ヒュー・グラントおすすめ出演映画9選

2017年7月6日更新
ロンドン出身、イギリスの俳優ヒュー・グラントは「ダメ男を演じたら世界一」「ラブコメ映画のカリスマ」などとよく言われますが、50代を過ぎた現在も数々のラブコメディーで主役を演じています。そこで彼が出演しているおすすめのラブコメを紹介したいと思います!ちなみにダメ男が印象的ですが、実はオックスフォード大学出身のインテリなのです。

ロマコメの帝王ヒュー・グラント

ヒュー・グラント

ヒュー・グラントは1960年9月9日生まれのイギリス俳優です。ロマコメ好きなら知らない人はいないでしょう。

ダメ男を演じることの多いヒュー・グラントですが、実は名門オックスフォード大学の出身です。大学在学中の1982年に、オックスフォード大学の映画協会が製作した『オックスフォード・ラブ』で俳優活動を開始しています。大学卒業後は友人と劇団を立ち上げ、活動していました。

男性の同性愛を描いた1987年の映画『モーリス』のヒットによって知名度を上げます。その後、1994年の『フォー・ウェディング』でゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)、英国アカデミー賞主演男優賞を受賞し、以後、多くのロマンティック・コメディー映画に出演するようになります。

ジュリア・ロバーツと共演した1999年の映画『ノッティングヒルの恋人』はロマコメ映画史上に残る傑作になりました。

他にも、レネー・ゼルウィガー、コリン・ファースと共演した『ブリジット・ジョーンズの日記』、サンドラ・ブロックと共演した『トゥー・ウィークス・ノーティス』、豪華キャストが集結した『ラブ・アクチュアリー』など、ヒュー・グラントの出演するロマコメに外れなしと思わせるほどです。

今回は、ロマコメの帝王ヒュー・グラントの数多くの出演映画のなかから、厳選しておすすめ作品をご紹介いたします。

ヒュー・グラントがヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞し、世界的に知られるようになった映画【1984年】

whentheycry 原作が書かれた当初はこういうのを出版することもできないような雰囲気だったらしく、執筆してからかなりの間を空けて出版。 しかも"同性愛"で"ハッピーエンド"だからここまで遅くなったというのが信じられない。

クライヴのこと最初は酷いやつだなと思ってたけどあんな時代ではクライヴのような生き方をしてる人の方が圧倒的に多くてモーリスとアレックスのような人たちがすごく勇気があって少数だったということが悲しいし、そこに"勇気"が必要になってくることすら悲しい。だからこそ最後のクライヴの悲しい表情が心に残る。

今ではイギリスも市民パートナー法というものができたけど(そもそもそこで区別してることご理解できないけど)、日本では今でも人間の本性に向き合わない国のままで生き辛いったらありゃしない。

英米作家の巨匠E.M.フォースターの小説が原作のイギリス映画『モーリス』。同性愛が社会的にも法律でも禁止されていた頃のイギリス。ヒュー・グラントは上流階級層のホモセクシュアルの青年を演じます。

社会的体裁のために最後は恋人を諦め、上流階級の女性と結婚するクライヴを演じたヒュー・グラントはその時代のリアルな上流階級の姿を表現しました。

ロマコメの帝王ヒュー・グラント初期の傑作【1994年 】

tophelos 2014/05/29 BS 何度も書いたと思うが、ロマンチック・コメディ映画におけるヒュー・グラントは鉄板である。なんという絶大なる安心感。もちろん本作も彼の魅力(しかも若い!)が存分に発揮された内容に仕上がっているのだが、実はこの作品がヒュー・グラントにとっての転機ともいうべき、初のロマコメ作品だったらしい。しかし初にしてこの安定感はさすがとしか言いようが無い。あの名作「ノッティングヒルの恋人」の脚本家と組んだのも本作が第一作目とのことで、なかなか意味深い作品と言えるだろう。イギリス男にアメリカ女の対比という構図もあって、本作がアメリカでもヒットした事により、ロマコメ俳優として決定付けられたのかもしれない。
theaterproject4 ヒューグラントがかっこいい。 ウエディングがテーマの作品はやっぱり装飾がかわいらしい。遅刻するところがとてもいい!

