アニメ『夏目友人帳』第1期~第4期までを徹底紹介!【第5期も放送決定!】

2017年11月2日更新

おすすめのエピソードを個人的な視点で選び、その理由や内容を簡単に説明して行きます。載せきれないエピソードもたくさんありますが、気になった方はこの機会にぜひ再び夏目友人帳を観てみてはいかがでしょうか?

第5期の放送が決定した『夏目友人帳』の魅力とエピソードを紹介

2016年秋頃に第5期の放送が決定した『夏目友人帳』、妖たちと人間の淡い絆を描いたストーリーに感動しっぱなしのアニメですが、その中から切ないエピソードや見所をシリーズごとに厳選して紹介していきます。

第1期『夏目友人帳』(2008年7月~9月放送)

幼い頃に両親を亡くした主人公の夏目貴志は、「妖」が見えてしまうがゆえに気味悪がられ、親戚のもとをたらい回しにされていました。

そして遠縁の親切な藤原夫妻によって引き取られた先で、夏目は妖たちに追いかけられるうちに神社の祠の封印を解いてしまい、そこから現れたのが夏目の祖母レイコを知るニャンコ先生でした。

そこから祖母の遺品の「友人帳」にある妖怪たちの名を解放する日々が始まります。

第1期は全部で13話の構成になっており、第1話の「猫と友人帳」では夏目の生い立ちとニャンコ先生との出会いが描かれます。

第1期でおすすめの切ないエピソード

・第2話「露神の祠」   

友人帳に名のあった小さな神「露神」に名を返すストーリー。信仰の廃れとともに衰えてしまった神様と、その神様を唯一信仰していた1人の女性との繋がりが、暖かくも切ないです。

・第4話「時雨と少女」 

妖の噂のある旧校舎で肝試しをすることになった夏目たち。同級生の少女が見た妖、時雨との淡い恋心のようなやりとりが描かれます。

・第6話「水底の燕」  

かつてダムに沈んだ村で命を落とした燕の妖は、どうしても一目会いたい人がいました。夏目たちの力を借りて、さみしい思いから妖になってしまった燕が想いを果たす姿に胸を打たれます。

・第8話「儚い光」   

蛍を見にやってきた貴志たちはそこで1人の男性と出会います。彼はかつて妖が見えたもののある日突然妖が見えなくなってしまいーー。妖と人間の脆い繋がりと、夏目とニャンコ先生との絆が観られます。

・第10話「アサギの琴」 

病により体を壊した「アサギ」を守る妖「アカガネ」とのエピソードが語られます。切なくも希望のある終わり方と、女性の妖のアサギに乗り移られた夏目が面白い回です。

新たな登場人物の出る回とおすすめエピソード

・第3話「八ツ原の怪人」  

夏目の友人、田沼要の登場回です。同じく妖に悩まされていた田沼と夏目のぎこちない友情の始まりのエピソードです。

・第7話「子狐のぼうし」  

妖たちにいじめられていたところを助けてもらった子狐が、ひとりで街に出て奮闘する様子が描かれます。ときどき登場する人気キャラクターの子狐です。

・第9話「あやかし祓い」  

人気俳優として知られる名取周一、その裏では「あやかし祓い」として活動していました。柊という妖と、夏目が初めて妖のことがはっきり見える人間と出会った回です。

・第13話「秋の夜宴」   

第1期の最終話では、友人の田沼にニャンコ先生が妖であることを知られてしまい、友人を妖の世界の危険から遠ざけたいために悩む夏目の姿が丁寧に描かれます。

第2期『続 夏目友人帳』(2009年1月〜3月放送)

