© 1997 - Paramount Pictures

レオナルド・ディカプリオ出演のおすすめ映画12選!

2017年5月1日更新 146372view

レオナルド・ディカプリオ、通称レオ様の傑作揃いの映画から、おすすめできる作品を厳選してご紹介いたします。

究極のイケメン俳優レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオは1974年11月11日生まれのアメリカ俳優です。映画プロデューサー、脚本家としても活躍しています。

義兄(父の再婚相手の息子)がCMで収入を得ていたのを見て、俳優になることを志します。10歳の頃からオーディションを受けはじめ、はじめの数年は落ち続ける日々が続きますが、1988年、14歳のころにCM出演したのを契機に、テレビドラマなどにも出演するようになります。

スクリーンデビューは1991年の『クリッター3』で、レオナルド・ディカプリオの名を世界に知らしめたのはデビューから2年後、1993年の映画『ギルバート・グレイプ』。本作でディカプリオは、アカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされます。

1996年のバズ・ラーマン監督の映画『ロミオ+ジュリエット』では主人公ロミオを演じ、ベルリン国際映画祭男優賞を受賞します。続く1997年には世界歴代興行収入第2位の映画『タイタニック』に主演。本作で、ディカプリオは世界的なスターになり、日本ではレオ様と呼ばれるようになりました。

2000年代に入ってからも数多くの話題作に出演。2013年の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を最後に俳優活動休業宣言をしますが、2016年公開の映画『レヴェナント 蘇えりし者』で復帰することが決定しました。

今回は、レオナルド・ディカプリオの数多くの出演映画の中から、おすすめ作品を厳選してご紹介いたします。

レオナルド・ディカプリオ、10代の名演【1993年】

Sakurako_Kita 豪華主役2人!! この時からディカプリオはやはり凄かったんだ♡

なんともいえないけど、外からはわからない家庭のあったかさ。 絆。 を感じるどこかに親近感感じる映画

Keimiyazato 辛い話しな面もあるのに温かくなれる作品 ディカプリオの演技も凄い!ジョニー デップもキャラの強い役よりこっちが好きだな~ 何度も観てしまう名作です。

主演のジョニー・デップが演じるのは生まれ故郷の古びた家に囚われた青年。レオナルド・ディカプリオが演じた知的障害を持つ弟の世話に追われる青年に訪れた一人の少女は、彼にとって転機となります。

出演当時19歳だったレオナルド・ディカプリオはアカデミー賞、ゴールデングローブ賞ともに助演男優賞にノミネートされました。惜しくも受賞は逃したものの、その演技力の高さは非常に高い評価を得ました。

レオナルド・ディカプリオがイケメン。クレア・デインズは天使【1996年】

Riyon_Yamamoto 今も好きだけどこの時のディカプリオが一番かっこいいと思う。クレアデーンズ綺麗すぎ。。透明感半端ない。2人が出会うシーンが素敵すぎる。
achakooooo 大好きな映画。 何度も何度も見た。 レオもクレアもとても綺麗。 映像の色も好き。 音楽も好き。

特徴ある作風のバズ・ラーマン監督が手掛ける映画『ロミオ&ジュリエット』。レオナルド・ディカプリオはロミオ役を演じました。本作はセリフも『ロミオとジュリエット』そのままですが、舞台を現代に移したマフィア同士の争いとして描かれた異色作です。

彼は本作でベルリン国際映画祭の銀熊賞(男優賞)を受賞しました。どの作品よりも王子様的でかっこいい魅力が光る作品だと言えるでしょう。

レオナルド・ディカプリオを世界的にスターに押し上げた、映画史に残る作品【1997年】

Yuriko__Fujishima レオナルドディカプリオ好き好き好き 何回死にそうになって離れかけても、ずっと一緒にいたのがもうキュンキュンした(´;-;`)最後の夢のシーンはなんともいえん…
youming13 レオナルドディカプリオの演技とその美しさに圧巻。綺麗な映画。

実際に起きた豪華客船沈没事故をもとに描かれた作品。アカデミー賞11部門受賞の傑作です。当時世界最高の興行収入となり、『アバター』が超えるまで長らくその座を譲りませんでした。主演を演じたディカプリオはゴールデングローブ賞主演男優賞のドラマ部門にノミネートされました。

レオナルド・ディカプリオ演じた貧しい青年がお金持ちの女性と恋に落ちますが、その恋はタイタニック号の沈没によって悲劇的な結末へと導かれるのです。

大ヒットとなった本作に出演したことで、一気に世界的に名を知らしめました。特に日本においては熱狂的なファンも生み、ハリウッド俳優の中でも代表的なスターとなり「レオ様」の愛称で親しまれました。