気になる女性にうまくアプローチできないシャイなイギリス人男チャールズを演じるヒュー・グラント。彼のダメ男イメージを作った最初の作品と言えるでしょう。アメリカ人女性であるアンディ・マクダウェル演じるキャリーとのなかなか進まない交流が見所です。

イギリスの結婚式や葬式の様子もわかる気軽に楽しめるラブコメディー映画で、イギリスともにアメリカでも大ヒットしました。

本作でヒュー・グラントはゴールデングローブ賞主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)と英国アカデミー賞主演男優賞を受賞し、アメリカでも広く認知されるようになりました。

有名ハリウッド女優と書店を営む平凡な男の恋の行方を描くロマンティック・ラブストーリー。ヒュー・グラントの代表作【1999年】

gallivant55 今まで出会った恋愛映画の最上級作品。これを超える作品には今のところまだ出会えてない。

高嶺の花、やっぱり口説くには勇気も度胸もいる。

でも、そこをちゃっかりスマートに口説いてくれるのは、ヒューしかいないと思う。

meshi 至高のラブコメ。ヒューグラントさいこう。最後のセリフもすてき。

ロンドン西部のノッティング・ヒルに住むバツイチで冴えないダメ男ウィリアムを演じたヒュー・グラント。仕事場の書店でジュリア・ロバーツ演じるハリウッド有名女優アナ・スコットに出会います。逆シンデレラ的な立ち位置を演じ、ヘタレキャラクターで人気を博します。

本作でゴールデングローブ賞ノミネーションしラブコメ帝王の座をより着実に固めることになりました。

家族や友人たちとのアナを交えての食事会シーンや最後にみんなに後押しされアナに会いに行くシーンはイギリスらしさとヒュー・グラントの魅力がたっぷりで見所です。

世界各国でベストセラーとなった30歳の独身女性の恋愛を描く同名小説を映画化した爽やかコメディ【2002年】

xxxmai 140309 王道ラブコメディー。 まっすぐで一生懸命に生きてれば(多少難があっても)報われる。 特典映像に監督や原作の作者のコメントがあったけど、30独身女性の素の姿を赤裸々に描くことはそれまであんまりらなかったのかな?お酒ガブガブ、煙草プカプカ、おデブでドジでも、前向きでユーモアのある主人公がタイプのちがう2人の男性と恋をする。オープニングで「このままじゃ人生どん底」くらいいってたけど、モテない感じは全然しないぞ!どんな時も安心して観れる1本かな。

ヒュー・グラントとコリン・ファースはどちらもイケメンだし、出てくる登場人物はみんな一癖あって印象的。(ゲイ友役ジェームス・カリスもよかったー)

epocheche コリン・ファースとヒュー・グラントの取り合いになるブリジットがただただ羨ましい! ダーシーの堅物な感じ、お母様からプレゼントでもらった野暮なニットを着ている感じ、ブリジットに一途な感じ、もうこれを演じられるのはコリン・ファースしかいない!と確信しました。 ヒュー・グラントの女誑しな役もはまっていて、ブリジットは一体どちらに転ぶのだろう?と終始ドキドキハラハラした作品でした。

同い年でアメリカでも活躍するイギリス俳優として何かと比較されるコリン・ファースと本作で競演をしたヒュー・グラント。

レネー・ゼルウィガー演じるブリジット・ジョーンズが付き合う浮気性なダメ男を演じます。ヒロインのレネー・ゼルウィガー、コリン・ファースとヒュー・グラントの三角関係が見所な映画。コリン・ファースとの大げんかのシーンはおもわず笑ってしまうシーンでしょう。

ロマコメ以外のヒュー・グラントを堪能できる良作【2002年】

Satoko_Suzuki ヒュー・グラントの出演作の中で一番好き
ririri511 ヒュー・グラントってこういうヘタレな役柄が似合う。ニコラスホルトって子役時代からやはり可愛い。 人って支えがないと生きていけない…などなど笑いの中に深い言葉有りで以外と良作でした。

交際するシングルマザーの息子マーカスとの交流で逆に成長させられる、父親の印税暮らしをするウィルを演じます。笑えるけど心温まるストーリーでヒュー・グラントのダメ男っぷりが特に光る作品でもあるでしょう。ヒュー・グラントは本作でゴールデングローブ賞にノミネートしています。

