2017年7月6日更新

『黒子のバスケ』火神大我・キセキに匹敵、誠凛高校のエースを紹介

スーパープレーを繰り出す選手たちの熱いバスケットアニメ『黒子のバスケ』。火神大我はエースのひとりであり、パワーとジャンプを活かしたダイナミックなプレーが持ち味です。今回はそんな火神の魅力を様々な視点から追ってみます。

火神大我のプロフィール

火神 大我 黒子のバスケ

バスケットボールがテーマの藤巻忠俊の漫画をアニメ化した『黒子のバスケ』。登場する火神大我(かがみ・たいが)は、主人公の黒子テツヤの相棒であり、もうひとりの主人公です。

身長190cm、体重82kg。1年生ながら誠凛高校バスケ部のエースで、10番を背負いパワーフォワードを務めます。バスケットはアメリカのジュニアスクール時代から始めたという、アメリカからの帰国子女。

高1とは思えない逞しい肉体を持ち、特徴的な眉毛の強面でもありますが、アメリカ時代のトラウマが原因で子犬からも逃げ出すほどに犬が苦手だとか。また、親はアメリカに残り火神は日本で一人暮らしをしているため、料理が得意という一面もあります。

キセキとも並ぶバスケ能力

火神大我 黒子のバスケ

火神の持ち味は、パワーとジャンプ。高い運動能力から繰り出す力強いダンクシュートなどのダイナミックなプレーが得意です。そのため、ダンクでゴールを壊したこともあります。

特に規格外なのがその跳躍力で、圧倒的な滞空時間の長さとジャンプの最高到達点を誇り、フリースローラインから飛んでダンクシュートを決めるレーンアップもお手のもの。通常のレーンアップだけでなく、ゴールより高く飛んでからシュートする必殺技も会得します。

さらに「野生」という感覚の発動により直感的に素早く反応することが可能になり、天才バスケプレーヤーの「キセキ」と呼ばれる5人のメンバーにも匹敵する能力を備えています。

キセキたちとの激しい戦い

黄瀬涼太との戦い

黄瀬 涼太 黒子のバスケ

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

黄瀬涼太が所属する海常高校との練習試合でキセキと初めて対戦しました。海常高校側は、火神のダイナミックなプレーに驚きます。

黄瀬は相手のプレーを見て瞬時に自分のものにできる能力があり、火神の技を盗みながら激しく点を取り合いますが、最後は火神のダンクシュートによって誠凛高校が勝利を収めました。

緑間真太郎との戦い

緑間 真太郎 黒子のバスケ

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

緑間真太郎が所属する秀徳高校とはインターハイ東京都予選で戦いました。コートのどの位置からでも正確にシュートを打てる緑間の技に苦戦し、火神は得意の跳躍力をもって応戦します。

しかし、火神がスタンドプレイに走りかけたため相棒の黒子が制し、協力して緑間のシュートを封じることに成功。結果、勝利して予選の決勝リーグへ進出しています。

青峰大輝との戦い

黒子のバスケ 青峰 大輝

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

青峰大輝が所属する桐皇学園高校とインターハイ予選決勝リーグで対戦。青峰は、火神の相棒である黒子テツヤの中学時代の相棒でした。

バスケットにおいてあらゆる面で抜きんでている超天才の青峰を前に、火神を擁する誠凛高校も全く及ばず、試合は惨敗で終わりました。この敗戦を機に火神は「打倒キセキ」を改めて誓い、新しい技も会得していきます。

紫原敦との戦い

紫原 敦 黒子のバスケ

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

紫原敦が所属する陽泉高校とはウィンターカップ準々決勝第2試合で戦いました。紫原はゴールポストを叩き折るほどのパワーの持ち主であり、陽泉高校バスケ部には火神の兄貴分である氷室辰也も居ます。

陽泉の完璧なディフェンスに、なかなか得点できない誠凛。しかし、シュートしたボールを視界から消す黒子の新しい技で徐々に点数を重ねていきます。これに対し紫原は「破壊の鉄鎚」というダンクで対抗しますが、極限の集中力で「ゾーン」状態となった火神は驚異的な能力を見せつけ、誠凛の勝利となりました。

赤司征十郎との戦い

黒子のバスケ 赤司 征十郎

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

キセキメンバーの筆頭・赤司征十郎が所属する洛山高校とのウィンターカップ決勝での戦いです。超人的な視力を持ち優位にゲームメイクをする赤司征十郎の前に、「ゾーン」状態の火神ですら自分のプレーができません。

しかし、仲間と共に勝利したいという熱い想いをたぎらせた火神は「ゾーン」の先の境地に立ち、超高速の連携プレーを可能にさせます。チーム全員で挑む「直結連動型ゾーン」という技で赤司のチームから勝利をもぎとり、誠凛高校がウィンターカップ初優勝を果たしています。

