高畑淳子、仮面ライダーで悪役をしていたこともある熟年女優の意外と知らない10の事実

2017年7月6日更新

もともとは劇団出身の女優、高畑淳子。実は仮面ライダーの悪役として出演していた過去も。強烈な個性と存在感で様々なメディアで活躍する名女優、高畑淳子のデビューから家族にまつわる事実まで、挫折と栄光の半生に迫ります。

1:難関大学の合格を蹴って演劇を勉強できる桐朋大学へ

高畑淳子

個性的な演技で今や映画やドラマに引っ張りだこの高畑淳子は、香川県の善通寺出身の女優です。幼い頃から退屈が嫌いだった高畑は、高校時代まではこれといった趣味もなく、歌や絵画、果てには仏像集め等様々な事に挑戦しますが、どれもが長続きするモノではありませんでした。そんな折、元々目立ちだがり屋だった高畑は、自分しかできない事を模索した結果、演劇に辿り着きます。

学校から支持された大学受験は全て合格した高畑は、その全てを蹴り、桐朋学園大学短期大学部芸術科に進学しました。

合格した大学は御茶ノ水女子大学、東京女子大学、津田塾大学、早稲田大学、 慶應義塾大学等の名だたる名門校でしたが、頑固な性格から、父親の反対も押し切り迷わず演劇の道を目指しました。

2:『仮面ライダーBLACK RX』の悪者が当たり役に

高畑敦子

1977年、映画『あしたの火花』でようやくスクリーンデビューした高畑でしたが、その後は出演作品にほとんど恵まれませんでした。

30歳迄に目が出なければ女優をあきらめる覚悟でいた高畑がようやくブレイクしたのは、1988年に放送された東映の特撮テレビドラマ『仮面ライダーBLACK RX』です。

子供向け戦隊ヒーローものの悪役マリバロンを演じた高畑は、その際立った異色な演技で一躍注目を集めます。

3:『3年B組金八先生』の本田知美先生役で一気に知名度を上げる

高畑淳子

出典: www.tbs.co.jp

高畑敦子がテレビでようやくレギュラー出演したのは1995年から放送されたTBSドラマ『3年B組金八先生』の第4シリーズが最初でした。

武田鉄矢演じる坂本金八の良き理解者である養護教諭の本田知美役を熱演した高畑は、その歯に衣着せぬ演技が好評となり、名バイプレイヤーとして道をスタートさせます。

『3年B組金八先生』の撮影時、共演した武田鉄矢とは設定上、実は再婚する可能性もあったそう。実際には実現しませんでしたが、その後時を経た2007年TBS系ドラマ『夫婦道』で、晴れてようやく2人の夫婦役が実現しました。

高畑淳子

4:声優としての活動も

高畑淳子

出典: up.gc-img.net

独特なしゃべり口調と気品ある声に定評のある高畑は、映画の吹き替えにも数多く出演してます。

1980年のアメリカ映画『モンスター・パニック』のスーザン・ドレイク博士役や、2007年のイギリス映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』のケイト・ブランシェット演じるエリザベス1世役等が有名で、またアニメでは1997年の名探偵コナン『江戸川コナン誘拐事件』の主人公江戸川コナンの母親役江戸川文代〈工藤有希子)等があります。

5:北川景子とは親戚

高畑淳子 北川景子

2014年1月、TBS系バラエティー「ジョブチューンSP」に出演した高畑は、共演した北川景子と共に、2人が「はとこ」同士であることを告白しました。

司会のネプチューンをはじめ、他の出演陣もサプライズ状態の中、高畑曰く、北川の祖母と高畑の母が「いとこ」同士で、高畠の祖父と北川の曾祖父が「兄弟」な事を説明しました。高畑が北川の祖母と会った時に「うちの孫は北川景子と申します」と告げられ、大仰天したそうです。