ヘタレ社長と彼の秘書になった女性弁護士ルーシーの身近にいながらすれ違い、退職2週間前にお互い気づき始めるラブストーリー【2002年】

Sayaka_Sugimoto ラブコメといえば、ヒュー・グラント! ヘタレっぽさが実にかわいい!
Yukie_Ozawa ヒューグラントの役が 自分1人で決められない本当にダメな男笑

サンドラブロックの役は 頭が良くて仕事が出来る弁護士

一見正反対なんだけど、 互いに互いを補いあってて息ピッタリ♡ 本人たちも気づかない程、自然に お似合いに♪

もちろんこの2人が主演なんだから コメディ要素満載〜‼︎

大企業の社長なのに優柔不断なダメ男を演じるヒュー・グラント。そんな男とは正反対の正義感溢れる敏腕弁護士のラブストーリー。憎めないダメ男役がはまっています。

クリスマスシーズンを舞台に様々な恋愛の模様を描くオムニバス・ハートフル・ラブストーリー【2003年】

fabulous_girl02 ヒューグラントがかっこよすぎです。なんだか幸せになる映画です。
Sayaka_Sugimoto いろんな人生があって、感じ方があるんだな…と思える作品!

ヒュー・グラントが良い味を出してる。 挿入歌のノラ・ジョーンズの歌も良い!

必ずみんながハッピーエンドってわけじゃないけど、きちんとまとまっている。

様々な役者たちが共演する米英合作のロマンティックコメディ映画。

クリスマスのロンドンを舞台に19人の男女の恋愛を描いた本作で、ヒュー・グラントはイギリス首相役を演じています。首相でありながら美人とは言えない秘書に惹かれてしまう、お茶目で親近感を感じる役所でその人気を得ました。

80年代の元ポップアーティストと作詞家が作曲を通し惹かれ合って行くラブストーリー【2007年】

Megu_Komatsu ラブストーリーラブストーリーしていない!ストーリーよりもコメディが面白かった。特にヒュー・グラントのダンス最高!色男がやるから面白い。ださかっこいい。
Pelucy 【王道ラブコメ】 ハッピーエンドなtheラブコメ映画。ヒューグラントもドリューバリモアもすごく役に合ってます。こういう映画大好き。

元人気バンドのだったボーカルメンバーだった、アレックスと無名作詞家のソフィーのラブコメディ。本作ではヒュー・グラントの歌声が聴けるのもファンには嬉しいポイントかもしれません。

誰もが羨むセレブ夫婦。しかし殺人現場を目撃、田舎に避難するはめに・・【2009年】

polo1026 離婚間際で別居中の夫婦がある殺人事件を目撃してしまい、殺人犯に狙われる羽目に。 FBIによってかくまわれた2人は田舎町で一時的に一緒に暮らすことになるが・・・ ヒュー・グラント好きにはたまらないちょっとダメ男な役w 夫婦の掛け合いがおもしろくて笑えます!
ayamilky 離婚間近なセレブ夫婦が殺人事件を目撃したせいで田舎で一緒に暮らさなきゃいけなくなっちゃうドタバタラブコメ。

ヒューグラントとサラジェシカパーカーなので安心して頭ん中からっぽにして楽しめました☺︎

やり手の妻を持ち、典型的なセレブ夫婦の夫である敏腕弁護士のポールを演じます。相手役の妻に扮するはサラ・ジェシカ・パーカー。ひょんなことから殺し屋に狙われ田舎で生活することになってしまった夫婦の秘密をサスペンスタッチで描くコメディ映画です。

最新作『マダム・フローレンス!夢見る二人』で音痴の奥さんを励ます夫を演じる【2016年】

2016年12月1日全国ロードショーの『マダム・フローレンス!夢見る二人』にもヒュー・グラントが出演しています。実話を元にした笑いと愛の溢れる感動物語です。

自分が音痴であるということに気付かないままソプラノ歌手を目指す妻フローレンス。そんな愛する妻に夢を見続けさせるため周囲を巻き込みながら奮闘する夫・シンクレアを、ヒュー・グラントが演じます。

病気を抱えながら夢を見る妻と共に生きる夫・シンクレア。 「世界的権威あるカーネギーホールで歌いたい」という妻の夢は果たして叶うのでしょうか。

笑いと涙なしでは観られない、奇跡の公演の幕が上がります。