2019年10月1日更新

貞子を演じた女優キャストを一挙紹介!「リング」シリーズのホラーアイコン、演じているのは美人ばかり!?

リング 貞子
©️OMEGA PROJECT/zetaimage

邦画史上最も有名で人気のあるホラーシリーズ『リング』に登場する貞子は、ジャパニーズ・ホラーの象徴的な存在です。そんな貞子を演じてきた女優は美女ぞろい!歴代の関連作品とともに、貞子役を務めた美女たちを紹介していきます。

目次

貞子を演じた女優キャストを一挙紹介!「リング」シリーズに欠かせないホラーアイコン

貞子と言えば、ジャパニーズホラー(Jホラー)の原点にして、金字塔となった「リング」シリーズに欠かせないホラーアイコンと言えるでしょう。 長い髪を正面に垂らし、幽霊らしい白装束に、血がこびりついた黒い爪……。人びとを恐怖で震え上がらせてきた貞子ですが、歴代の「中の人」は美女ぞろい!?「リング」は若手女優の登竜門とも称され、新作が決定する度に貞子のキャストにも注目が集まっています。 この記事では、「リング」シリーズで貞子を演じた女優を一挙に紹介!今や有名なあの美人女優が、貞子を演じたケースも存在するのです!

そもそも『リング』とは?原作は鈴木光司の小説

映画のイメージが強い『リング』ですが、原作は“見た者は1週間後に呪い殺される”という「呪いのビデオ」を扱った、鈴木光司の同名小説です。 小説版「リング」シリーズは、1作目の『リング』から刊行順に、『らせん』、『ループ』、『バースディ』、『エス』、『タイド』の計6冊が存在。1995年に2時間ドラマ化されたのをきっかけに、異なるキャスト、スタッフで何度も映像化されています。 中田秀夫監督作『リング』は、原作小説のサスペンス路線を離れホラー映画に仕立てた点が斬新で、続編『リング2』は興行収入21億円のヒットを記録!2002年以降、ハリウッド版「ザ・リング」シリーズも制作され、Jホラーブームの火付け役となりました。

貞子にはモデルがいる?

“貞子”こと山村貞子自身には諸説ありますが、貞子の母・山村志津子のモデルは、明治に実在した超能力者「御船千鶴子」というのが定説です。 千鶴子の透視能力(千里眼)が地元・熊本県で広まると、噂を聞きつけた東京帝国大学(現・東京大学)の福来友吉助教授により、数々の実証実験が行われることに。彼女や長尾郁子ら千里眼能力者が非難に晒され、一部が自殺した一連の騒動は、「千里眼事件」の名で語り継がれています。 『リング』劇中では戦後すぐの事件として、当時の千鶴子や郁子の公開実験の資料が、そのまま志津子の実験の描写として挿入されました。

三浦綺音/ドラマ版『リング』【1995年】

映画版より3年早い1995年に、スペシャルドラマとしてフジテレビで放送された『リング〜事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念〜』。 内容的には原作に一番近いと言われ、これを最高傑作とするファンも多いと言われています。雑誌のグラビアなどでヌードを披露するアイドル「ヌードル」の第一人者として注目された三浦綺音が、貞子に抜擢されています。 同日の同時刻に、一本のビデオテープをみた若者4人が死亡する怪死事件が発生。この事件で姪を喪った新聞記者・浅川和行は調査を開始し、呪いのビデオの存在を知ります。浅川は明城大学教授・高山竜司と共に、死の期限までに呪いの謎を解こうとしますが……。 主演の高橋克典をはじめ、原田芳雄や田口トモロヲ、雛形あきこなど今では考えられないような豪華キャストが集結しているテレビドラマとなりました。

