©Van Tine Dennis/ABACA/Newscom/Zeta Image

アーロン・エッカートがアラフィフで大ブレイク間近!

2018年3月30日更新

大ヒット映画『ダークナイト』や『幸せのレシピ』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』で高い演技力が評価されているアーロン・エッカート。彼の生い立ちや過去の作品、今後の出演作をまとめました。

アーロン・エッカートの生い立ち

アーロン・エッカートは1968年3月12日生まれのアメリカ合衆国の俳優です。カリフォルニアに生まれ、17歳からシドニーで育ちます。

高校卒業後はサーフィンのためにハワイに滞在したり、スキーをするためにフランスに移住したりとモラトリアムを満喫。その後、アメリカに戻り、モルモン教系のブリガムヤング大学で映画を学び、1994年に卒業しました。

ちなみにアーロンはモルモン教の教えの元で育ったようで、2年間スイスとフランスで宣教師として過ごしたこともあるようです。

ニール・ラビュート監督作品に多数出演!

大学在学中に、友人が手がける演劇に携わっていたアーロン・エッカート。その頃から俳優業に関心があったのかもしれません。

TVシリーズにいくつか出演した後、1997年にその大学時代の友人、ニール・ラビュートの監督デビュー作『In the Company of Men』での演技が評価され、インディペンデント・スピリット賞新人俳優賞を受賞しました。以降、ほとんどのラビュート監督作に出演しています。

大女優との共演でブレイク!

『エリン・ブロコビッチ』(2000年公開)で、ジュリア・ロバーツが演じる主人公の恋人役を演じて、アーロンの知名度は急上昇します。

ちなみに、この作品でのジュリア・ロバーツの演技は絶賛され、第73回アカデミー賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞、英国アカデミー賞主演女優賞などの数々の賞を総なめしているので、それだけアーロンにも注目が集まったのでしょうね。

こうしてブレイクしたアーロンは、『ザ・コア』『ペイチェック 消された記憶』(共に2003年公開)などの話題作に多く出演するようになります。

『サンキュー・スモーキング』での演技が高く評価される

ゴールデン・グローブ賞にノミネート

映画デビュー後も順調にキャリアを重ねていたアーロンは、タバコ業界を風刺したコメディー映画『サンキュー・スモーキング』(2006年公開)での演技が評価され、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)にノミネートされます。禁煙ブームの逆境の中、巧みな話術を駆使して日々奮闘するタバコ研究所の広報部長、主人公ニックを熱演しています。

翌年公開の『幸せのレシピ』ではオペラを歌う陽気なシェフを好演しており、役者としての振り幅を感じますね。

『ダークナイト』のハービー・デント役で、善悪の間でに揺れる男を熱演

正義感の強い新米検事役

クリストファー・ノーラン監督のバットマン三部作の第二作目『ダークナイト』(2008年公開)で、悪が蔓延る街ゴッサム・シティで「光の騎士」とされる新米の地方検事、ハーピー・デント役を好演しました。

ハービー・デントは恋敵であるバットマンこと主人公ブルース・ウェインと協力してマフィアの資金洗浄を敢行し、マフィアを一網打尽することに成功します。

ブルースは、正々堂々と悪と戦うハービーの姿を見て真のヒーローは自分ではなくハービーなのではないかと感じるようになりますが、ハービーはあることをきっかけに正義と悪のはざまを揺れ動くようになってしまうのです。

アーロンはこの難しい役どころで非常に高い演技力を発揮し、作品に深みを与えています。

『ダークナイト』は2016年1月1日時点の世界歴代興行収入で24位にランクインしている大ヒット作で、評価も非常に高い作品なので、まだご覧になってない方は是非チェックしてみてください!

アーロン・エッカートの今後の出演作品

公開を控えるアーロンの出演作の中から、要チェックの2作をご紹介します!

テロ組織との戦いを描く『エンドオブキングダム』

2013年公開のアクションスリラー作品『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編、『エンド・オブ・キングダム』への出演が確定しています。

アーロンは前作に引き続きアメリカ合衆国大統領ベンジャミン役を演じます。主人公マイク・バニントと大規模なテロを阻止しようとテロ組織に挑む役どころになりそうです。

こちらの作品は2016年5月28日に日本公開予定です。

クリント・イーストウッド監督『ハドソン川の奇跡』

鳥がエンジンに飛び込んで、エンジンが停止してしまったジェット機。普通なら墜落するところですが、"サリー"ことサレンバーガー機長の冷静な判断によって米ニューヨークのハドソン川への着水が成功し、死者ゼロで全員救出された事件"ハドソン川の奇跡"がクリント・イーストウッド監督によって映画化されます。

トム・ハンクスがサレンバーガー機長を演じます。アーロンは、副操縦士のジェフ・スカイルズ役で出演することが確定しています。他にも、『ラブ・アクチュアリー』(2003年公開)のローラ・リニーが機長の妻役で出演します。

『ハドソン川の奇跡』は2016年9月9日全米公開予定です。日本でも2016年9月24日に公開することが決定しています。

大ヒット作に出演が続いているアーロン・エッカート。今後も大活躍すること間違いないでしょう。目が離せません!