くまのプーさんについてあなたが知らない15の事実

2017年7月6日更新

ディズニーアニメ史上最強の癒し系キャラクター”くまのプーさん”には今まであまり知られていなかった裏話や設定がたくさん隠されていました。今回はくまのプーさんについてあなたが知らない15の事実を紹介します。

1.クリストファー・ロビンは実在の人物!?

くまのプーさん

プーさんを生み出したクリエイター“A・A・ミルン”にはクリストファー・ロビンという名の息子がいました。その息子が所有していたぬいぐるみがミルンにインスピレーションを与えて『くまのプーさん』のストーリーが生まれたと言われています

2.プーさんがクリストファー・ロビンに贈られた日!?

くまのプーさん

プーさんのモデルとなった人形はクリストファー・ロビンの初めての誕生日(1921年8月21日)に贈られました。

3.ハリウッドに名前が刻まれている!?

くまのプーさん

出典: metro.co.uk

プーさんの名前はハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに刻まれています。プーさんを含めて名前が刻まれたフィクションキャラクターは今までに16しかありません。

4.プーさんの住む森は実在する!?

Winnie-the-Pooh-Wallpaper-winnie-the-pooh-8317403-1024-768

出典: ja.fanpop.com

物語の舞台“ハンドレッド・エーカー・ウッド”はイギリスのイーストサセックスに位置するアッシュダウンフォレストがモデルになっています。

5.イギリスのプーさん奪還計画!?

くまのプーさん

1998年、イギリス労働党のグウィネス・ダンウッディはクリストファー・ロビンが所有していたオリジナルのおもちゃをイギリスに取り戻す運動を起こしましたが失敗に終わりました。

6.プーは白鳥の名前!?

くまのプーさん

現実のクリストファー・ロビンはロンドン動物園で見たウィニーという名のクマとプーという白鳥から、自らのテディベアにウィニー・プーと名付けたそうです。

7.オウルとラビットは例外!?

くまのプーさん

プーの他にもピグレット、ティガーなどほとんどのキャラクターはクリストファー・ロビンのおもちゃにつけられた名前が由来でした。しかし、オウルとラビットはイラストレイターによって名付けられたそうです。

8. 図書館にオリジナルのぬいぐるみが展示されている!?

800px-The_original_Winnie_the_Pooh_toys-500×375

ニューヨーク公立図書館に『くまのプーさん』のキャラクターのモデルとなったぬいぐるみが展示されています。残念ながらルーのぬいぐるみは紛失したため、展示されていません。

9.原作本が記録的ヒット!?

くまのプーさん

出典: metro.co.uk

『くまのプーさん』の原作本は世界中で様々な言語で翻訳されるなど大ヒットを記録。1958年、ラテン語バージョンの『くまのプーさん』が英語以外の言語本で史上初めてニューヨークタイムズのベストセラーリストに掲載されました。

10.クリストファー・ロビンはいじめられていた!?

くまのプーさん

出典: collider.com

『くまのプーさん』がベストセラーになったことで現実のクリストファー・ロビンは学校でからかわれることが多々あり、父親に幼少期を台無しにされたと思っているそうです。

11.プー棒投げ大会!?

pooh-900×600

くまのプーさんが考え出した遊び“プー棒投げ”の選手権が毎年6月オックスフォードで開催されているそうです。

12.120万本!?

くまのプーさん

出典: metro.co.uk

1968年の短編『プーさんの大あらし』という作品で、ディズニーのアーティストたちは約120万本の鉛筆を使いおよそ10万枚のキャラクターの作画を描いたそうです。