Euan Cherry/WENN.com

デイジー・リドリーについて知っておきたいこと【スター・ウォーズ】

2017年12月7日更新

デイジー・リドリーがレイ役に抜擢された経緯やトリビア、そして主な出演映画など、彼女の全てをまとめました。「スター・ウォーズ 」でヒロインのレイという大役を与えられた女優デイジー・リドリーとは何者なのでしょうか?

「スター・ウォーズ」のレイ役、デイジー・リドリーとは

デイジー・リドリーは1992年生まれで5人兄弟末っ子イギリスのウエストミンスター出身の女優です。

2013年にイギリスのTVシリーズ『Younger』でデビューし、他にも『Casualty』、TVシリーズ『Toast of London』や『法医学捜査班 silent witness』などにゲスト出演。短編映画『Blue Season』『Lifesaver』などに出演します。インディーズのホラー映画『Scrawl』で長編作品デビューを果たしました。

デイジー・リドリーの身長や体重は?

日本でも人気急上昇中のデイジー・リドリー。「スター・ウォーズ」シリーズではたくましい肉体を披露していますが、身長や体重がどれぐらいなのか気になるところではないでしょうか? 映画では長身の俳優と共演することも多く、その背の高さを実感しづらいかもしれませんが、身長は170センチと公表されています。体重は役作りのために変動することもあり、公表されてしませんが、普段はスレンダーでモデル並みのスタイルの良さを誇っているようです。

スターウォーズ、レイ役に大抜擢された新人女優

旧三部作においてはルーク・スカイウォーカー、新三部作においてはアナキン・スカイウォーカーが務めた主役のポジションを『スターウォーズ 7』においてはレイが務めました!

『スターウォーズ フォースの覚醒』主人公レイの役どころを紹介!

デイジー・リドリー演じるレイは、砂漠の惑星ジャクーで家族を待ち続ける孤独なヒロインという設定です。レイは子供の頃にこの惑星に置き去りにされ、その後は廃品を売って小銭を稼ぎながら孤独に生きることになります。 そして、ルーク・スカイウォーカーの居場所を記す鍵を握るBB-8と出会い、レジスタンスの元へ連れていくためにジョン・ボイエガ演じるフィンと宇宙に出て自分の運命に引き込まれることになる、スターウォーズのメインヒロインです。

『フォースの覚醒』はデイジー・リドリーにとって「家族の物語」

過去6作品を通して家族の絆を描いてきたスター・ウォーズシリーズのテーマは、今作にも受け継がれているとデイジーリドリーは語ります。 『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』には新旧のキャスト陣が集結することでも話題となっています。それについて「懐かしいキャスト達と新しいキャスト達の両方と同じ場所にいられるなんて私は幸せ。誇りに思うわ」とデイジー・リドリー話しています。 公開前にはハン・ソロとレイア姫の子供ではないかという噂が立っていましたが、公開と同時に真相が明らかにされることになります!レイの家系については次で紹介します!

【ネタバレあり】レイの正体とレイの父親の正体とは?

12月18日に『スターウォーズ7 フォースの覚醒』が公開され、多くの真相が明らかにされました。中でも、レイの正体は謎に包まれていましたが、今回ルーク・スカイウォーカーの娘であるのではないのかと本作でほのめかされました。 実際、ルークとの子供かということ明言されていませんが、レイは父親から譲り受けた強力なフォースとたぐい稀な飛行技術を本作で披露しており、ルークが父親だということがかなり有力です。また本作の悪役として登場するカイロ・レンはレイアとハン・ソロから生まれた子どもであるため、従兄弟にあたることになります。

レイが持っていた棒は結局なんなの?

レイが作中で常に持ち歩いていた大きな棒がなんであるか、直接的な言及はありませんでしたが、パンフレットによると「クォータースタッフ」という武器の一種であるようです。レイが廃物をサルベージしたもののようです。

デイジー・リドリーがレイ役に選ばれた理由とは?

#StarWars #SpotlightOfTheWeek - Rey: she's stronger than she knows. #TheForceAwakens #movie #movies

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

オーディションでデイジー・リドリーを見たプロデューサーのキャスリーン・ケネディは、彼女からお母さんやお姉さんに対する深い愛情、思いやりを強く感じ、レイ役にピッタリだと感じたと述べています。また彼女のことを「サバイバー」だと呼ぶ程、力強さ、自信の満ちあふれていると語っているのです。 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス監督は、ヒロインはあらゆることをすべてこなす能力のある女優にしたいと考えていたそうで、デイジー・リドリーを見つけた時はまさにぴったりだと思ったとのことです。 今回、アクションシーンに初挑戦したデイジー・リドリー。3ヶ月に及ぶ厳しいトレーニングで自分を追い込み、撮影を乗り切ったそう。撮影初日には、あまりのプレッシャーからパニック発作にも襲われたそうです。この「スター・ウォーズ」シリーズにキャストとして参加することの凄さ・厳しさが分かるエピソードですね。 女優歴はまだ浅い無名のイギリスの新人女優がいきなりスター・ウォーズ最新作のレイ役に抜擢されるという素晴らしい可能性を秘めた女優です。原石のような彼女の演技と可能性を秘めた演技に注目ですね。

デイジー・リドリーのその他出演作品

Wileyのミュージックビデオにも出演

新人女優とは言え、前述の通り全くキャリアがなかったわけではありません。 イギリス人ラッパーWileyが2013年に発売したシングル「Lights On」のミュージックビデオにも出演しています。

ジブリアニメ『おもひでぽろぽろ』の英語版声優に

1991年に公開されたジブリアニメ『おもひでぽろぽろ』が2016年に北米で公開されることが決定。主人公タエ子の声をデイジー・リドリーが担当することになりました。

見事な筋肉はトレーニングの賜物!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』デイジー・リドリー
(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

「スター・ウォーズ」シリーズで見事な筋肉を披露しているデイジー・リドリー。その見事な筋肉はデイジー・リドリーのレイ役を見事に演じるための、過酷なダイエットとトレーニングの賜物でした。 レイ役を獲得してから、デイジー・リドリーはスクワットやベンチ・プレスを中心としたトレーニングを日々行い、また食事はアスリートのように、タンパク質や野菜を中心としたメニューを1日5回に分けて取ったと言われています。そしてこのダイエットとトレーニングにより体の余分な脂肪分を減らし、代わりに筋肉を増やしていき、そしてスクリーンで披露した見事な筋肉質の身体となったのです。

豪華俳優陣が集結した『オリエント急行殺人事件』に出演!

イギリスを代表するミステリー作家アガサ・クリスティの「オリエント急行の殺人」。 本作品は1974年に『オリエント急行殺人事件』として映画化され、映画は数多くの賞を受賞またはノミネートされた作品です。そして40年以上もの月日を経て、2017年にイギリスを代表する俳優ケネス・ブラナー監督主演で再度映画化されました。 本作にデイジー・リドリーはオリエント急行に乗り合わせる家庭教師メアリ役で出演しています。 『オリエント急行殺人事件』の舞台は1930年代初頭のヨーロッパ長距離夜行列車内。銀河系で活躍するレイ役とは全く違った雰囲気のデイジー・リドリーを『オリエント急行殺人事件』で堪能できること間違いありません。