2017年7月6日更新

イケメン俳優、岡田将生の出演映画・ドラマ!配役・感想まとめ

岡田将生『未来の破片』 (MEKURU BOOKS)

土曜ドラマ『掟上今日子の備忘録』での隠舘厄介役としても再び注目が集まっているイケメン若手俳優、岡田将生のおすすめ出演映画や感想をまとめました。

平成元年生まれの若手俳優・岡田将生

岡田将生は1989年(平成元年)8月15日に東京に生まれました。2006年、テレビCMで俳優活動をスタート、翌2007年の映画『アヒルと鴨のコインロッカー』でスクリーンデビューを果たします。 以降、映画『天然コケッコー』や『魔法使いに大切なこと』で主人公の相手役を演じ、2009年には初主演作の『ホノカアボーイ』が公開されました。

一大決心!生涯俳優宣言

俳優人生の転機は、デビュー4年目、20歳を迎えたばかりの2010年に訪れました。ブルーリボン賞の新人賞を受賞した岡田は、芸能活動と平行し、当時在籍していた大学を退学します。 勉学か俳優か、自分の道を一本に絞った岡田。この決心がプラスに働いたか、映画だけでなく、テレビドラマでも大きな役を獲得するようになり、人気俳優としての道を邁進していくのです。

大親友はお笑いコンビ、ハライチの澤部佑!

ドラマでの共演がきっかけで仲良くなったというハライチの澤部佑。 仕事や恋愛でも熱く語り合う仲だったという二人でしたが岡田将生が澤部佑の結婚を後押しした後、子供ができてからは一気に付き合いが悪くなった様で、バラエティ番組『行列のできる法律相談所』で岡田将生自身が詳細を明らかにしました。

岡田将生の主な出演映画

天然コケッコー(2007年):大沢広海役

satoo66 すっげーいい映画だった!もっと早く観るべきだったなあ。 田舎の夏の風景。素朴すぎる少女の夏帆のかわいさ。 東京に修学旅行にいって大沢くんが友達と楽しそうにしてる時とかすごい切ないんだよなあ。 あと、夏帆が歩きながらバックが青空でそこに東京の風景とか建物とかいろいろがぽやぽやーって流れてくるあのシーン!名シーンだ! 今まで観た岡田将生で一番若いんだけど、一番かっこよかった

本作で岡田将生は、夏帆演じるヒロイン右田そよの彼氏、大沢広海を演じます。

田舎の小さな村を舞台に、何気なくも大切な毎日の日々を美しい風景と共に描かれた本作では、まだあどけなさが残る岡田将生を堪能できます。

ブラブラバンバン(2008年):村雨亮役

青春ブラスバンドの青春映画である本作は、柏木ハルコの同名漫画が原作の映画です。

中学のブラスバンド部をめぐり、ブラスバンドに青春を捧げる若者の青春映画で岡田将生はトランペットを担当する村雨亮を演じています。

魔法遣いに大切なこと(2008年):緑川豪太役

一人前の魔法使いを目指す少女、ソラを初めとして、魔法使いを目指す若者達の成長を描く本作は、山田典枝が原作となった漫画を元にして制作されました。

本作で岡田将生が演じるのは、緑川豪太という心に壁がある青年です。

ハルフウェイ(2009年):シュウ(篠崎修)役

k1ller_aka_tKo 映画というかセミドキュメンタリーのような印象を受けた。北乃きい、岡田将生どちらの演技もナチュラル。それもそのはず、台詞はほとんどアドリヴらしい。 受験前に付き合い始めた2人の恋模様。自分本位な気持ちと彼の意思とのジレンマにゆれる。この2人のやりとりは本当にリアルで、高校時代に目にしたことの光景であり、そういった意味でもピュアで甘酸っぱい仕上がりになっている。 大きな展開こそないけれど、些細な日常を切り取ったような。 結末の先は見た側に委ねられている。僕が思うに、きっと2人はうまくやっていける。

But it is still the halfway story...