黒子テツヤとの出会い

黒子テツヤ 火神大我 黒子のバスケ

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

アメリカから帰国して日本の中学のバスケットレベルの低さにすっかり気を落としバスケットから離れた火神は、誠凛高校に入学し黒子テツヤと出会います。

黒子は中学時代に超名門校のレギュラーであり、「幻の6人目(シックスマン)」という異名を持つプレーヤー。けっして自分は目立たず、パス回しなどのサポート的なプレーでチームの勝利に貢献しました。当時のチームメイト「キセキの世代」の青峰が“光”ならば、黒子は“影”です。

火神は「キセキの世代」という強敵の存在を知りバスケットへの情熱が復活し、“影”に徹する黒子の新しい“光”となることを決意します。こうして“火神と黒子”の新“光と影”コンビが誕生し、打倒キセキと日本一を目標に彼らの戦いがスタートしました。

バスケに対する熱い気持ち

火神 大我 黒子のバスケ

とにかくバスケットが好きで、常に全力でチャレンジしつづける熱血漢の火神大我。頭に血が上りやすく単純な性格ですが、仲間と共に勝つことを第一に考え、苦手な左手でのボールハンドリングを克服したり、新しい技を生み出したりと、向上心も忘れません。

チームの練習に関しても「やりすぎて困ることはねーよ」と非常に熱心です。また、相手が強ければ強いほど闘志を燃やし「強ぇ奴がいねーと生きがいになんねーだろが。勝てねェぐらいがちょうどいい」という名言も。

アメリカ育ちで英語はペラペラ?

親の転勤により、小学3年から中学2年までアメリカで過ごした火神。日常の英会話はペラペラですが、堅苦しい日本の英語の授業は苦手で、テストも散々なありさまだとか。

英語のテストに限らず勉強全般が不得意だそうで、特に国語がめちゃくちゃ(3点)なのは海外生活が長かったことが大きな原因かもしれません。誠凛高校の入学試験もすれすれで合格したという噂です。

氷室辰也との関係

黒子のバスケ 

陽泉高校バスケ部のエース級氷室辰也とはアメリカのジュニアスクール時代に出会い、氷室の誘いでバスケットを始めました。

アメリカでは同じ指導者の下で技術を磨いた兄弟分の関係であり、その証としてお互いにペアリングを身に付けます。良きライバルでもあった2人ですが、ある理由で火神が本気でプレーしなかったためケンカ別れをしていまいました。

それぞれ日本へ帰国し、別の高校のバスケ部に所属した火神と氷室は再開し、再び勝負の時を迎えることになります。

超大食い選手?

火神大我の座右の銘は「よく食べ よく遊ぶ」。劇中では火神がリスのように頬を膨らませながら食事をするシーンが度々登場します。それは、好物の山盛りハンバーガーであったり、スーパーロングなサンドイッチであったり。

また、食べ切ることができれば無料になるという4kgのステーキを軽々とたいらげ、ギブアップしたチームメイトの分まで引き受けたこともありました。バスケットで天下を取る前に、大食い選手権で完全優勝できそうな勢いです。

火神大我のバスケットシューズは?

火神大我 黒子のバスケ

自分に合ったバスケットシューズと出会うことは、よりよいパフォーマンスを生み出すためにとても大切なのだとか。『黒子のバスケ』に登場するキャラクターたちは、それぞれ実在するシューズを愛用しているそうで、こうした細やかな設定はファンにとって嬉しい情報です。

火神大我のダイナミックなプレーを支えているシューズは、ナイキの「AIR JORDAN 1 RETRO」。アメリカ帰りの火神らしいチョイスかもしれません。また、アニメ3期では、同じモデルを履く青峰からシューズを譲られるエピソードがあります。

火神大我の声優は?

小野友樹

火神大我の声を担当したのは、静岡県出身、1984年6月22日生まれの小野友樹(おの・ゆうき)です。プロのスカウトから声がかかるほどのサッカー選手でしたが、ケガにより断念。声優は、谷山紀章に憧れ大学在学中に志すようになったそうです。

2006年に声優デビューし、『黒子のバスケ』火神大我や『めだかボックス』人吉善吉などの熱いキャラクターで人気を博します。『黒子のバスケ』では憧れの谷山と兄弟分の関係で共演し、小野演じる火神がバスケットを始めたきっかけも谷山演じる氷室であるという実際の小野とリンクした設定に大喜びだったとか。

今や引く手あまたの小野。2016年は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』東方仗助役をはじめ10本以上のアニメでレギュラーを務めるほか、高い歌唱力を活かしアーティスト活動も精力的に行っています。