元気が出てくる成功物語を描いたおすすめサクセスストーリー映画9選

2018年8月29日更新

過酷な運命を乗り越え、成功するまでを描いたサクセスストーリー映画の中からおすすめ作品をまとめました。過酷な環境から自らの努力や周囲の援助によって成功していく、見終わった時には元気がもらえるような映画です。

吃音に悩む英国王が克服し、戦争下の国民を奮い立たせるスピーチできるまでを描く感動作

southpumpkin
southpumpkin 4.5

吃音に苦しむイギリスの王様がちょっと変わったお医者様に出会います。 良い映画でした。I have a voice!!には鳥肌が立ちます。王様が一人の人間として思い悩み苦しんでいる様が見て取れます。そこにグイグイと立ち入っていくあのお医者様の度胸にはびびりますね。正しいとわかっててもあんなことできませんよ。 終盤にさしかかると第二次世界大戦がはじまることになったりとかして、スピーチが終わったときにうおおおお!!ってなるにはなるんですが、これから向かう戦争への道が開かれた感じがして、ちょっとだけ寂しくなっちゃいました。 あれほど話題になるだけあります。すっごく良い映画でした。

幼少期から吃音に悩むジョージ6世は、内気な性格となっていきました。しかし、父である英国王は、さまざまな式典でスピーチをするよう命令し…。 実話を基に周りの協力を得ながら病を克服し、愛される国王となっていく様子は感動です。

イギリスの炭鉱町を舞台に、バレエダンサーを目指す少年の夢と家族の愛を描く

_kmx
_kmx 0

もう10年前の作品なんだ。初めて観たのは中学生のとき。あのときから何か落ち込んだりするたびに観てる。色合いも、風景も、少年のもどかしさも、やるせなさも、夢を追いかけるあの瞳の輝きも、全部、好きだ。

少年がバレエダンサーを目指し努力する、サクセスストーリーです。舞台は1984年にイギリス北部の炭鉱町。ボクシング教室に通う11歳の少年は炭鉱労働をする父と兄、祖母と生活しています。そこにバレエ教室が移り、少年はバレエに目覚めますが…。

実際の親子共演!幸せとは何かを考えさせられる親子愛を描く

Aiiii_
Aiiii_ 0

こんなに必死になれるのは、本当に大切なものがあるからなんだろな。ウィルスミスのイメージが変わる。息子くんもとても良い。

骨密度を測定する医療機器のセールスマン、主人公クリス。大儲けを考え買い込むものの、なかなか売れず生活が困窮していきます。妻にも出て行かれた彼は正社員を目指しますが…。 ホームレスから億万長者となったクリス・ガードナーの、本当にあったアメリカンドリーム成功話。

昼は工場で働き、夜はラップバトルでの優勝を目指す。ヒップホップ界のカリスマ、エミネム自身が主演したエミネム自叙伝

tora
tora 4.5

エミネムの半自伝で、デトロイトの田舎の若者がラップでプロップスを得ていく話。 音楽業界の狡猾さや、アメリカにおけるブルーワーカーとしての不遇、家族関係、バトルの時に表出する自分自身の弱さ。様々な苦難を苦しみながらも乗り越えていこうとするラビットはカッコイイ。ラストも好きです。

中流階級の白人が住む郊外と貧困層が大半の都市中心部とが、「8マイルロード」で分断されるデトロイト。貧困を極める主人公は、昼間は工場で働き、夜はクラブでラップバトルに勤しみ、プロを夢見ますが…。 才能があるのに実力が発揮できない主人公の、恋と成功の物語です。

反アパルトヘイト運動に尽力し南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く!

tora
tora 4

マンデラが大統領に就任しアパルトヘイトが廃止され、各国から経済制裁が解かれた時期に行われたラグビーW杯。新生南アフリカの融和の象徴という大役を担った選手達と、それを意図しまた全力でバックアップしたマンデラ大統領に焦点を当てた物語。 美談だけでは終われない苛烈な現実がある南アフリカですが、個人的にはこういった類の話、すぐ感動してしまいます。サッカーW杯フランス大会において移民排斥か否かで揺れる自国の過酷な状況下に置かれていたフランス代表の選手達の事、その果たした役割を思い出しました。でも改めて作品を観て、こんな政策が実際にちょっと前まで行われていた事にやるせない気持ちになりました。 蛇足ですがアパルトヘイトという非人道的な政策に対して多くの国が経済制裁を加えていた中で、(南アの力が冷戦終結後相対的に弱まっていった中)当時日本は最大の貿易国だったという…かなり国際的に非難されてましたよね。日本人は名誉白人扱いだったそうです…びっくり。