冬季に放送された第2期では、冬の季節から春への移ろいを描いたエピソードが中心です。

祖父から妖を見る方法を教わった少女「多軌透」やニャンコ先生そっくりの黒ニャンコなどが登場(第1話「奪われた友人帳」)します。

第2期でおすすめの切ないエピソード

第2話「春に溶ける」

1対の守り神のうち、1体だけがある憎しみのあまり悪霊と化してしまい、それを解放しようとする片割れの妖の気持ちが切ないです。

第4話「雛、孵る」

藤原夫妻に引き取られた夏目の想いと、軒先の巣に最後まで一つだけ残されていた卵から孵った雛とのやりとりを中心としたエピソードです。

第8話「不死の想い」

人魚の血は不老不死を齎す、そんな伝説を信じた少女と人魚のやりとりが切なくも温まる話です。

新たな登場人物の出る回とおすすめエピソード

第6話「少女の陣」

妖は見えないものの、妖たちに理解のある同級生の女の子、多軌透の登場回です。ちょっとホラーテイストの内容です。

第10話「仮家」

夏目の祖母、レイコが登場する回です。実は夏目を預かってくれた藤原夫妻の夫・滋は昔レイコと会ったことがあり、そのエピソードが描かれています。

第11話「呪術師の会」

妖を憎むように使役する「的場」一族が登場します。妖を見ることのできる同じ力を持っていても、異なる方針を持つ呪術師たちの存在を夏目は知ることになります。

第3期『夏目友人帳 参』(2011年7月〜9月放送)

第3期では妖たちをものとも思っていない祓い屋の「的場静司」が登場します。第3期からは、1話完結の夏目友人帳では珍しく、3話連続のエピソードがあります。

第3期でおすすめの切ないエピソード

第3話「偽りの友人」

かつて夏目と同じ小学校だったという柴田と遭遇した夏目は、柴田の好きな人が妖かどうか確かめるように頼まれます。妖と人間の切ない恋模様が描かれた回です。

第12話「帰る場所」

夏目がなぜ親切な藤原夫妻に引き取られることになったのかが判明するエピソードです。夫妻と夏目の優しさに胸が打たれます。

新たな登場人物の出る回とおすすめエピソード

第7話「祓い屋」

妖を払う、祓い屋の「的場静司」が初登場するエピソードです。

第8話「子狐のとけい」

的場から受けた傷を心配した夏目が薬草を取りに行った先は、子狐の居る里でした。可愛い子狐が再登場します。

第9話~第11話

1話完結の多い夏目友人帳では珍しい3話連続の話です。田沼と多軌、夏目の3人の友情が見られる回です。

第13話「夏目遊戯帳」

妖たちとの影ぶみ鬼をする回です。和気藹々とした雰囲気に和むこと間違いなしです。

第4期『夏目友人帳 肆』(2012年1月〜3月放送)

後半は夏目の出生や過去のエピソードが多く語られ、涙なしでは観られない展開です。

第4期でおすすめの切ないエピソード

第11話 「一枚の写真」 第12話 「記憶の扉」 第13話 「遠き家路」

こちらは3話連続のエピソードで、夏目の実の両親のエピソードど現在の夏目の心境が表されています。

第11話では、かつて両親が住んでいた家に買い手がつき、手放すことになったと聞いた夏目は、ようやく決意をしてある写真を見られるようになりました。

それは両親の写真であり、そこから夏目は過去の家を一目見て置こうと生家を訪ね、辛い過去を見つめることになります。さみしいという気持ちがとんでもなく切ない、今の夏目の環境ができてよかったと痛感するエピソードです。

新たな登場人物の出る回とおすすめエピソード

第6話 「硝子のむこう」

妖の力でガラス瓶に閉じ込められた夏目と、夏目に化けるニャンコ先生の姿が見られるエピソードです。

第7話 「人と妖の間(はざま)で」

「硝子のむこう」の続きで、ガラス瓶に閉じ込められた夏目を救おうとする田沼と名取が登場します。

続きは第5期で

アニメで第5期まで作成されるのは驚異的な人気ですが、『夏目友人帳』ならそれも納得です。

第5期ではどんなエピソードが語られるのでしょうか?秋頃が待ち遠しいですね!