日常系アニメおすすめランキングトップ50【ほのぼのゆるゆる】

2017年7月6日更新

世知辛い日々を一生懸命に生きているお疲れ気味の現代人。そんな我々に数々の癒しを与えてくれるのは、穏やかな時間やたくさんの笑いを提供してくれる日常アニメでしょう。今回はそんなおすすめ日常アニメをランキング形式で紹介していきます!

癒しを求める日々にぴったりのおすすめ日常系アニメランキング

あたしンチ

疲れていると、なにもする気が起きない。そういうことってありますよね? 動かなければと思いつつもなにも出来ず、寝て起きてを繰り返す日々。そこから抜け出す切っ掛けとなるのは、自分を癒してくれる存在でしょう。

そこで今回は、心を癒して明日への活力を生み出す、魅力的な日常系アニメをおすすめ順で27作品紹介していきます。

思わず応援したくなる!等身大のローカルアイドル「流川ガールズ」

50位『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた』(2014年7月~9月 放送)

市役所に勤務する叔父に半ば脅されるように流川市のローカルアイドルとして活動することになった奈々子。当初嫌がっていた奈々子も、町興しの旗頭である「ろこどる」というポジションに面白味を覚え真剣に取り組むようになるのでした。

時給1000円で働く「流川ガールズ」の奈々子と縁。ゆるキャラ「魚心くん」の中の人、ゆいとみらい。等身大の女子高生たちが奮闘する姿に思わずエールを送りたくなります。

社会人1年生!憧れのゲーム会社に就職した青葉のほのぼの奮闘記

49位『NEW GAME!』(2016年7月~9月 放送)

憧れのゲーム会社に就職した主人公・青葉。敬愛する八神コウのチームでキャラクターデザインに携わり、最終的に商品となって陳列されるまでを青葉目線で追いかけます。

社会人になれば誰もが体験する初出勤、初めての飲み会、初月給、初めて尽くしの日々。不安と期待の入り混じった新米を先輩社員が優しく見守ってくれます。

おっとり系魔女の真琴と青森県弘前市の大自然に心癒されます!

48位『ふらいんぐうぃっち』(2016年4月~6月 放送)

「15才になったら家を出る。」古くからの伝承に従い、使い魔のチトと共に東北にある親戚の家に居候することになった新米魔女の真琴。

原作者・石塚千尋の故郷でもある青森県弘前市の雄大な風景と真琴のおっとりとした性格が相まって思わずほっこり!第2期の制作を待ち望む声も数多く寄せられています。

目指せ!全国大会。北宇治高校吹奏楽部

47位『響け!ユーフォニアム』(2015年4月~6月、2016年10月~12月 放送)

原作は武田綾乃が大学在学中に発表した同名小説。京都アニメーション制作、『涼宮ハルヒの憂鬱』の石原立也が監督、『けいおん!』の山田尚子がシリーズ演出に当たるという豪華ラインナップで挑みました。

かつて強豪校として名を馳せた北宇治高校吹奏楽部に入部することになった主人公・久美子。新しく顧問となった滝指導の下、部員たちは全国大会出場を決意しました。小中学校時代、吹奏楽部に所属していた武田綾乃がリアルな吹奏楽の現場を描いています。

数々の苦難を乗り越え夢へ向かって突き進む部員たち。練習を重ねる毎に上達していく演奏にも注目です!

性格は違っても気の合う男子高校生4人組の恋や友情を描く日常系コメディ

46位『虹色デイズ』(2016年1月~6月 放送)

乙女男子の夏樹、ドSの恵一、チャラ男の智也、オタクの剛。性格は違うけれど何故か気の合う4人組の友情と恋愛を描いています。

原作は水野美波による同名漫画。少女漫画には珍しく男子高校生を主人公にしていますが、夢見がちだったり下ネタに顔を赤らめたりする乙女チックなキャラクターに設定しているので違和感を感じません。仲良し4人組のコメディ要素を絡めたやり取りにほのぼのさせられます。

三男六女、次期国王に選ばれるのは誰?櫻田ファミリーのドタバタコメディ

45位『城下町のダンデライオン』(2015年7月~9月 放送)

櫻田家の9人兄弟。他所に比べてちょっと数が多いだけの普通の一家のようですが……。

その実態は全員が王族。父は王様、子供たちは全て次期国王候補に名を連ねているのです。国王たる資質を見極めるべく町中に設置された数百のカメラに行動を監視され、来る日には国民投票によって選出されるのが櫻田家のさだめ。

それぞれ性格の異なる三男六女が選挙戦をいかに勝ち抜くのでしょう?櫻田一家のドタバタコメディに注目です。

イケメンナルシストの男子高生がテーマパーク再建のために奔走?

