2017年7月6日更新

実写映画『秘密 THE TOP SECRET』あらすじ・キャスト

『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督最新作『秘密 THE TOP SECRET』が、2016年8月6日(土)に公開されます。今回は、その注目のあらすじ、キャストなどの情報をまとめてお伝えします。

伝説のミステリー・コミック『秘密』の映画化プロジェクトが始動!

それは、死者の記憶を覗き見る禁断の捜査——。興行収入130億円突破の映画『るろうに剣心』シリーズを手がけた大友啓史監督がおくる、生田斗真、岡田将生のW主演の大型エンターテイメント映画『秘密 THE TOP SECRET』が2016年8月に公開されます。

『秘密 THE TOP SECRET』のあらすじ

衝撃、戦慄の近未来ミステリー・エンターテイメント!

物語は死者の記憶を映像化する技術が確立された近未来を舞台にして描かれます。この技術を使って、犯罪捜査を行う警視庁の超エリート集団が、科学警察研究所法医研究室、通称「第九」です。

「第九」の室長、薪剛と新人捜査官の青木一行は、とある一家惨殺の猟奇殺人事件の捜査を行いますが……。

死者の記憶に映し出されたのは、犯人とされていた父親ではなく、事件後行方不明になっていた娘の絹子でした。これが、やがて「第九」を揺るがす大事件に発展していきます。

日本映画の新たな境地を切り開くキャストが集結

主役のエリート刑事、薪剛を演じるのは生田斗真

生田斗真は『脳男』、『予告犯』、『グラスホッパー』と立て続けに注目映画の主演をつとめている、今最も勢いのある俳優の1人です。ジャニーズ事務所所属でありながら、役者一本にかけるその姿勢は、ある意味異色とも言えますが、その演技力には確かな定評があります。

本作では、30代の若さで警視正の肩書きを持つ天才エリート刑事、薪剛を演じます。学生時代からの親友・鈴木(松坂桃李)とともに第九を立ち上げ、ストイックに捜査に取り組んでいます。第九では室長を務めています。そんな薪は自ら創り上げた第九がきっかけで、あるトラウマを抱えていました。

W主演で正義感溢れる新米捜査官青木一行を演じる岡田将生

2009年に、『重力ピエロ』や『ホノカアボーイ』などの出演で、その年の映画新人賞を総なめにしたことで一躍脚光を浴びた岡田将生は、その後多くのドラマや映画で活躍し、人気と実力を兼ね備えた俳優となりました。2016年10月公開の映画『何者』への出演も決定しています。

本作においては、新たに「第九」に配属された新人捜査官として、脳内捜査の光と影に迫っていきます。

薪の親友、鈴木克洋役に松坂桃季

松坂桃李はモデルとして芸能活動を開始し、2009年、『侍戦隊シンケンジャー』で主演をつとめて以降役者としての道を歩むようになりました。その後、『アントキノイノチ』でキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞するなどして、実力を示しています。2016年4月より放送されたドラマ『ゆとりですがなにか』では、岡田将生とともに等身大のゆとり世代の若者を演じました。

本作でも、「第九」立ち上げに携わった薪の親友・鈴木克洋役という主要な役どころで登場します。薪のよき理解者であり、第九創設メンバーでしたが、凶悪殺人犯・貝沼(吉川晃司)の脳内に潜入したことで精神に異常をきたし、薪に射殺されてしまいます。

物語の核心を握る露口絹子役に抜擢された新人女優、織田梨沙に注目!

露口絹子役を演じる織田梨沙は、1995年生まれのモデルです。今回は、なんと200人のヒロイン候補の中からオーディションで選出されました。

本作で本格的な役者デビューとなる織田ですが、大友監督が絶賛したその演技に注目です。

男勝りな監察医、三好雪子を演じる栗山千明

『図書館戦争』シリーズなどに出演し、クールビューティーな女性を演じさせたら右に出るものはいない栗山千明は、モデルや歌手活動もこなすマルチタレントな女優です。本作でも、そのイメージにあった監察医の三好雪子役を演じます。

映画オリジナルキャラクター、斉藤純一郎役にリリー・フランキー

ベストセラー小説『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の著者として知られるリリー・フランキーは、エッセイスト、ミュージシャン、イラストレーターなど様々な顔を持ち、俳優としても多くの作品に出演しています。

