©️WENN.com

オドレイ・トトゥ出演おすすめ映画8選

2017年11月29日更新

映画『アメリ』で主演を演じ、一躍有名になったオドレイ・トトゥ。かわいいだけでなく、演技派でもあるオドレイ・トトゥは『アメリ』以外にも多くの良作に出演しています。そんな彼女の魅力に迫る映画をご紹介したいと思います。

オドレイ・トトゥのプロフィール

オドレイ トトゥ

1976年8月9日生まれのフランス人女優のオドレイ・トトゥ。父は、歯医者で、母は教師という家庭で育ちます。オドレイは、幼少期から演技に興味がある子供でした。パリ・カトリック学院で学んでいますが、カトリック教徒ではないと公言しています。

17歳の時にモデルをはじめて、雑誌ヴォーグ、エル、ハーパス・バザール、マリークレールなどでモデルとして採用されます。2009年にはシャネルNO.5の広告塔になり、ほかにも、ロレアルや、モンブランなど数々の会社のキャンペーン広告にモデルとして起用されています。

オドレイ・トトゥを一躍有名にした映画【2001年】

アメリ オドレイ・トトゥ

theskinheads サブカルチャーな喫茶店とかでよくこのポスター見るよね。あまりにも有名な作品だけど、すごいお金かけてる感じじゃなくてフランスの日常をほんのりコメディにして、ほんのりストーリー性をつけた感じ。フランス人にストーリー性がないってわけじゃないけど。 ところどころ笑ったけど、独特のパワーを持ってるから引き込まれた。でもそれは面白いとは繋がらなかったね。なんというか、ああフランスはこんな感じなんだって片鱗を垣間見た気分に浸れただけだった
Saint_Andre 最高!今まで見た映画の中で2番目くらいに好きな映画。登場人物の好きなもの、ことを紹介していく出だしが最高。それぞれの役に個性豊かなキャラがある。アメリが惚れる男の変わった趣味もすごい絶妙でワクワク心を刺激する! こんなイマジネーションあふれる映像やファッションに凝った映画を常に探しています!

『デリカテッセン』『ロスト・チルドレン』『エイリアン4』でしられるフランスの映画監督ジャン=ピエール・ジュネが撮ったブラック・ユーモア全開の『アメリ』は、フランスのパリ・モンマルトルを舞台の映画です。

オドレイ・トトゥ演じるアメリ・プーランは、他人とのコミュニケーションの取り方がどことなくぎこちない女の子です。そんな彼女が22歳になったのをきっかけに、実家をでて、一人暮らしをし、カフェで働き始めます。彼女のひそかな楽しみは、クレーム・ブリュレの表面を割ったときや、運河で石を投げる時に空想すること。

そんな彼女に気になる男性が現れました。ニノという名の彼は、他人の証明写真をコレクションするのが趣味。ある日アメリは、ニノが忘れたコレクションアルバムを手にとり、彼にどうやって近づくか考えはじめるのです。

アメリとは全然違う!オドレイ・トトゥの最高傑作!?【2002年】

オドレイ・トトゥ『愛してる、愛してない…』

igagurichan 怖いと噂では聞いていたのだけど、レンタル屋の「ラブストーリー」の棚にあるから借りそびれていた作品。 私は夜中に1人で、グロ以外の怖い映画を観るのは平気な方なのですが、この映画は非常に怖かった・・・。 見終わった後に、背筋がゾワゾワして寝つけませんでした。 オドレイ・トトゥのまんまるで大きな瞳に宿る狂気。凄い女優だと改めて感じました。 ポップで可愛いオープニングシーン。キャッチーな音楽とのギャップ!! 現実にこういう人っているよね・・・と考えさせられる所がまた怖かった。
utakatafish やっと観れた! 久しぶりにゾッとした映画

オドレイ・トトゥ、めっっっちゃハマってたな〜!あの何考えてるかわかんないニッコリ顔、最高に不気味!! 先生に幸あれ!

『アメリ』のオドレイ・トトゥを期待して観に行くと痛い目にあいますが、恋愛ミステリーとしては傑作といえるであろう一作です。

戦乱の世の中で愛する婚約者の生存を信じた一途なヒロインをオドレイが演じた作品【2004年】

ロングエンゲージメント

whentheycry 「戦火に生きた真実の愛。圧倒的なスケールと映像美に貫かれた、究極のラブ・ストーリー -ウォールストリートジャーナル」

もう本当にこの通りだと思いました。 最初っから最後までマチルド(オドレイ・トトゥ)の気持ちで見るので辛い。だからこそ彼女がどれだけ強いのがわかる。ほとんど辛い話しでほんの一筋の希望にすがるとはこのことだと思った。そしてマチルドを取り巻く人たちが温かいのが見てるこちら側としても救い。映画としても辛いシーンを挟みまくってストーリーも辛いのにヒョコっと温もりのあるシーンを入れてくる。

オドレイ・トトゥとギャスパー・ウリエルは個人的にかもしれないけどこういうせつないラブストーリーをやらせるとグイグイ映画の中に引っ張られてしまうから気付くと涙が止まらないことが多い気がします。