岩井俊二が総指揮を努めた本作は、監督北の北乃きいを主演に迎え、等身大の高校生女子の恋模様を描いた青春映画です。

北川悦吏子が初監督、脚本を努めた本作ですが、岩井俊二の指示で当初用意されていた脚本を途中で止め、ほとんどがアドリブで撮影されました。

岡田将生が演じる篠崎修は、北乃きい演じるヒロイン、ヒロの彼氏役。二人の意気が合った演技も注目です。

ホノカアボーイ(2009年):主演・レオ役

gallivant55 「年をとったからってやっちゃいけない事なんて、ないんだゼ!」

エロ本を欲しがるコイチじいちゃんが最高だったな。喜味こいしさんは、2011年の1月にお亡くなり、もうDVDでしか見ることが出来ないのがとても残念。

岡田将生さん演じたレオ。 彼のあの困った笑顔が素敵だった。

美味しいご飯を食べながら、素敵な人々に出会い、たくさん恋をして、時には勘違いをして、いっぱい失敗をして、いろんな悲しみを乗り越えながら、少しづつ大人になっていくんだろうな。

ロールキャベツが食べたくなったな。 お腹が空く映画だ。

のんびりとした空気の薙がれるハワイの町、ホノカアを舞台にした映画『ホノカアボーイ』では倍賞千恵子がほのかな恋心を抱く少年レオを演じます。

公開時まだ新人だった岡田将生と、ベテラン女優倍賞千恵子との息の合った演技や、ホノカアに住む魅力的な登場人物、そして作中に登場する美味しい食べ物が印象的な映画です。

重力ピエロ(2009年)奥野春役

k1ller_aka_tKo ―——楽しそうに生きていれば重力なんて消える

連続放火事件の現場近くに残されるグラフィティーアート。 張り巡らされた伏線、リンクする20年前の事件、DNA記号配列、泉水と春。 弟を守りたい兄。誰よりも絆を願う弟。誰よりも家族だった彼らは悲しい運命を超えて大きな愛に触れる。 加瀬 亮の演技はもとい岡田将生のナチュラルな演技に魅了されました。間違いなく2009年最高傑作。

伊坂幸太郎の感動小説『重力ピエロ』の実写科化の本作。

家族の強い絆を描いた本作では透明感のある自然な演技が小説の世界観と合致し、小説と共にヒットしました。

僕の初恋をキミに捧ぐ(2009年)主演・垣野内逞役

tiaremomo キュンとする高校生の恋。

泣きたい時にいい。

岡田将生がやっぱり好き❤︎ 女優さんも健気で良い。

たまに高校生の純愛映画って見ると心が洗われるなぁ…

岡田将生が演じるのは、20まで生きられないと宣告された少年です。

美しすぎる岡田将生と井上真央の純愛映画『僕の初恋を君に捧ぐ』は、少女漫画実写化ブームに拍車をかけ、二人のキスシーンは話題を呼びました。

告白(2010年):ウェルテル(寺田良輝)役

HMworldtraveller 深く強く刻まれた怨念に近い憎悪が、あえて淡々とした口調で語る松たか子の演技から伝わってきます。内容は衝撃的、映像や構成は斬新で、いろんな意味で記憶に残る1本です。これは少年法のもたらす弊害に一石を投じるための作品なのか、、。信じられないほど軽いノリでの未成年の重犯罪や猟奇的な事件が現実に起きているだけに、リアリティがあり、ずっしりときます。悪は悪で裁くしかないとは思いたくないけれど、最愛の肉親のあまりにも不条理な死によって感情や理性をつかさどるものが完全に壊れると、人は大なり小なりおかしくなるものでしょう。それが最も暗く最も救われない形で出てしまった、、。二度三度と観たくなる作品ではないけれど引き込まれてしまう作品です。それにしても松たか子の演技がすごい。

『告白』で岡田将生が演じたのは新米の熱血教師、ウェルテルです。物語の重要な役どころでもあるウェルテルは、生徒を想う素振りを見せながらもそんな自分に自己陶酔をする傾向のあるなんともイタすぎる新米教師。ここでもそれまでとはがらりと異なった役を見事に演じています。

