ゴジラvsモスラ

ゴジラvsモスラ

1992年製作 日本 102分 1992年12月12日上映
rating 3.3 3.3
43 1

『ゴジラvsモスラ』とは

シリーズ第19作目。ゴジラとモスラ、そして新怪獣バトラの戦いを描く。監督は『超少女REIKO』の大河原孝夫、脚本は『継承盃』で監督を務めた大森一樹が担当している。出演は別所哲也・小林聡美・村田雄浩など。キャッチコピーは「極彩色の大決戦」。観客動員数は平成ゴジラシリーズとしては最多の420万人を記録した。また、東宝特撮作品初のハイビジョン合成が採用されている。本作では主に環境破壊と家族愛がテーマになっており、ファミリー向けにファンタジー要素や人間ドラマも取り入れられている。

『ゴジラvsモスラ』のあらすじ

太平洋小笠原沖に巨大隕石が落下し、海底で眠りについていたゴジラが目覚めた。その影響でインドネシア諸島のインファント島では嵐が発生、その影響で地中より謎の巨大物体が出現する。国家環境計画局から依頼を受けインファント島に向かったトレジャーハンターの藤戸拓也たちが見たものは、モスラの卵だった。彼らはそこで身長15センチほどのコスモスに出会う。彼らは地球の先住民族であり、その守護神モスラと怪獣バトラとの戦いが近付いていることを告げる。拓也たちはモスラの卵を日本に運ぼうと計画するが、途中でゴジラに襲われてしまう。しかしその時、卵からモスラが誕生した。やがて、そこにバトラも現れ三つ巴の戦いが幕を開ける。

『ゴジラvsモスラ』の感想・評価・ネタバレ

  • もち

    小人がかわいい

  • ベルコモ
    ベルコモ 5 2016年8月28日

    ゴジラで一番好き。小四の時に映画館で見て、映画ってすげえな!と凄まじい感動があった。モスラとコスモスのグッズが欲しかったのだが小遣いでは買えず。思い出の感動が強いから良し☆

  • さくら
    さくら 3 2015年1月13日

    #eiga #movie よくわからないままゴジラとイモムシみたいなものが出てきて戦うから驚いて固まってしまったけど、だんだんと背景がわかってくるにつれてモスラを応援しながら観ている自分に気づいた。そしてゴジラVSモスラなのに、バトラがとても活躍するから、最後切なくなる。爆発や街を壊すシーンはレトロで面白い。そして環境破壊について考えさせられた。誰も悪者じゃないし、誰もが悪いから難しいね。

『ゴジラvsモスラ』に関連する作品