伊野尾理枝/映画『リング』【1998年】『リング2』【1999年】

松嶋菜々子を主演に迎えた大ヒット作で、後に続くシリーズの原点となった作品です。 主人公は原作の浅川和行から、テレビ局のディレクターとして働く女性・浅川玲子に、高山竜司も浅川の元夫で超能力者という設定に変更。都市伝説を取材していた浅川が、数日前に亡くなった姪も関係していると思われる、呪いのビデオの謎を追っていきます。 後日談『リング2』は山村貞子の親戚・山本敬が、発見された貞子の遺体の身元確認を行う所から始まり、再び起こる呪いのビデオの恐怖を描きました。 テレビから這いずり出る最も有名な貞子を演じたのは、舞踏家としての顔も持つ女優・伊野尾理枝。創作舞踏の独特な動きをかわれて貞子役に起用されたようです。

佐伯日菜子/映画『らせん』【1998年】

『らせん』は、『リング』の後日談を描いた物語。 主人公は、息子を海の事故で亡くし、自殺することばかりを考えている解剖医・安藤光男です。彼は友人の高山竜司の死体を解剖した際、胃の中から暗号が記された紙を発見し、未知のウイルスを巡る事件に巻き込まれることに! 当時ホラー・クイーンとして多くのホラー作品に出演していた佐伯日菜子が、歴代最恐と言われる貞子役を演じました。2016年には死者の声が聞こえる女性を演じた主演作『メッセージ』と、『スクール・オブ・ナーシング』の2本の映画に出演しています。

中谷美紀/映画『らせん』【1998年】

『リング』『らせん』の両方で、物語の鍵を握る女子大生の高野舞を演じた中谷美紀。 『らせん』では、見た目はそのままに中身は「復活後の貞子」という一人二役にも挑戦しています。歌手活動やドラマへの出演が主だった中谷美紀はこの高野舞役でブレイク。 1999年に放送され大ヒットしたドラマ『ケイゾク』の主演の座を射止めるきっかけとなりました。

木村多江/ドラマ版『リング〜最終章〜』【1999年】、ドラマ版『らせん』【1999年】

映画版のヒットを受けて1999年に制作されたドラマ『リング〜最終章〜』と『らせん』で貞子役を任されたのは木村多江。彼女もまた、一連の『リング』シリーズへの出演によってブレイクを果たした一人です。 新聞記者・浅川和行は姪を含む若者たちの死を調べるうち、見た者を“13日以内に”呪い殺すビデオを見てしまい、命の危険に晒されます。一方、テレビ番組の生放送では、文化人類学者・高山竜司が別の学者に死の呪いをかける実験が行われていました。 続編『らせん』は青葉学園女子高校の教師・安藤光男が、科捜研に勤務する元教え子を助けようとするうちに、人類抹殺を巡る陰謀に巻き込まれるSFサスペンスです。

矢田亜希子/ドラマ版『らせん』【1999年】

映画版では中谷美紀が演じた、復活後の貞子にのり移られる女子大生・高野舞。シリーズを通して最重要キャラであるこの役柄を1999年のドラマ版『らせん』では矢田亜希子が担当しています。 また2000年には、宮部みゆきの同名ベストセラー小説を原作とした映画『クロスファイア』で、若く無名ながら高い演技力を持っていると目をつけられた矢田亜希子が主役に抜擢されました。

及川麻衣/ドラマ版『らせん』【1999年】

同じくドラマ版『らせん』で、復活した貞子に乗り移られる高村典子を演じたのは、1990年代前半にグラビア系トップモデルとして活躍した及川麻衣。 山口智子、杉本彩、藤原紀香、菊川怜などを輩出した「東レ水着キャンペーンガール」の出身で、1993年の映画『乳房』では見事な演技とそしてヌードを披露し、一躍話題となった女優です。

須藤理彩/ドラマ版『らせん』【1999年】

須藤理彩演じる西島美咲もドラマ版『らせん』の貞子に乗り移られた一人です。ドラマ版『らせん』の貞子の大暴れによって、6代目貞子は4人の女優によって演じられていたということになります。 須藤理彩はその後結婚し、2人の母親となりながらも数多くのドラマなどに出演。2016年9月3日に公開の映画『クハナ』への出演も決定しています。

