう一人の犯罪者、ライアンがテリーの救出を試み、銃撃戦に発展。結果、機長と副機長、そしてスタッブス自身が命を落とすこととなった。 旅客機は自動操縦で飛行を続けるが、前方から嵐が接近し、間もなく機は暴風圏に突入するとの情報。飛行機の操縦には全く素人であるテリーは、凶悪犯罪者の顔を現したライアンと闘いながら、この窮地を脱するべく、旅客機の自動操縦装置の復活を試みる。

『グランドコントロール 乱気流』のスタッフ・キャスト

『グランドコントロール 乱気流』の感想・評価・ネタバレ

  • 甲陸風
    甲陸風 1 2015年2月24日

    主演のキーファー・サザーランドの役名はお馴染みのジャックですが、24シリーズより前に作られた低予算映画です。 旅客機はレーダー上の点としてだけスクリーン上に登場するのですが練り込まれたシナリオと演技陣の好演で非常にサスペンスフル。 人物の描き分けもしっかり出来ていますし見なきゃ損な映画です。

『グランドコントロール 乱気流』に関連する作品