おすすめハーレムアニメランキングトップ25

2017年5月12日更新 472883view

美女に囲まれライバルもおらず、ただ一人の男性主人公が複数の美女から言い寄られるという身勝手な妄想を様々な角度から表現する、一大ジャンルとなった「ハーレムもの」。今回はアニメに特化し、ランキング形式で15本の作品をご紹介します!

おすすめハーレムアニメをランキング形式で紹介!

化物語

男性キャラクターの周囲に何故か美少女や美女が沢山いるというとてもうらやましいハーレムもの。魅力的な女性達に囲まれてちやほらされまくるというのは、誰でも一度は憧れてしまうものですよね。

主人公がさしたる努力をせずとも、多種多様な美女にモテまくるという欲望を叶えてくれる「ハーレムもの」のアニメから、選りすぐりの15本をランキング形式で紹介します!

25位『モンスター娘のいる日常』

オカヤドによる同名漫画を原作とする、2015年7月から2ヶ月間放送された作品です。

「他種族間交流法」が制定されたことにより、他種族との交流が始まった現代日本が舞台です。主人公・来留主公人(間島淳司)は、ひょんな間違いによりラミアの少女・ミーア(雨宮天)をホームステイさせる事になってしまいます。

それをきっかけに様々な種族の少女をホームステイさせる事になり、文化や生態の違いに悪戦苦闘するドタバタラブコメディです。

24位『六畳間の侵略者!?』

健速著の同名のライトノベルが原作で、2014年7月から2014年9月まで放送された作品です。

一人暮らしをなんと高校入学時からすることになった里見孝太郎(中村悠一)は、幽霊が出没するという理由から、敷金礼金無し、その上家賃5000円の築25年ぐらいの格安物件・ころな荘106号室へ引越しします。

入学式の夜、孝太郎の前に噂の幽霊・東本願早苗(鈴木絵里)が現れ106号室から出ていくよう言われ、翌日には106号室の窓から自称魔法少女の虹野ゆりか(大森日雅)が、その翌日には畳の下から地底人の末裔キリハ(田澤茉純)が、そのまた翌日には宇宙人の皇女ティアミリス(長縄まりあ)が、それぞれ106号室を占拠すべく乱入し、激安物件を守るべく奮闘するラブコメディです。

23位『最弱無敗の神装機竜』

明月千里による同名のライトノベルを原作とする、2016年1月から2016年3月まで放送された作品です。

5年前、クーデターとある人物によって長年におよぶ圧政を敷いたアーカディア旧帝国は滅ぼされ、その後アティスマータ新王国が誕生しました。

亡国の皇子であるルクス・アーカディア(田村睦心)は旧帝国の罪を新王国の国民たちの様々な雑用をする事で償う生活をしていましたが、ある日ひょんな事から新王国の王女であるリーズシャルテ・アティスマータ(Lynn)と機竜による決闘をする事になります。

模擬戦では無敗を誇るものの勝利したこともないという「無敗の最弱」と呼ばれていたルクスは、その一戦でリーズシャルテに気に入られ、女の子しかいない機竜使いの学校、王立士官学園に入学することになる王道ファンタジーです。

22位『魔装学園H×H』

久慈マサムネによる同名のライトノベルを原作とする、2016年7月から2016年9月まで放送された作品です。

異世界から魔導兵器と呼ばれる侵略者が襲いくる世界で、人類は世界各地に作られた海上フロートに避難し、反撃を狙っていました。

そんな中、飛騨傷無(赤羽根健治)はエッチな行為をすることにより、女の子のパワードスーツ・魔導装甲の能力を飛躍的に高める特殊能力「接続改装」を持っており、その能力を見込まれ姉に日本フロートの戦略防衛学園アタラクシアに呼ばれ、世界を守る戦いに巻き込まれていきます。