ディカプリオとトム・ハンクスの追いかけっこ【2003年】

Teppeyc2Rock スピルバーグ監督の作るエンターテイメントはホントに面白い!! ちょっと時間が長い映画だけど、一切飽きずに最後まで楽しめた^^ トムハンクスもよかったけど、特にディカプリオの生き生きとした演技がとても魅力的でした!
skrkxx レオナルドディカプリオの演技にただ圧倒された。タイタニックでのイケメンな二枚目俳優のイメージが気持ち良く崩されました。

映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は巨匠スティーブン・スピルバーグが監督を務めた、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスのダブル主演です。実在した天才詐欺師フランク・W・アバグネイル・Jrをレオナルド・ディカプリオが演じました。FBI捜査官演じるトム・ハンクスに追われます。

マーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオ!面白くないわけがない!【2006年】

theskinheads 確かこれ香港とか台湾とかの映画のリメイクなんだよね。まぁ、それくらいあやふやなんだけどまず設定が面白い。マフィアが警察に潜入して警察がマフィアに潜入するっていう。つまらないわけないじゃん! それに注目すべきは豪華なキャストよね。ジャック・ニコルソンにマット・デイモン、レオナルド・ディカプリオときやがった。しかも制作に確かブラット・ピットが関わってたと思うんだよね。 それぞれが個性を持ってて最終的にあ、そう終わるんだっていう虚無感を得られる。リメイクされるだけあって原作もよくできてるんだろう。まぁ、たぶん見ないけど
Yuko_Fujiyoshi どんでん返しがよかった。 レオナルドディカプリオが役者としてすばらしい

傑作香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク作品です。ギャングに捜査官として潜入したレオナルド・ディカプリオ演じる男と、警察に潜入したマット・デイモン演じる男が互いに欺き欺き合う抗争を繰り広げます。

作品はアカデミー賞作品賞を受賞するも、ディカプリオはゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネート、英国アカデミー賞主演男優賞にノミネートと惜しくも受賞は逃しています。

レオナルド・ディカプリオが骨太な演技を披露【2006年】

yupiberry シエラレオネの内戦、ダイヤモンドをめぐる紛争、今なお多くいるアフリカの少年兵など、史実をベースにしたストーリーなので、人間の欲深さが恐ろしいほど。 ディカプリオは骨太な役がとてもはまっていた。こういう役はぴったりだと思うし、ヘビーなシーンが多い中、やはり華のある俳優の存在は清涼剤でもある。

ソロモンが街のショーウインドウでダイヤのネックレスを見つめるシーンは哀しかった。 あんなに血を流し、命が奪われ、そんな風に得られた紛争ダイヤモンドが、なにも知らない上流階級の宝飾品としておさまっていく。紛争ダイヤモンド売買が禁止されたのは21世紀に入ってからだとか…利権の争いは醜く恐ろしい。考えさせられる映画。

Kiyomi_Okabayashi ディカプリオ…じゃないと務まらないなぁっていう役柄。 迫害、殺戮、奴隷、洗脳、実際に起こっていると言うことを、全ての人が知らなくてはならないと思う。 みて良かった!

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の第3位、ジャイモン・フンスーが助演男優賞受賞。ディカプリオは本作でもアカデミー賞とゴールデングローブ賞で主演男優賞にノミネートするも受賞までには届きませんでした。

大粒のダイヤモンドが引き起こす騒動を社会的な切り口で描いた名作です。

『タイタニック』で共演したケイト・ウィンスレットと再び【2008年】

Junichi 1950年代のお話。 今居る場所は本当の場所じゃない。 自分はもっと特別な人間で、もっと特別な生き方がある。 と病的なまでに信じてる妻とリアルな世界で打算的な幸せを見つけ、生きる夫。 そんな2人がうまくいくはずもなく、今だったら、価値観の相違別々の道を選べるんだろうけど、それも出来ない時代。

悲しい物語だけど、私は妻よりフランクがかわいそう。 やっぱり、ディカプリオ演技うめぇなぁと思った。 ヒステリックになってしまう夫の心情が痛い。

wiggling レンタルDVDにて。やっと観れた。怖過ぎて過呼吸寸前。『ブルーバレンタイン』再び、というかこっちが先だけど。家庭というものが持つネガティブな要素を極限まで高めました的な。嵐と凪の落差がほんとに凄くて、でも凪の状態でも笑顔を湛えつつ決壊寸前、そのギリギリ感がたまらない。そしてさらに凄いのが、同じような波乱の種が周りの夫婦にも潜んでるのが垣間見えるところ。ラストで老人が補聴器のボリュームを絞って妻の話を遮るシーンに心底震えた。これから結婚しようとしてる人は観ない方がいいんじゃないかな。いや観るべきか。