今回演じるのは薪の過去を知る精神科医、斉藤純一郎です。映画オリジナルキャラクターであり、果たして彼の存在が物語にどう影響を与えるのか、その動向が注目されます。

家族を惨殺したとされる死刑囚、露口浩一を演じるのは椎名桔平

椎名桔平は数多くの映画やドラマに出演しているベテラン俳優です。2015年と2016年には、映画『暗殺教室』シリーズにも出演しました。

本作での役どころは家族を惨殺した罪で死刑判決を受けた男、露口浩一です。

第九の捜査官・今井孝史役に大倉孝二

分析につよい第九の捜査官・今井を演じるのは数々のドラマ・映画で活躍する大倉孝二。コメディセンスあふれる演技に定評があります。

読唇術専門家・天地奈々子を演じるのは木南晴夏

映画『20世紀少年』やドラマ『昼顔』に出演し、注目を集めた女優・木南晴夏も本作に出演。

第九で研究員として働き、読唇術を得意とする天地を演じています。

第九の副室長・岡部靖文役には平山祐介

薪を助ける副室長・岡部を演じるのはモデル、俳優として活躍する平山祐介。

『劇場版 MOZU』や『THE LAST MESSAGE 海猿』に出演しています。

もう1人の映画オリジナル役である熱血刑事、眞鍋俊介役は大森南朋

大森南朋

大森南朋は1972年生まれの叩き上げの俳優です。これまでに様々な役どころを演じてきており、NHKのテレビドラマ『ハゲタカ』や、松本人志監督映画『R100』などで主演をつとめています。

本作では映画オリジナルのとなる所轄の刑事、眞鍋俊介として出演しました。リリーの演じる斉藤純一郎同様、その行動が気になる役どころです。

史上最凶の殺人犯・貝沼清孝役には吉川晃司

歌手として言わずもがな絶大な支持を得ている吉川晃司が、本作に重要な役どころで出演しています。歌手としてだけでなく、俳優としてもドラマ『下町ロケット』に出演するなど、近年活躍が注目されています。

吉川が演じるのは史上最悪の連続殺人事件・貝沼事件の犯人・貝沼清孝。拘置所内で自殺を遂げますが、彼の脳に侵入した捜査官があまりの異常さにみな精神に支障をきたしてしまうなど、第九の捜査官が最も恐れている人物です。

禁断のプロジェクトを実現するのは、大友啓史

映画『るろうに剣心』シリーズで日本のアクション映画界に新たな風を吹き込んだ大友啓史監督が、再びコミック原作で、まだ誰も見たことのないエンターテイメント作品の創造を行います。本作の映画化は4年前から構想していたものと語り、今回の実現にあたって「心を突き動かす映画」にしたい、と意欲を見せています。

原作『秘密』はカルト的な人気を博す少女コミック

本作は1999年から2012年にかけて、白水社のMELODYに掲載された同名のコミックを原作としています。少女マンガ媒体でありながら、そのハードな設定とストーリーで連載当初から話題となりました。

2011年には文化庁メディア芸術祭優秀賞も受賞。2012からは、新シリーズ『秘密 season0』も連載されており、その人気の高さがうかがえます。

2008年にはテレビアニメも放送

2008年には『秘密 The Revelation』のタイトルで日本テレビ系列でテレビアニメも放映されました。原作とは異なるストーリー展開で、評価されています。

「第九」が抱える『秘密』とは――

死者の脳内に潜入することで犯人の手がかりを見つけるMRI捜査を行っている警察の特別機関「第九」。ある日、一家殺害事件の犯人の脳内に潜入するという捜査を行っていると、そこには犯人の父親ではなく、包丁をもつ娘・絹子の姿がありました。

絹子の謎は、やがて「第九」を苦しめた凶悪事件「貝塚事件」へとつながっていきます。

「親友・鈴木はなぜ死んだのか」「鈴木は何を見たのか」

解かれることのなかった「秘密」を解き明かすため、薪は親友・鈴木の脳内捜査に乗り出します。

まだ誰も見たことのない『秘密』の目撃者となろう!

映画『秘密 THE TOP SECRET』は2016年8月6日(土)公開予定。夏休みは、日本エンターテイメント映画の新たな幕開けを目撃に、ぜひ劇場へ足を運びましょう!

秘密 THE TOP SECRET
2016年7月31日公開
日本

>> 感想・評価・ネタバレを見る