キャスト、監督、ストーリー、映像美が素晴らしいです。

Hanae_Sakuma 信じる事の大変さ、それを感じた。 もし自分が、ストーリーの立場になってしまう事があってしまったら 本当に自分は、信じれるだろうか? そんな状況にならないで欲しいと願うばかりだ。 ラストは、Happy Endの様で、 せ・つ・な・〜・い! って思わず言ってしまう。 作品としては、大好きな作品になった。 分かるかな〜、そんな感じ。

セバスチアン・ジャプリゾの小説『長い日曜日』をベースにした映画で、第一次世界大戦の戦場で戦死したと思われる婚約者を必死に探す女性の物語です。

オドレイ演じるマチルドの目を通して1920年代の戦火のパリが描かれています。

ベストセラー作品の映画化でヒロインを演じるオドレイ。ルーブル美術館での記念すべき初撮影許可作品【2006年】

igagurichan ロン・ハワード監督作品。 ベストセラー小説の映画化。 本国では悪評だったみたいだけど、私はこの作品好きです。宗教観の違いからかな? 2時間半の映画に、かなり詰め込み過ぎで駆け足になっている感じは否めませんが キリスト教の陰謀説、秘密結社など好きなキーワードが盛りだくさんなので、ミステリーとして観たら楽しめました。
Jun_Kibuse 秘密結社&都市伝説好きな人は要チェックな作品。信じるか信じないかは、あなた次第的な内容。

同名ミステリー小説「ダ・ヴィンチ・コード」を映画化した2006年の映画。ルーブル美術館の館長が殺害されたことをきっかけに館長の孫娘であるソフィー(オドレイ・トトゥ)と、宗教象徴学の専門家であるハーバード大学の教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が、不可解な暗号の謎を解いていく物語です。

ショートヘアが印象的。オドレイが演じる画家を夢見る清掃員がヒロインの恋愛映画【2007年】

幸せになるための恋のレシピ

00koarikui3 ★★★ 日本未公開。フランスでヒットした小説『恋するよりも素敵なこと パリ七区のお伽話』が原作。原作を先に読んでいて、長編小説なので多々端折られていて伝わっていない箇所もありますが、オドレイが相変わらず可愛らしいのです。
333io こんなシェフたちに囲まれたい♪(´ε` )

アルバイトをしながら画家をめざすカミーユ(オドレイ・トトゥ)が、ある日、シャイなポストカード売りのフィリベールと知り合います。彼は実は貴族出身。とあることがきっかけで屋根裏部屋からでることになったカミーユは、フィリベールと同居人でコックのフランクそして、フランクの祖母のポレットの四人でフィリベールがもつ高級アパートで共同生活を始めることになるのですが・・・。

オドレイが実在の人物のサクセス・ストーリーを演じた作品【2009年】

coco_before_chanel19

naoco_mode オドレイ トトゥが素敵すぎた。今ではすっかり成功者なココも、すごく苦労人だったんだなぁ、死ぬまで働いてたんだなぁ、そう思うと苦労することも働くことも意味のあることに思えた。ついつい苦労と労働は辛くて避けたくなるけど、ココがまぶしく見えるってことはそれらも悪いものじゃないのかも。
ayakan714 ココの強さと弱さ、美しさや自由さが本当に伝わってくる

エドモンド・シャルル・ルーの同名小説を映画化したココ・シャネルの伝記映画です。孤児院育ちのココは、田舎で昼間はお針子として、夜はナイトクラブで歌って働く貧しい暮らしをしていました。そんな彼女が、田舎をぬけて大都会パリへいき、自分の才能を見出し、モード界のアイコンとなるまでの一生を、オドレイ・トトゥが演じています。

オドレイ・トトゥがフランス文学の不朽の名作に挑んだ作品【2012年】

marima_rin 【フランス映画祭2013】オドレイ・トトゥ主演、1920年代家同士の政略結婚に疑問を感じてしまった女性のダークサイドを描く。途中から思わぬ展開に驚いた! #映画

ノーベル文学賞作家 フランソワ・モーリアックの代表作を映画化した作品で、1920年代のフランスを舞台に、家同士の政略結婚に翻弄されるテレーズ(オドレイ・トトゥ)の苦悩を描いた作品です。1920年代の南フランスをリサーチし、衣装や美術などに凝った作品となっています。

オドレイがダメ男を翻弄し、もっとダメ男にするコメディ作品【2013年】

ニューヨークの巴里夫

fumi スパニッシュ・アパートメント、ロシアン・ルーレットと前2作を全く知らず。 にしても、楽しめる作品。 とてもお洒落にウィットに語る主人公のグザヴィエ。そのグザヴィエにふりかかる人間模様に負の要素が沢山あるにも関わらず、人生の複雑なパズルをうまく組み立ていく展開はグイグイ引き込まれるし、全く負を感じさせない。 ダメ男グザヴィエが段々といい男にみえてくるから不思議。
YU66 何て可愛い映画。 40歳頃の色々経験してからの迷いや決断など、人生の選び方が面白い。 キャスト全員の個性に愛着を感じてしまう!

スパニッシュアパートメントから観直そう。

主人公グザヴィエの人生と恋愛を描いた三部作『スパニッシュ・アパートメント』『ロシアン・ドールズ』につづくこの映画は、前作二作品でおなじみのキャストを起用し、前作より10年後のキュートでダメ男グザヴィエの日々を描いた作品です。かつての恋人マルティーヌをオドレイが演じます。