鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

rating 3.4 3.4
41 0

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』とは

人気SFファンタジー漫画『鋼の錬金術師』の劇場アニメ化作品。原作にはない、映画オリジナルストーリーとなっている。2011年劇場公開。主人公のエドと弟のアルが、テーブルシティで巻き込まれた出来事を描く。 監督には、『翠星のガルガンティア』では監督、『コードギアス 反逆のルルーシュ』では副監督を務めた村田和也。アニメーション制作には、『エウレカセブンAO』や『カウボーイビバップ 天国の扉』のBONES。 それぞれの声優を、エドワード・エルリック役に朴璐美、アルフォンス・エルリック役に釘宮理恵、メルビン・ボイジャー役に森川智之、ジュリア・クライトン役に坂本真綾が務める。

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』のあらすじ

国家錬金術師のエドワード・エルリックは、弟のアルフォンス・エルリックと共に、錬金術として、やってはいけない禁忌と呼ばれる人体練成をしてしまった代償に、失った体を取り戻す為に、各地を旅している。 ある時、アメストリスの首都・セントラルスティの中央刑務所にいる、メルビン・ボイジャーという囚人が、刑期間近なのにも関わらず、脱獄した。エドとアルの2人は、メルビンの使う見たこともない錬金術に興味を持ち、国境のテーブルシティという街へと追いかけることにする。 テーブルシティにたどり着くと、エドとアルは、ジュリア・クライトンという人物に出会った。2人は、彼女が語る壮絶な街の歴史に驚愕する事になる……。

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』のスタッフ・キャスト

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』の感想・評価・ネタバレ

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』に関連する作品