6:娘と息子も俳優業をしている

高畑淳子 高畑裕太

あまり知られていませんが、実は高畑淳子は結婚を2回経験しています。1度目は1978年、現在も所属する劇団青年座の団員の方と結婚し、2度目は1985年に一般男性とのできちゃった婚でした。2度とも離婚されているようですが、2人目の方との間に生まれた子供が、2012年NHKドラマでデビューした高畑裕太と、2009年舞台『鴨川ホルモー』でデビューした高畑こと美です。

高畑こと美

高畑裕太は主にテレビ、高畑こと美は舞台を中心に俳優活動をしていますが、2人とも母親に似て、たくましい演技派の若手俳優として活躍しています。

7:実は過去に内田裕也を怒らせたことも

内田裕也

出典: lmaga.jp

高畑淳子はまだ売れてなかった1982年頃、若松孝二監督の映画『水のないプール』にヒロインとして抜擢されています。しかしヌードシーンがあった為、直前まで悩んだ結果、撮影をドタキャンしてしまいました。これにより主演だった内田裕也には、未だに許してもらえていないようです。

8:2014年には紫綬褒章を受章

高畑淳子

2014年、高畑淳子は長年のテレビや映画、舞台からバラエティーまでの活躍が評価され紫綬褒章を受章しました。

授賞式でのコメントで高畑淳子は

「こんな、素行の悪い母ちゃんが、大変な賞を頂き……これは、素行の悪い婆さんになるな!!という戒めだな?と、自分に言い聞かせております」

と自虐気味に述べています。

高畑淳子は上京して10年近く真面目で面白みのない女優だったそうです。

そんな高畑の芝居が変化していったのは29歳の時。舞台で共演した加藤健一に言われた言葉がヒントだったそうです。それまで、言われた事は潔癖なほど忠実にこなしてきた高畑は「舞台はヒトを楽しませるトコロ」という彼の言葉で開眼し、自分の信じた演技を追及していくようになっていきました。

その演技への気持ちが、紫綬褒章を受賞するまでの大女優となった今の高畑淳子を作り上げたのかもしれません。

9:ドラマ『ナオミとカナコ』では強烈な中国人を熱演

高畑淳子

高畑淳子は2016年1月より、フジテレビで放送されている広末涼子と内田有紀主演のドラマ『ナオミとカナコ』で中国人社長の李朱美役を熱演してます。

内田有紀演じる服部加奈子は、内気な性格の専業主婦。その大学時代からの親友である広末涼子演じる小田直美は勝気なバリバリのキャリアウーマン。加奈子が家庭で夫によるドメスティックバイオレンスに苦しんでいる事を知った直美は、親友のその悲痛な叫びに戸惑いを隠しきれない。そんな折、直美は仕事で行った中国人街で強烈なインパクトでたくましく生き抜く中国人女社長李朱美と出逢い、それをきっかけに2人の完全犯罪計画が幕を開ける。

高畑淳子

出典: up.gc-img.net

何人もの本物の中国人に取材をし、撮影現場には本物の中国人通訳まで入れる熱の入れようの高畑は、主人公に勝るとも劣らない圧巻の演技で、視聴者だけではなく撮影現場のスタッフやキャストにまで絶賛を浴びています。

10:高畑淳子の今後

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』峠久美子役で出演

2016年4月29日に公開予定の、『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の峠久美子役で出演します。

モノや場所に残った人の記憶や感情を読み取れるという能力を持つ男・仙石和彦(野村萬斎)と、かつて仙石と「マイティーズ」というお笑いコンビで一世を風靡した丸山竜司(宮迫博之)が、ある依頼を受けて再び二人で力を合わせて事件を解決していく、という物語です。

高畑淳子演じる峠久美子は丸山の所属する峠プロダクションという芸能事務所の社長という役です。

主演の仙石は野村萬斎、丸山は宮迫博之が演じるほか、木村文乃や杉咲花の出演が決定しています。