2018年1月23日更新

エリザベス・オルセン出演のおすすめ映画&トリビア【「ゴジラ」「アベンジャーズ」に出演!】

©︎Dennis Van Tine/Future Image/WENN.com

双子のオルセン姉妹(メアリー=ケイト&アシュリー・オルセン)の妹、エリザベス・オルセン。本格的なデビューは意外にもニューヨーク大学芸術学部に通い始めてからとのこと。彼女のプロフィールや、出演作、ファッション、面白いトリビアを紹介します。

エリザベス・オルセンのプロフィールをチェック!

エリザベス・オルセンは1989年2月16日生まれのアメリカ女優です。身長は168cm。姉はドラマ『フルハウス』の「オルセン姉妹」として有名なアシュレー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンです。 子供時代から数多くの作品にも出演していたエリザベス・オルセンは、1993年にビデオ作品『Our First Video』でデビューしました。

そして2011年に『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で映画デビューを果たし、30もの賞にノミネートされ、そのうちの10の賞を受賞するというデビュー作での快挙は一躍エリザベスを有名にしました。そして、ゴジラやアベンジャーズといった大作に出演し、女優としての地位を確立していきます。 そんなエリザベス・オルセンの最近の活躍を画像と共に紹介していきたいと思います!

ハリウッド版映画『GODZILLA ゴジラ』にヒロイン役で出演!

1954年、東宝が製作、公開した日本恐竜映画の金字塔『ゴジラ』が、ハリウッドでリメイクされることになり、大きな話題となりました。 2014年に全国公開された、このハリウッド版映画『GODZILLA ゴジラ』に、ヒロインである4歳の男の子の母親エル・ブロディ役でエリザベス・オルセンが出演しています。

2014年に全国公開された、このハリウッド版映画『GODZILLA ゴジラ』に、ヒロインである4歳の男の子の母親エル・ブロディ役でエリザベス・オルセンが出演しています。主演は『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン、そして日本を代表する国際的俳優となった渡辺謙がオリジナル版の精神を受け継ぐ科学者役で出演しています。

他にも、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッド・ストラザーンといった実力派俳優が出演することでも話題となりました。

ゴジラのヒロインという大役を演じることになったエリザベス・オルセンですが、母親役を演じるチャンスであったことがオファーを受けた大きな理由だと語っています。 実際の年齢よりも若く見られてしまうエリザベスオルセンは母親役のオファーが来ることはあまりないため、母親役を演じることができるこの役を得れたことは幸運だったとコメントしています。

スカーレット・ウイッチ役で知名度が急上昇!

興行収入が、全世界で15億ドル(約1600億円突破した2012年の映画『アベンジャーズ』の続編『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』。

本作でエリザベス・オルセンがテレキネシスとマインドコントロールの能力を持ったミュータント、スカーレット・ウィッチを演じました。

脚本、監督はジョス・ウィードン。出演は、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソンジェレミー・レナーコビー・スマルダーズ、サミュエル・L・ジャクソンら、豪華キャストが集います。

ゴジラ・アベンジャーズで共演の「アーロン・テイラー=ジョンソン」との仲は?

エリザベス・オルセンはゴジラ、アベンジャーズで共演している、アーロン・テイラー=ジョンソンととても仲がいいと明かしています。 オルセンがヒロインを演じたゴジラのインタビューで、撮影現場での様子を聞かれた2人は、国籍は違うけどとても気が合うと述べており、アーロンは彼女以上に仕事しやすい人はいないと語っています。 一方エリザベスは、イギリス人であるアーロン・テイラー=ジョンソンのことを「国柄なんだろうけど、礼儀正しすぎて、いつも謝っていて可笑しいわ」ともコメントしており、そこがお互いの違いだと語っています。

エリザベス・オルセンが女優として転機を迎えた作品!

彼女の女優人生を大きく変えることになったのは『マーサ、あるいはマーシー・メイ』への出演です。カルト教団から逃げ出し、普通の生活に戻ろうとするが、カルト教団での過去との葛藤に悩むマーサを熱演しました。この映画でエリザベス・オルセンは数々の賞を受賞し、一気に女優としての知名度を上げることになりました。

名作韓国映画のリメイクにも出演!

2013年には『オールド・ボーイ』というスリラー映画に出演しました。2003年に韓国で公開されたオールド・ボーイのリメイクである本作では、マリー・セバスチャンという役を演じ、サミュエル・ジャクソンやジョシュ・ブローリンなどと共演を果たしています。

人気歌手の失意の妻役

アメリカを代表するカントリー歌手、ハンク・ウィリアムズの伝記映画です。メガホンをとったのは、プロデューサーとして有名なマーク・エイブラハム。 1940年代のカントリー・ミュージック界で認められたハンク・ウィリアムズ(トム・ヒドルストン)は、順風満帆の日々を送っていました。一緒にステージに立っていたオードリー(エリザベス・オルセン)との間に子どもができ、まさに幸せの絶頂。 ところが、仕事に追われるハンクは酒と女に溺れていき、2人の間は冷めていきます。エリザベス・オルセンが失意の妻を熱演です。

伝説の超能力者がカムバックした理由とは!?