第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)、第81回アカデミー賞美術賞、衣装デザイン賞しました。レオナルド・ディカプリオ演じるフランクとケイト・ウィンスレット演じるエイプリルは子供にも恵まれ幸せに暮らしていました。しかしその関係は徐々に崩壊していくのです。

ディカプリオの演技と脚本が素晴らしい【2010年】

t1014 【圧巻のラストと見終わっても深まる謎】 どうやって 失踪した女性は 姿を眩ましたのか 主人公(ディカプリオ)と、共に 謎を解くように見いってしまう。 描写はずっと 薄暗く、けれどそれがまた 謎と真実に近づくにつれ恐怖を 一層のもとにする ラストになるにつれ 様々な事が入り乱れて 複雑過ぎる気もするが 見終わっても尚、解けきれぬ部分がある所が また話の種になり 憶測を呼ぶ程の演出!
AkumaS 面白かった! ミステリアスなストーリーと、最後のどんでん返しが面白い。ずーっと物語に引き込まれっぱなし!ディカプリオの演技も凄くいい。鬼気迫る感がヒシヒシと伝わってくる。最後のディカプリオの言葉も凄く良かったです。オススメ。

日本では「衝撃のラスト」という触れ込みで宣伝され、上映前には「この映画のラストはまだ見ていない人には決して話さないでください」「登場人物の目線や仕草にも注目しましょう」というテロップが入りました。

レオナルド・ディカプリオは孤島の精神病院で発生した失踪事件に立ち向かう連邦捜査官を演じました。

クリストファー・ノーラン×レオナルド・ディカプリオ=傑作【2010年】

Chanichz 発想も構成も面白い!複雑な話なので目を皿にする必要あり。でも、それを補うほどの凄さはある。 夢の中の表現が素敵。
69nayuta 夢に入り込むという設定が面白い。ノーランとディカプリオがとにかく好き!

ディカプリオ演じる主人公のドム・コブは企業の要人の夢に忍び込み、アイディアを盗むという特殊な任務に就くスパイです。彼に仕事を依頼し、ともに夢の中に入っていく男を渡辺謙が演じています。

レオナルド・ディカプリオは初の悪役【2012年】

toshibakuon 2時間40分という長さを感じさせない。黒人奴隷制度を扱いムチ打ちなど惨い場面もあるが賞金首ハンターとなり才能を発揮して活躍する。ディカプリオも役柄にピッタリな感じだったしタランティーノらしさが出てる作品だ。後半主人公の復讐劇になりどんどんかっこ良くなる感じだった。
arsktm 奴隷であるジャンゴがドイツ系賞金稼ぎの男とともに奪われた妻を救おうとする話。タランティーノ作品のテンポよく話が進む感じほんと好き。痛快アクション。クスッと笑うようなアホなシーンもあって面白かった。ジャンゴ役のジェイミーフォックスかっこよかったな〜。あと、ディカプリオの初の悪役も見応えあった。

クエンティン・タランティーノ監督による西部劇映画。クリストフ・ヴァルツは2度目となるアカデミー助演男優賞を受賞しました。

今までのディカプリオのクリーンなイメージを払拭する悪役を演じ、大きな話題となりました。

レオ様のうさんくさいギャツビースマイルが最高【2013年】

mayuriiim 大好きな映画の一つ。 1920年代のアメリカが好景気で禁酒でジャスでの時代を代表するFitzgeraldの文学作品。 煌びやかでいて、その中での人の心の揺れと闇と、お金というものへの醜いほどの執着心と欲望。そんな全てをディカプリオのギャツビーは演じきっていて、最高だと思った。 色彩の使い方と音楽がなによりいい!
smgonanape 映像の派手さといい、キャストのキレ、音楽、どれもさいこーだったな。興奮しっぱなし。レオナルド・ディカプリオの胡散臭さとか純粋さとか狂気じみてるとことかの演技も好きだった。

バズ・ラーマン監督作品。本作で使用された衣装・小物類については、女性のドレスをプラダ、女性のジュエリーをティファニー、男性服をブルックス・ブラザーズが提供し話題を呼びました。