瞬 またたき(2010年):河野淳一役

Yukie_Ozawa 内容が内容なだけに 終始暗い感じです。。。

最後に事故の時の記憶を取り戻した時は 結構ショッキングで驚いた

お互いを失いたくない思い。 自分よりも相手の事を考えた行動を この極限状態で瞬時にとれるって 愛だなとは思う そんな愛に出会いたいとは思う そこには賛同する‼︎

北川景子演じる園田泉美が、最愛の恋人を亡くしたことがきっかけで心的外傷後ストレス障害をかかえ、そこから再生する姿を追った物語です。

岡田将生は北川景子の恋人、河野淳一役を演じています。北川景子との共演はドラマ『太陽と海の教室』後、二度目となりました。

悪人(2010年):増尾圭吾役

traumereiii とても評価が高かった作品なので、観てみました。

いやはや…暗い。重い。 現代人の孤独が生み出す、誰にでもありうるんじゃないかと思われる出来事。 それぞれの人の思いが重たいです。 凄いんですけど、ひたすら救いがなくて、観た後にああぁぁぁぁ…となります。

我らが満島ひかりの絶叫がこれまた凄かったですね。嫌な子すぎる。祐一が思い余る気持ちも分からんくない。 岡田将生の役もウザさ百倍で、光っていましたね。

いやもう、なにか思うというより、本当に落ちる。 原作があるみたいなので、もうちょっとしたら読んでみたいです。

吉田修一の小説を原作に豪華俳優陣に寄って映画化が実現した本作。

岡田将生が演じるのは自由気侭に生きてきた老舗旅館のどら息子、増尾圭吾です。幼い頃から辛いこと一つもなく育ち、他人を思う気持ちの一切無い男という、ウェルテルに引き続き癖のある役を見事に演じています。

雷桜(2010年):主演・斉道役

AoiH 期待してなかっただけに、想像以上に感動した作品だった!もののけ姫をなぜか重ねてしまった。 岡田将生かっこいいーo(^▽^)o

江戸時代を舞台に切ない恋を描いた純愛歴史映画『雷桜』では蒼井優と共演を果たしています。

プリンセス・トヨトミ(2011年):旭ゲーンズブール役

zakioka_ex 2013.6.2

鹿男に似てるなぁと思ったら万城目学だった。 終わり方も絶妙なファンタジー感もすごくよかった。

岡田将生が演じたのは、原作では日本とフランスのハーフの美女という設定の旭ゲーンズブール役。堤真一と綾瀬はるかの三人で会計検査院の調査官を演じ、人気作家、万城目学が直木賞受賞となった歴史ミステリー小説の映画化が実現しました。

アントキノイノチ(2011年):主演・永島杏平役

ririri511 躁うつ、吃音の少年が遺品整理の仕事を通して命の大切さや尊さを学び自分を見つけていくようなストーリー。 生活感の残る部屋から始まる遺品整理は生々しさがある。岡田将生は良かったけど榮倉奈々の演技が微妙かな…。

青年が壊れた心を、遺品整理という少しずつ回復させて行くというさだまさしの同名小説が原作の映画『アントキノイノチ』。本作で岡田将生は遺品整理業者としての仕事によって、高校三年生のときの心の傷が少しづつ癒えてゆく心の変化を、丁寧に演じています。

宇宙兄弟(2012年):主演・南波日々人役

neko_yamada57 原作は読んでないので、余計な知識を入れずに、サラッと楽しく観れた。 原作を読んでいたら展開の速さに着いていかれなかったかも。 小栗旬×岡田将生の組み合わせが絵になっている。

小山宙哉による日本の漫画『宇宙兄弟』の映画化です。幼い頃に共に宇宙に行くという固い約束をかわした兄弟の夢に向かう奮闘劇を描きます。

本作で岡田将生は小栗旬の弟役を演じています。

ひみつのアッコちゃん(2012年):早瀬尚人役

_unauna0423 期待をはるかに超えておもしろかった! アニメなファンタジー感をうまく現実とのつじつまを合わせていてなおパワーアップしてるように感じました!なんにせよ、綾瀬はるかちゃんがかわいすぎる!中身が小学生でこんなに違和感なく見れるのすごい!(笑)そしてくるくる変わる変身姿も必見です!岡田将生くんのビジネスマンの知的さ、人当たりのよさにもきゅんきゅんします!ラストも大満足!誰も悲しまない!お腹いっぱいで終われます(^_^)そのままのエンドロールが私の中ではお気に入りだな〜!