本作の監督、ロドリゴ・コルテスはスペイン人で、ライアン・レイノルズを主演に迎えて撮った『[リミット]』(2010)が、サンダンス映画祭で高く評価されました。 物理学者マーガレット・マシスン博士(シガニー・ウィーバー)は、助手のトム・バックリー博士(キリアン・マーフィー)とともに、超能力を科学で解明しようと試みています。そのプロセスで「偽・超能力者」を暴いてしまう事態も。 伝説の超能力者、サイモン(ロバート・デ・ニーロ)が復帰するという噂が流れます。マーガレットにはサイモンの嘘を暴こうとして失敗した、苦い過去があったのです。そして……。 エリザベス・オルセンの役どころは、トムが好意を寄せる学生です。

アベンジャーズが真っ二つに割れる

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)の1年後を舞台とする作品。従来のメンバーにプラスして、アントマン、スパイダーマンが登場しました。 ウルトロンとの戦いで多くの一般市民が犠牲になったことを発端に、アベンジャーズを国連の管理下に置く「ソコヴィア協定」なる計画が浮上します。トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)らはこれに賛同しますが、スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)らは署名を拒否するのです。 キャプテン・アメリカvsアイアンマンという内戦(シビル・ウォー)が勃発します。エリザベス・オルセンが演じるワンダは、キャプテン・アメリカ側に付くのですが、ウィンター・ソルジャーことバッキーも参戦して、事態は混迷を極めるのです。

アベンジャーズと最強ヴィラン、サノスの戦いがついに勃発!

「アベンジャーズ」シリーズとしては第3作、マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズとしては第19作にあたります。 お馴染みのメンバーに加えて、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの面々(クリス・プラットやゾーイ・サルダナら)や、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)らの名前も。 さらには、『アベンジャーズ』(2012)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)にも登場していた、サノス(ジョシュ・ブローリン)が満を持して現れるようです。 スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)らは、このスーパーヴィランとどのように戦うのでしょうか? 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日公開です。

エリザベス・オルセンはファッションセンスも話題に!

女優としてだけでなく、彼女のファッションスタイルやヘアスタイルにも注目が集まっています。 雑誌やメディアでも話題ですが彼女のファッションをお手本にする一般のティーンも数多く存在します。

映画祭などでは、彼女のファッションも毎回個性的で、メディアも作品自体ももちろんですが、彼女のファッションやヘアにも注目が集まっています。

エリザベス・オルセンの彼氏はトム・ヒドルストン???

A huge thank you to @gucci. I'm very grateful to have your partnership and support. Photo by @nathanielgoldberg for @gq

Tom Hiddlestonさん(@twhiddleston)がシェアした投稿 -

エリザベス・オルセンは「アベンジャーズ」のロキ役で知られるトム・ヒドルストンとの交際が噂になっています。

過去にはこちらもアベンジャーズで共演したクリス・エヴァンズとの熱愛も報じられたオルセンですが、『I Saw the Light(原題)』で共演したことトム・ヒドルストンとの熱愛報道も浮上しています。しかし、本人は友達同士だと否定しており、「映画で共演した友人の一人」と語っています。 エリザベス・オルセンの彼氏は一体誰なんでしょうか?

ファン必見のエリザベス・オルセンのトリビアまとめ!

エリザベス・オルセンが女優になったきっかけは?

エリザベス・オルセンはミシェル・ファイファーから大きな影響を受けたようで、彼女がいなかったら女優にはなっていなかったとのことで、ミシェル・ファイファーが主演の「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」は彼女の人生を変えた一本だということです!

学生時代には名前を変えていた?

エリザベス・オルセンには「フルハウス」で活躍した双子である姉のアシュレー・オルセンとメアリー=ケイト・オルセンがいます。 彼女は自分自身の道を歩きたかったという理由で、姉たちとは違う、「チェイス」という苗字を名乗っていました。

バレエのレッスンから追い出された?

バレエのレッスンを習っていたことに驚きはありませんが、追い出されてしまったということには驚きがあります。 とてもバレエが上手で才能があったとのことですが、出席回数はひどかったそうです。撮影などの仕事で忙しかったためではありますが、先生は怒って、辞めさせてしまったそうです。。。

2004年に女優をやめようとした?

2004年に姉のメアリー・オルセンが拒食症を患った際には本気で女優をやめようとしたと語っています。 メディアが私の姉のことを悪く言った時には本気で女優をやめることを考えたわ。どこにでも付いてくるパパラッチを見て、こんなことが私の人生の一部であって欲しくないと思った

スパイキッズのオーディションに落ちていた

2001年に公開された「スパイキッズ」のカルメン・コルテスは、アレクサ・ヴェガが結局は演じることになりましたが、エリザベスオルセンもこの役を狙っていました。

この映画に受かっていたら、彼女は今以上の活躍があったのでしょうか?それとも、今のような活躍はなかったのでしょうか?

エリザベス・オルセンは今後も期待!

エリザベス・オルセンは2016年4月29日公開の『キャプテン・アメリカ: シビル・ウォー(原題)』への出演も決定しています!アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロンで演じたスカーレット・ウィッチ役を再演することになります。 ロボットを相手にした前作よりも、人間らしくダークで深いストーリ展開になる本作は、最高の作品になると語っています。 その他には、2015年11月27日にアメリカで公開される「I saw the light(原題)」でも主演を務めており、今後の活躍に期待です!