仲間由紀恵/映画『リング0 バースデイ』【2000年】

映画版『リング』シリーズの完結編として制作された作品。生前の貞子とその最後を描いた物語で、仲間由紀恵の映画初主演作でもあります。 映画『リング』から時を遡ること30年、昭和43年。山村貞子が所属する劇団は次の公演を控える中、団員全員が奇妙な井戸の夢に悩まされていました。生前の貞子の悲恋、もう一人の貞子の存在など彼女の悲劇的な過去が描かれ、怪物・貞子の誕生秘話が判明したのでした。 この作品が堤幸彦の目に止まり『TRICK』シリーズの主役に抜擢されたことによって、仲間由紀恵は大ブレイクを果たすこととなりました。

ぺ・ドゥナ/韓国版『リング・ウイルス』【1999年】

1999年6月に公開された韓国版『リング』。日本版に忠実に作られていて、貞子にあたるパク・ウンソがテレビから出てくるシーンもほとんどそのままです。 新聞記者ホン・ソンジュは、姪と友人3人が急死した事件の調査の過程で、彼女らが行き泊まった宿泊施設で呪いのビデオを見てしまいます。恐怖したソンジュは、4人の死因は「超現実的な力だ」と主張した解剖医を訪ね、彼と共に事件の解決に乗り出すのです。 そのテレビから這いずり出るパク・ウンソ(=貞子)を演じたのが、演技初挑戦となるぺ・ドゥナでした。 日本映画『リンダ リンダ リンダ』やハリウッドの大作映画『クラウド・アトラス』、『ジュピター』などの出演で、世界的な女優として知られるようになりましたが、その原点が貞子役だったとは驚きです!

デイヴィ・チェイス/アメリカ版『ザ・リング』【2002年】

CARRY THE FIRE @edenjet captured for @chucksvintageoriginal

Daveighさん(@daveighc)がシェアした投稿 -

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のゴア・ヴァービンスキーが監督を務めたアメリカ版『リング』。松嶋菜々子版『リング』に忠実な作りですが、貞子がデイヴィ・チェイス演じるザモラ・モーガンという少女に変更になっています。 新聞記者のレイチェルと元夫のノアが、呪いのビデオと息子エイダンの前に現れる少女の謎に迫り、サマラ・モーガンの真実を知るストーリーです。

ケリー・ステイブルス/アメリカ版『ザ・リング2』【2005年】

My legs r noodles today but @driverminnie is now my favorite person & gym partner. #beautifulwoman @speechlessabc #goodmorning

Kelly Stablesさん(@kellystables)がシェアした投稿 -

オリジナルを監督した中田秀夫が起用され、これまでのどの作品とも異なる物語を展開した『ザ・リング2』。 ケリー・ステイブルス演じるイーブル・サマラは前作でデイヴィ・チェイスが演じたサマラ・モーガンの邪悪な人格ということになっています。 前作から半年後、海辺の田舎町へ引っ越したレイチェル親子。しかし、その町で数十年ぶりに怪死事件が起こり、被害者の死体を見たレイシェルは“サマラの呪い”だと確信します。サマラの実母エヴリンも登場し、ハリウッド版オリジナルストーリーが展開されました。 本作のセルDVDの隠しコマンドには、キュートなケリー・ステイブルスが特殊メイクで少しずつ恐ろしい姿のイーブル・サマラに変身していくレア映像が収められています。

橋本愛/映画『貞子3D』【2012年】

完結編として制作された『リング0 バースデイ』から12年後、新たな物語で蘇った『リング』シリーズの新章。シリーズ初の3D映画で、「ニコニコ動画」を題材としていたり、橋本愛が貞子役を演じることが公開直前まで伏せられていた点など、エンターテイメント性が強調された作品です。 女子高に勤務する教師・鮎川茜は、動画投稿サイトのとある生放送を見た者が全員、同時刻に死亡したという噂を校内で耳にします。ついには茜の教え子が謎の死を遂げ、警察も捜査に乗り出す中、茜も恋人の安藤孝則と共に「呪いの動画」を調べ始めます。 ミス・セブンティーンやホリプロスカウトキャラバンの最終候補、そして映画『告白』での演技などで、注目度が急上昇していた橋本愛のまさかの貞子役に話題騒然となりました。

瀧本美織/映画『貞子3D2』【2013年】

いま「芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP」出演中です〜????観てみてね???????? #ドッキリ #てってれ〜

