2017年7月6日更新

『黒子のバスケ』黄瀬涼太・キセキ1番のイケメンの魅力に迫る

黄瀬 涼太 黒子のバスケ
© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

数々のイケメンが登場する『黒子のバスケ』。その中でも、モデルとしても活動している黄瀬涼太は特にカッコイイ!しかし、犬のような性格をしており、カワイイ一面も...。そんな黄瀬涼太の魅力に迫ります!

目次

黄瀬涼太のプロフィール

黄瀬 涼太 黒子のバスケ

189cmの高い身長を持ち、わずか2年のバスケット歴で「キセキの世代」に名を連ねる天才。さらに非常に整った容姿を持ち、現役のファッションモデルとしても活躍しています。

基本的には社交的な性格ですが、容姿やバスケの実力等、自身の優れている部分を自覚し、それを隠さず言葉や態度にだしてしまうため、周囲から反感を買うことも多いです。しかし、自身の性格をチームメイトに叱咤されたことや、試合での敗北を期にバスケットに真摯に打ち込み、チームメイトからの信頼を得ていきます。

バスケットとの出会い

黄瀬は運動神経抜群、どんなスポーツでも見ただけで模倣し、すぐに人よりうまくなってしまうためどんなことにも熱中することはありませんでした。

しかし中学2年のある日、青峰大輝がバスケをしている所を目撃した黄瀬は、その天才的プレイに初めて自分が勝てない相手だと認識します。自分にもコピーできない技術を持つ彼に憧れバスケ部に入部、練習中に何度も青峰に1on1を挑みますが、結局勝てずじまいでした。

キセキの世代最大のチート?

黄瀬 涼太 黒子のバスケ

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

黄瀬は相手の技を一目見ただけでコピーしてしまう「模倣」という技術を持っています。コピーした技やテクニックはその試合だけでなく、他の試合でも使用することができ、さらに元の人物以上の完成度でコピー技を使いこなすことができます。

しかし「キセキの世代」など、自身の身体能力を上回る相手の技はコピーできないというデメリットが存在します。

完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)

自身と因縁のある灰崎祥吾との試合の際、黒子の激励もあって開花した技術。「キセキの世代」すべての技が使えるというもの。

実際には身体能力や経験の不足から完全な再現には至っていませんが、足りない部分は他の要素で補うことで本物にかなり近い完成度を誇っています。

体力消費が激しく、1試合5分しか使えないというデメリットこそ存在するものの、2つ以上の能力を組み合わせることもでき、まさにチートと呼ぶべき実力を発揮します。

黒子テツヤには片思い

黒子テツヤ 黄瀬 黒子のバスケ

中学時代バスケ部に入部した際、途中入部だった黄瀬には部内の決まり等を教える教育係がつきました。それが黒子テツヤとの出会いです。出会った当初は、素人同然のテクニックしかできない黒子に見下した態度を取っていました。

しかし、黒子と組み練習試合をし、彼のパスを受けてからは態度を改め、尊敬するようになります。

別々の高校になった現在でも「中学の時一番仲が良かった」と公言し、黒子に対して非常になついています。一方、黒子は黄瀬との仲について「別に普通」と否定したり、「一緒にバスケをやろう」という誘いを断ったりとあっさりとしています。

新?奇跡の世代

黄瀬 黒子のバスケ

実は黄瀬がバスケをはじめる前からキセキの世代は幻の六人目(シックスマン)である黒子を除いて、5人存在していました。

黄瀬が入部するまでに、灰崎祥吾(はいざき しょうご)という人物がキセキの世代と肩を並べていました。

遅刻やサボり、暴力的な態度から実力こそあれど、他のメンバーとは仲が良くありませんでした。特にポジションやプレイスタイルが被っていた事もあり、黄瀬とは常に一触触発状態だったほどです。しかし、暴力沙汰を頻繁に起こしていたことや、いずれは黄瀬のほうが実力で上回ると判断した赤司によって退部を言い渡されてしまいました。

元々仲が悪かったことに加え、自身が退部する原因になった新・キセキの世代ともいえる黄瀬には恨みを抱いており、WCで黄瀬は彼と因縁の対決をすることになります...

ピアス記念日って何?

実は黄瀬が片耳ピアスをしていることをご存知ですか?画像をみてみると左の耳にリングをしているのが確認できると思います。

ピアス記念日とは黄瀬がピアスを開けた日のことです。

『週刊少年ジャンプ』2010年3,4合併号付録のジャンプスペシャルケータイカレンダーにて、 8月30日の欄に「黄瀬涼太が度胸一発ピアスを開けた日」と書かれていた事を発端にファンによって8月30日はピアス記念日と定められました。

どうやら開けたのは中3の夏、最後の全中終了後のようですが、それ以上は詳しく語られていません。

黄瀬涼太の声優は?

木村良平(画像左)

木村良平

3才の時から劇団ひまわりに所属し、子役として活躍をしていました。

オーディションにも定期的に受かり、仕事への危機感はありませんでしたが、成人してから自身への評価が子役としてのものだったことに気付きます。そして、大人としての付き合いが増え、子役から役者へと意識が切り替わったそうです。

黄瀬は素晴らしい男です。見た目が良くてモデルもやっています。モデルをやっているということはただ単に格好良いというだけではなく、表現力があるってことなんです。そして大好きな友達を「大好き」と素直に言える良い奴です。さらにバスケが強い。でもそんな彼だからこそ挫折みたいなものを今後経験していかなくてはいけない部分もあって、そういう欠点があるところも彼の魅力だと思います。

自身の演じる黄瀬のことを深く理解しており、実際にアニメでも素晴らしい演技を見せてくれました。