21位『トリニティセブン』

原作・サイトウケンジ、作画・奈央晃徳による漫画を原作とする作品で、2014年10月から2014年12月まで放送されました。

ある日、春日アラタ(松岡禎丞)と従兄妹である春日聖(諏訪彩花)の日常生活が、「崩壊現象」という謎の現象で崩れ去ってしまいます。

アラタは行方不明になった聖を探す為、魔導学園王立ビブリア学園に入学し、学園にいるそれぞれの罪(テーマ)を極め、秘奥義(ロスト・テクニカ)を習得した7人の美少女魔導士「トリニティセブン」と共に「崩壊現象」の謎に挑んでいく学園ラブコメディです。

20位『彼女がフラグをおられたら』

竹井10日による同名のライトノベルを原作とする、2014年4月から6月まで放送された作品です。

他人のフラグを視覚的に見たり操作したりできる能力を持った少年、旗立颯太(逢坂良太)は、他人と深く関わらないようにしながら暮らしてきましたが、都内屈指の名門である旗ヶ谷学園に転校してきてから、彼に興味を持った女の子たちと、元々彼一人であった男子寮「クエスト寮」で過ごすうちに徐々に心を開いていく学園ラブコメです。

19位『ニセコイ』

古味直志による同名漫画を原作とする作品で、第1期が2014年1月から2014年5月まで、第2期が2015年4月から6月まで放送されました。

地元でも有名なヤクザ「集英組」組長の一人息子である一条楽(内山昂輝)は、転校生でギャング「ビーハイブ」のボスの一人娘である桐崎千棘(東山奈央)と最悪の出会い方をした後、お互いの親から頼まれ、お互いの家同士の抗争を止める為、高校生活の三年間、恋人のふりをすることになってしまいます。

そこに楽の片思いの相手、小野寺小咲(花澤香菜)や、「ビーハイブ」の構成員で千棘の側近である鶫誠士郎(小松未可子)などを巻き込んだ王道学園ラブコメディです。

18位『ハンドレッド』

原作は箕崎准によるライトノベルで、2016年4月から2016年6月まで放送された作品です。

謎の地球外生命体サベージの襲撃を受ける人類は、同じく地球外の隕石から生み出された力であるハンドレッドで対抗していました。

そんなハンドレッドを操る武芸者(スレイヤー)を育成する機関の海上学園都市リトルガーデンに入学することになった如月ハヤト(長谷川芳明)は、ルームメイトのエミール・クロスフォードらと共に、人類を守る為戦い抜いていく学園バトルラブコメです。

17位『GJ部』

新木伸による同名のライトノベルを原作とする、2013年1月から2013年3月まで放送された作品です。

GJ部という活動内容不明の部でマイペースに活動する四宮京夜(下野紘)、天使真央(内田真礼)、皇紫音(三森すずこ)、天使恵(宮本侑芽)、綺羅々・バーンシュタイン(荒川ちか)の5人を中心に描いていく日常系学園ストーリーです。

16位『アイドルマスター』

アイドルマスター

バンダイナムコゲームスによる同名のゲームを原作とする、2011年7月から12月まで放送された作品です。

雑居ビルの3階にある事務所「765プロダクション」にはアイドルの卵である候補生たちが多く在籍しています。そんな彼女たちが一人前のアイドルに成長していく物語で、個性的で魅力的なアイドルたちが登場します。

内容はゲームの設定を押さえつつアニメ版独自のストーリーになっていて、ゲームをプレイしていない人でも楽しめる作品になっています。

15位『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』

春日部タケルによる同名ライトノベルを原作する、2013年10月から12月まで放送された作品です。

茨城県水戸市に住む高校生の甘草奏(豊永利行)は、変態的行動を示す選択肢が現れ、選択して実行しない限り消えない呪い「絶対選択肢」によって行動を支配されるせいで、イケメンにも拘わらず「お断り5」なる称号を与えられるほどモテない毎日。

呪いを解くカギである神の僕(しもべ)ショコラとの出会いを機に、呪いを解かんとあがく奏でしたが…。

恋愛シミュレーションゲームの選択肢をネタとして取り入れているだけあり、有名ゲームのパロディネタが随所に登場する部分にも注目です。