Miori Takimotoさん(@mioritakimoto_official)がシェアした投稿 -

スマホアプリをダウンロードし、上映中に起動させることで、本編との連動する仕掛けを施した、世界初の「スマ4D」映画です。 前作の事件から5年後、鮎川茜は安藤孝則との間にもうけた娘・凪の出産時に死亡し、凪は孝則の妹・楓子に預けられます。そんな中、再び呪いの動画による死の連鎖が起こり始め、楓子は貞子と“貞子の子供”に関する話を知ることになるのです。 瀧本美織演じる主人公楓子は、貞子の呪いの力を継承した子供・凪(平澤宏々路)に同情することで、知らない内のうちに貞子(=凪)の協力者になっていた…という役柄です。 バラエティ番組での司会や、バンドでの歌手活動などマルチに活躍する瀧本美織の初主演作品となりました。

七海エリー/映画『貞子vs伽椰子』【2016年】

エイプリルフールのネタから生まれ実現されることとなった、邦画史上最大のホラープロジェクト『貞子vs伽椰子』。『リング』シリーズでおなじみの呪いのビデオを通して見た人を呪い殺す貞子。 そして同じく『呪怨』シリーズでおなじみの呪いの家に越してきた人を殺す伽椰子という、ジャパニーズホラーを代表するキャラクターがぶつかり合うあらすじです。

貞子を演じたのは七海エリー

1986年11月15日生まれの七海エリーは、16歳の時にモデルとしてデビューを果たし、2006年頃から映画やドラマに出演しています。 ドラマ『ガリレオ』やNHK朝ドラ『まれ』等に出演を果たし注目を集め、本作では貞子役というある意味での主役の座を勝ち取りました。 本作のメイキング映像で彼女は、ホラー映画好きとも語っています。七海の鬼気迫る貞子の演技と、素の爽やかな笑顔のギャップで話題になりました。

南彩加/映画『貞子』【2019年】

映画『リング』誕生から20年、2019年5月に公開された『貞子』。中田秀夫監督が『ザ・リング2』以来、14年ぶりにシリーズに復帰しました。 原作は小説「リング」シリーズの『タイド』。心理カウンセラーの秋川茉優は公営住宅の火事で保護され、記憶喪失となった少女と出会います。一方、茉優の弟でYoutuberの和真は火事現場で撮った動画をSNSで拡散した後に、行方不明になってしまい……。 主演は注目の若手女優・池田エライザで、子役の姫嶋ひめかや和真役の清水尋也の他、塚本高史、桐山漣、ともさかりえらが出演しました。貞子の出自に触れたり、『リング』『リング2』から倉橋雅美(佐藤仁美)が再登場したりと、原点回帰的な作品でもあります。

南彩加が貞子役で出演

映画『貞子』で貞子を演じたのは、モデル、女優の南彩加。2015年に死去した女優・雅子から山村志津子役を引き継ぎ、母娘の2役を演じました。 主に広告モデルとして活躍しており、女優としてはPK祭り2016第四弾『ポーカーフェイス第六話『ひだまり』』などの舞台への出演歴があります。まだ知名度は低いですが、貞子役をきっかけにブレイクを果たすかもしれません! ラジオ番組に出演した際の発言によると、『貞子』の撮影現場はとてもアットホームで、南は現場では「貞ちゃん」と呼ばれていたとのこと。

怖かわいい!?ホラー界のアイドル・貞子の人気は国を超える!

『貞子』

平成のホラーアイコン・貞子は、2019年4月30日号の「ニューズウィーク日本版」で、「世界が尊敬する日本人100」に“怨霊として”初めて選出されました。 貞子の人気は日本を飛び越え、ついに世界規模に!顔がほぼ映らないからこそ難しい貞子を演じてきた女優たちの熱演が、人気に大きく影響していると言えます。怨霊でありながら、美しくも怪しい、悲劇の女性の側面も理由の一つでしょう。 世界のホラーファンに愛される貞子の魅力が女優ごと、国ごとにどう表現されているのか、観比べてみると面白いかもしれません!