2017年7月6日更新

アニメ『もやしもん』声優一覧

もやしもん

2007年フジテレビ系ノイタミナ枠にてテレビアニメが放送された『もやしもん』。2012年には『もやしもん リターンズ』がアニメの続編として放送されました。本記事では出演声優をご紹介します。

目次

ノイタミナアニメ『もやしもん』声優一覧

『もやしもん』は『イブニング』にて2004年から2013年まで連載後、『月刊モーニングtwo』に移籍し2013年から2014年まで連載された漫画作品です。2007年フジテレビ系ノイタミナ枠にてテレビアニメが放送されました。2010年には実写ドラマ化もされており、テレビアニメと同じくノイタミナ枠で放送され、2012年には『もやしもん リターンズ』がアニメの続編として放送されました。

東京の農業大学を主な舞台に、「菌」の存在を肉眼で視認できるという不思議な能力をもつ沢木惣右衛門直保を中心に繰り広げられる日常を描く学園ストーリーです。

本記事では出演声優をご紹介します。

沢木惣右衛門直保:阪口大助

沢木惣右衛門直保は本作の主人公。農学部1年。「惣右衛門」は実家の種麴屋の屋号で、普段は屋号を省略しています。菌やウイルスが肉眼で見え、指で掴んだり会話したりすることも出来ますが、それ以外はいたって普通の大学生。

阪口大助は新潟県出身、1973年生まれの声優です。『機動戦士ガンダム』に憧れ、声優を志して青二塾に入所します。のちに『機動戦士Vガンダム』の主役・ウッソ・エヴィン役で声優としてデビューしました。その他代表的な出演作は『まもって守護月天!』(七梨太助)、『あたしンち』(立花ユズヒコ)、『銀魂』(志村新八)など。

結城蛍:斎賀みつき

結城蛍は沢木の幼馴染で、彼の能力の理解者。農学部の1年生で、中性的な顔立ちですが男性です。実家は造り酒屋を営んでおり、日本酒についてかなり詳しいようです。

斎賀みつきは埼玉県出身、1973年生まれの声優です。代表作は『天元突破グレンラガン』(ロシウ・アダイ)、『海月姫』(鯉淵蔵之介)、『イナズマイレブンGO』(神童拓人)など。第2回声優アワードでサブキャラクター女優賞を受賞、第4回声優アワードで海外ファン賞を受賞しました。また、過去には『おはスタ』に「麗人サイガー」として出演していました。

長谷川遥:大原さやか

長谷川遥は農大の大学院生。妖艶な美貌の持ち主です。いつもしかめっ面で、時に鞭を振り回すほど暴力的なドSの女王様です。私服もボンデージテイストを好み、部屋着やスポーツウェアまでタイトなものを多く着用します。

大原さやかは神奈川県出身、1975年生まれの声優、ナレーターです。声優業では『カレイドスター』シリーズや『ARIA』シリーズ、『たまゆら』シリーズなど佐藤順一監督が関わった作品への出演が多く、「ノイタミナ」枠アニメへも多く出演しています。ナレーション業ではテレビ番組、CMのナレーションのほか、携帯電話auの音声案内、京王線など関東の私鉄で駅構内アナウンスなど様々な媒体で音声を起用されています。

樹慶蔵:西村知道

樹慶蔵は沢木達が通う農大の老教授で、沢木の祖父の古い友人です。菌によるテラフォーミングの思想を支持しています。私生活はミステリアスで、実年齢も不明。

西村知道は千葉県出身、1946年生まれの声優、ナレーターです。1975年以降声優としての活動を続けており、非常に豊富なキャリアで温厚な役から老人の役まで幅広く演じています。『SLAM DUNK』(安西先生)など、教師役を演じることが多いです。

美里薫:小西克幸

美里薫は沢木達が通う農大の農学部2年生。かなりの酒好きで、酒に関する知識も豊富です。

小西克幸は和歌山県出身、1973年生まれの声優、ナレーター、舞台俳優です。代表作に『アサシン クリード』(アルタイル)、『軍鶏-Shamo-』(成島亮)、『テイルズ オブ シンフォニア』(ロイド・アーヴィング)、『金色のコルダ』(王崎信武)などがあります。

川浜拓馬:杉山紀彰

川浜拓馬は美里の同級生。メキシコからの帰国子女で、日本語・英語・スペイン語を話すトライリンガル。

杉山紀彰は東京都出身、1974年生まれの声優です。代表作は『NARUTO -ナルト-』(うちはサスケ)、『Fate/stay night』(衛宮士郎)、『黒執事』(ウィリアム・T・スピアーズ)など。

及川葉月:神田朱未

及川葉月は沢木のクラスメイト。潔癖症で、除菌グッズを持ち歩く除菌マニアです。

神田朱未は愛知県出身、1978年生まれの声優です。演技の幅が広く、幼女から女性、元気な女性から物静かな女性、そして少年役にも及ぶほどです。代表作は『魔法先生ネギま!』シリーズ(神楽坂明日菜)、『D.C. 〜ダ・カーポ〜』(天枷美春)、『英雄伝説VI 空の軌跡』(エステル・ブライト)など。

武藤葵:能登麻美子

武藤葵は沢木達が通う農大の3年生でミス農大。大のお酒好きで一番の酒豪です。

能登麻美子は石川県出身、1980年生まれの声優、舞台女優、歌手、ナレーターです。1998年ころから声優活動をスタートさせました。代表作は『君に届け』(黒沼爽子)、『いちご100%』(東城綾)、『乃木坂春香の秘密』(乃木坂春香)など。本作ではいわゆる「残念美人」なキャラクターを演じているので、残念だけどかわいいと感じさせる演技に注目です。

宏岡亜矢:たかはし智秋

宏岡亜矢は沢木達が通う農大の農業経済学部3年生で、武藤とは親友です。チアリーディング部に所属し、バーテンダーのバイトをしている。

たかはし智秋は神奈川県出身、1977年生まれの声優、ナレーター、歌手です。声優業では、アニメやゲームの他、吹き替え、テレビCMやドキュメンタリー番組のナレーションなど、幅広く活動しています。歌手活動やグラビア活動では相当なセクシー路線を追求しています。