1994年、南アフリカ共和国で初めて黒人大統領となったマンデラ。彼は反アパルトヘイト運動に尽力する中で、ラグビーチームの再建を目指します。そんな中、ラグビー・ワールド・カップが、自国で翌年開催されますが…。 マンデラとチームのリーダーが団結する、実話に基づいた感動傑作です。

人生の挫折を乗り越えるスポーツ・エージェントをトム・クルーズが名演した感動のヒューマン・ドラマ

Maaaaaaboou
Maaaaaaboou 0

オープニング、トムの超仕事できる爽やか人間がかっこよかったのもつかの間。。自分の信念のために会社をクビに。その主人公のトムはスポーツ選手の契約などをまとめるエージェント。クビになったトムに1人の選手だけがついて来てくれてっていうストーリー。その選手、ずっといまいちな感じやったのが最後にスターになったシーンは泣いた。 主人公はサラリーマンで映画にしては派手さはなかったけど、おもしろかった。何より結婚生活の大変さみたいなものを考えさせてくれた。

選手の年俸を釣り上げるという会社のやり方を疑問視したことで、その行動を快く思わない連中からクビに追い込まれてしまったスポーツのエージェント会社に勤めるジェリー。味方になってくれた社員のひとりと独立するものの、顧客は落ちぶれたアメフト選手のみで…。 信念をもって仕事をすることが起こす奇跡を目の当たりにする一作です。

3人の子どもを持つシングルマザーが、弁護士事務所の資料から企業の環境汚染を暴いていく!実話を基にした映画化

southpumpkin
southpumpkin 3.5

中盤から面白くなってきたので意外に高評価です。破天荒な3児のシングルマザーがひょんな事から何の知識も無いのに弁護士事務所で働くことになります。 言ってみれば法律系ドラマと主人公の私生活とが交互に映し出されるような映画であり、凡庸で、日本のドラマみたいでした。日本のドラマみたいなのですが、それが痛快で面白いのですね。楽しめる方多いと思いますよ。ややご都合主義なところも日本のドラマみたいです。 ジュリア・ロバーツは観ず嫌いだったのですが、結構いいですね。

事故をきっかけに弁護士事務所の職を得た、シングルマザーのエリン。彼女は環境汚染の実態に愕然とし、巨大企業を相手に勝ち目のなさそうな訴訟に挑み続けるのでした…。 実在しているエリン・ブロコビッチの、史上最大の集団訴訟に勝利する姿が圧巻の、ヒューマンストーリーです。

実在の選手!過酷な少年時代からNFLデビューするまでを描いた感動のドラマ

Ken_Chang
Ken_Chang 3

間違ってitunesで購入 (-言- )チッ… 全くもっていらん笑 サンドラ姐さんをスピードで初めて観た時、「何やら軽快でステキなお姉さんやなー」と思いましたが、いつの間にか落ち着いた立派なお母さん役を演じるまでに 無情なり、時間を感じますな… カッコよく、美しく、そして頑として強い 、どの映画でも、こういう太平洋のように広い懐をもった女性というのは魅力的です(^^) 潜在的に理想の母親像なんでしょうかねぇ 誰が食べても美味しいと感じるカレーみたいな映画

雨に濡れつつ夜道を歩くホームレスのような少年マイケルを、車中から見つけたリー・アン。マイケルを連れ帰り、家族として迎え入れることを決意。やがてマイケルは、アメリカン・フットボールの才能を開花させ…。 アメリカン・フットボールのプロ選手となった少年のエピソードをもとに、偶然の出会いから芽生えた絆を鮮明に描き出しています。

低迷する野球チームを常勝チームへと作り変えた実在の人物の物語を、ブラッド・ピット主演で映画化

gohanumai
gohanumai 0

DVDで鑑賞 わーおもしろかった!主人公のちょっと横暴ですぐ物に当たり散らすけどジンクス信じてるような繊細なキャラクターが好きwピーターとの凸凹なバディ関係も好きだった。私はまだ野球に興味を持てないでいるけど、野球にまつわる物語は好き。主人公が段々もう一度野球に夢中になっていくところがいい…過去を後悔してるだけじゃなくあきらめきれないくらい野球が好きなんだって「野球はロマンだ」って呟く表情に出ているのがよかった。

アスレチックのゼネラルマネージャーに就任したビリーは、少々気難しい元プロ野球選手。彼のチームは貧乏な球団のため、優秀な選手を雇えません。ある日、ビリーは「マネーボール理論」と出会いますが、周囲からは大反発を受け…。 独自の理論でアメリカのメジャーリーグの貧乏球団を常勝球団に叩き上げた、実在する人物の半生を描いた感動のドラマ。