岡田将生が演じるのはアッコちゃんが恋をする、化粧品会社のイケメンサラリーマン。

岡田将生の爽やかさが100%出ている作品となっています。

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL (2013年):猪口介役

toshibakuon ある日、アタル(中居正広)やラリー(村上弘明)が所属する、ニューヨークのFBI組織・SPB爆破事件が起きる。同じ頃、東京でも電車の送電線破裂事件が起こり、車椅子の女性管理官・星(松雪泰子)が捜査の指揮を執ることになる。沢(北村一輝)ら警視庁捜査一課の刑事たちが捜査に臨む中、アタルとラリーも帰国して捜査に加わる

ドラマを観ていた人は充分楽しめる 堀北真希の矯正銀歯が頭から離れない

が演じるのはアタルの弟、猪口介役です。ドラマでは出演が無かったので本作が『ATARU』シリーズ初出演となりました。

謝罪の王様(2013年):沼田卓也役

Kumiko_Nakagawa 話の進み方がテンポ良くて、見てて飽きなかった。 とにかく阿部サダヲだから出来るキャラクターで、岡田将生を変態キャラとして使うのは斬新!

宮藤官九郎脚本で話題となったコメディ映画『謝罪の王様』ではコミカルな役で、『僕の初恋を君に捧ぐ』以来、井上真央と共演をしています。

本作が初のコメディ映画となりました。

潔く柔く(2013年):主演・赤沢禄役

yuki12241 目の前の恋に向き合うと共に過去のトラウマとも向き合っていくという、互いに重いトラウマを背負った男女のラブストーリーです。とてもありがちで少女漫画に良く見かける設定なのですが、不思議と面白い。何故かというと、そのトラウマというのが並大抵のものではなくとてつもなく重く、物語をラブよりもドラマ寄りにしており、結果的にかなり面白くさせているからだと思います。いくえみ綾の漫画ってこういうのが上手な気がします。個人的には高校生時代と大人時代との関わりがもう少し絡み合ってくると面白いかなと思いましたけれど。 長澤まさみも波瑠も可愛いし、岡田将生もかっこよかったです。目の保養にはぴったりかも。

マンガや小説の実写化も忠実に演じる、岡田将生のおすすめ出演ドラマまとめ

『生徒諸君!』(2007):木下薫 役

庄司陽子作の学園マンガ3部作の第2部、『生徒諸君!教師編』をドラマ化した作品です。

中学教師のナッキーこと北城尚子は、横浜市立御園中学校へ赴任になりますが、彼女が受け持つことになった2年3組は、教師や大人を信じられなくなった生徒たちの集団でした。そのクラスをまとめる謎の組織「3TD」の中の一人、短気で攻撃的な性格の木下薫を演じました。金髪がよく似合っていますね。

『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(2007):関目京悟役

こちらも中条比紗也のマンガ作品『花ざかりの君たちへ』を原作に、ドラマ化した作品です。

日本中のイケメンが集まる全寮制男子校・桜咲学園に、芦屋瑞稀は憧れのハイジャンパー・佐野泉に会いたい一心で男装して入学します。その中で岡田は、主人公と同じ寮で生活する、性格は冷静で大人だが、ナンパや女の子が大好きな関目京悟役を演じています。

『フキデモノと妹』(2008):主演・成田和輝役

ある日突然、鼻の下の吹き出物から花が咲いてしまった、不器用ですが、難病の妹に対する優しい心を持った一人のさえない若者の役を演じています。

第7回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞ドラマとして制作された単発のスペシャルドラマで、岡田にとってはドラマ初主演の作品となりました。

『オトメン(乙男)~夏~』『オトメン(乙男)~秋~』(2009):主演・正宗飛鳥 役

容姿端麗、文武両道に秀でた完ぺきな日本男児・正宗飛鳥には、乙女なものが大好きな“オトメン”であるという隠れた一面がありました。ある日そんな飛鳥は、男気溢れる女子・都塚りょうを好きになります。こちらも累計部数350万部を突破する少女マンガ、菅野文作「オトメン(乙男)」のドラマ化作品です。