44位『甘城ブリリアントパーク』(2014年10月~12月 放送)

イケメンナルシストの西也が謎の転校生いすずに連行され、辿り着いた先は閉鎖寸前のテーマパークでした。甘城ブリリアントパーク、通称「甘ブリ」を運営するメープルランドの王女ラティファに引き合わされ窮状を知ったゆきがかり上、パーク再建のため一肌脱ぐ覚悟を決めるのです。

3か月で25万人動員という無謀とも言える目標を掲げ、ラティファ王女やメープルランドの住人たちの知恵を借りながら次々と問題を解決していく西也。

恐竜のような風貌の営業部長、肉にしか見えないフードサービス部長、キャストとして活躍するかわいらしい妖精たち。甘ブリの賑やかな日常をお楽しみください。

舞台は地獄。閻魔大王にさえ容赦ないドSな鬼神のブラックコメディ

43位『鬼灯の冷徹』(2014年~4月 放送)

舞台は地獄、額に角が生えた鬼神が主人公と聞けば、随分とおどろおどろしい物語を連想させます。

地獄の混乱を収めるため閻魔大王の補佐官に抜擢された鬼灯。身分の高い者に媚びることもなく仕事ぶりは極めて優秀、容姿端麗、まさに言うことなしの人材なのですが……。山積する仕事を片付けるためには地獄の王たる閻魔大王にさえ容赦なくヤキを入れてしまうドSな性格なのです。

冷徹な鬼灯を中心に地獄の住人たちが織りなす日常をコミカルに描いています。2012年には「全国書店員が選んだおすすめコミック」の1位にランクイン。

溢れる浦和愛を感じます!調神社のご加護を受けた萌えキャラ8人娘に注目!

42位『浦和の調ちゃん』(2015年4月~6月 放送)

さいたま市浦和地区にスポットを当てた『浦和の調(うさぎ)ちゃん』。タイトルの由来となった「調神社(つきじんじゃ)」ではウサギを神の使いとして崇め、境内の至る所でその姿を見ることができます。

登場するメインキャラクターは「浦和」と名の付く実在の駅名を冠した8人の萌えキャラ。声を演じる声優陣も全て埼玉出身という念の入れようです。溢れる浦和愛を感じます!

吹奏楽部のハルタとチカが全国大会に、事件解決に奔走する!

41位『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』(2016年1月~3月 放送)

初野晴による人気推理シリーズがついにアニメ化。P.A.WORKSが制作に当たっています。

高校進学を機に吹奏楽部に入部しホルン、フルートを始めることになったハルタとチカ。敬愛する草壁先生指導の下練習に励み、吹奏楽の甲子園である「普門館」出場を目指します。部員確保のため学園を奔走する2人でしたが、不可解な事件に巻き込まれ謎解きの才能を発揮することになるのでした。

2017年3月、佐藤勝利・橋本環奈主演の実写映画が公開される予定です。

庭球なのにテニスのシーンがほとんどない!?とにかく笑えるギャグアニメ

40位『てーきゅう』(2012年10月~2016年12月、全8期 放送)

亀井戸高校テニス部に所属する4人の女子高生の日常を描くスーパーハイテンションギャグコメディ。ルーツによる原作漫画の連載スタートが2012年2月、単行本化する度にアニメシリーズの制作が発表されています。

唯一の1年生でツッコミ担当のユリ。本人の性格というより先輩3人がボケなので自ずと決まったポジションというところ。2年生のかなえ(戸籍上はかなゑ)はテニス部でありながらテニスができない、存在そのものがボケという稀有な人材。

なすのは何でもお金で解決したがりの困ったちゃんなお嬢様です。明るく元気なまりもは優しく頼りになる先輩ですが実は一番の問題児!他人のパンツを被ったり食べたりしたがるド級の変態なのです。