岡田はこの作品で連続ドラマ初主演を果たしました。

太陽と海の教室(2008年):根岸洋貴役

月9枠で放送された、織田裕二が主人公の型破りな教師役を演じる学園ドラマ。

本作で岡田将生が演じるのは水泳部のエースで、クラスのリーダー的存在、根岸洋貴です。

北川景子北乃きい、吉高由里子などその後も目覚ましい活躍をする実力派若手俳優・女優が多数出演しています。

黄金の豚 会計検査庁 特別調査課(2010年):工藤優役

主演で、「以上〇〇、きっちり黄金の豚にお返し頂きます」でおなじみのドラマ『黄金の豚 会計検査庁 特別調査課』では、主演の篠原涼子演じる堤芯子の下に就く正義感強い調査官、工藤優を演じました。

大河ドラマ『平清盛』(2012):源頼朝役

2012年には、NHK大河ドラマの主演、源頼朝役を務めました。この作品は大河ドラマ初出演にして、ナレーションも担当し、当時22歳で源頼朝役を演じるのも、ナレーションを担当するのも大河ドラマ史上最年少となる、記念すべき作品となりました。

聖なる怪物たち(2012年):主演・司馬健吾役

テレ朝の木曜ドラマ枠、最年少主演を努めた本作は、医療をテーマに扱った医療ミステリーです。

原作は河原れんによる小説です。

岡田将生は、司馬健吾という、正義感溢れる新人外科医を演じています。

中谷美紀や大政絢など、豪華キャストの揃った本作ですが、平均視聴率 7.8%とまずまずの結果となりました。

『ST 警視庁科学特捜班』(2013)『ST 赤と白の捜査ファイル』(2014):百合根友久役

1998年から刊行されている今野敏の警察小説シリーズ『ST 警視庁科学特捜班』のドラマ化作品で、まず2013年に同名で単発ドラマ化され、その後『ST 赤と白の捜査ファイル』というタイトルで連続ドラマ化されました。また、前述にもあるように2015年には映画化もされ、岡田は全てに主演として出演しています。

科捜研内のはみだし者の集団、通称「ST」こと科学者集団「Scientific Taskforce」(警視庁科学特捜班)の統括を任された百合根友久役を岡田は演じています。同じくSTのリーダー的存在、赤城 左門役の藤原竜也とのダブル主演です。

『リーガルハイ』(シーズン2)(2013):羽生晴樹役

主人公の黛真知子が所属する、古美門法律事務所で検事時代に職務経験制度で弁護士実習を経験したのち、現在は弁護士になり、NEXUS法律事務所を設立した羽生晴樹役を演じました。温厚な物腰かつ天然の人たらしという性格で、シーズン2のキーパーソンを演じました。

不便な便利屋(2015年)主演・竹山純役

オール北海道ロケで撮影がされた本ドラマは、富良野へいく途中で遭難した青年が、ひょんなことから山中の便利屋で働くことから物語が始まります。岡田将生が演じるのは、遭難した妄想癖が激しい脚本家です。

演技の幅が広い!岡田将生の出演舞台まとめ

『皆既食 -Total Eclips-』(2014)

『太陽と月に背いて』というクリストファー・ハンプソンが1968年に発表した戯曲の舞台化作品で、日本では蜷川幸雄が演出のもと、『皆既食 -Total Eclips-』というタイトルで、フランス文学史上類まれなる才能をもつといわれた詩人、アルチュール・ランボー役を岡田は熱演しました。これは岡田にとって初舞台にして主演という作品となりました。

また、この作品の共演者、生瀬勝久は岡田の演技を「天才」とべた褒めしたそうです。

『ウーマン・イン・ブラック〈黒い服の女〉』(2015)

ロンドン、ウエストエンドのフォ-チュン・シアタ-で上演中の『The Woman in Black』は、同劇場で上演のロングラン記録を更新し続ける、ヒット作です。その日本公演が、7年ぶりにパルコ劇場で上演されました。

この英国ホラー演劇作品は、中年の弁護士と若い俳優というたった二人の男が、過去に体験した世にも恐ろしい出来事を、劇中劇の形を借りて再現していくというストーリーです。劇中で岡田は、若い俳優を演じています。