2017年7月6日更新

『黒子のバスケ』宮地清志・秀徳高校の毒舌人気なイケメンに迫る!

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

キセキの世代をはじめ、異色の才能を持った個性的なキャラクターが多い大人気アニメ『黒子のバスケ』。今回は突出した才能とは無縁。しかし実は毒舌アニオタという強烈なキャラクターで人気の宮地清志の素顔に迫ります。

宮地清志って?

宮地清志

宮地清志は秀徳高校バスケ部の3年生。身長は191㎝、体重77㎏。同じ秀徳高校バスケ部の大坪泰介、木村信介は同級生で、キセキの世代緑間真太郎、高尾和成は後輩にあたります。ポジションはSF(スモールフォワード)で背番号8。

どこかキセキの世代黄瀬涼太を彷彿させるような甘いマスクですが、優しくてちょっとチャラい黄瀬とは違い、宮地の言葉遣いは物騒で『刺す』などの言葉を好んで使う傾向があります。

そんな彼はキセキの世代のような異色な個性を持っていない存在にもかかわらず、黒子のバスケ第三回の人気投票で第8位と大躍進しました。

今回は、そんな毒舌イケメン宮地清志についてご紹介していきます。

秀徳高校の毒舌選手?

宮地はほとんどの場合、笑顔ですが、要所要所で攻撃的で物騒な発言をし、後輩たちに怖いと恐れられる厳しい先輩です。

体育館の床のモップ掛けが足りない時、後輩たちににらみを利かせてもう一度やらせます。それはレギュラーである緑間や高尾も例外ではありません。

異色の才能を持ったエース緑間のわがままには特に手を焼いているようで、頭にくると「パイナップルで殴る」と毒舌を発します。努力でレギュラーを勝ち取った宮地にとって、才能が神がかった緑間は常に気にかかる存在なのです。ちなみに、このパイナップルは、実家が八百屋のチームメート木村から仕入れているようです。

宮地清志のプレースタイル

黒子のバスケ

宮地のポジションであるスモールフォワードは、コート内では得点を取ることが主な役割です。ドライブしても良し、外角からシュートを放って良し、また速攻やリバウンド争いにも参加できるオールラウンドな能力が要求されるポジションです。様々な状況に瞬時に対応する重要な役割をになっています。

宮地はドリブルが巧みで、ペネトレイトが得意技です。ペネトレイトとはオフェンスがディフェンスを抜いて、ドリブルでゴールに向かって行くカットインプレーのことをいいます。「どかねえと轢くぞ」という捨て台詞を吐いてディフェンスを抜いていくのが彼のスタイルです。

ウインターカップの準決勝の対洛山戦では自身喪失した高尾や緑間を奮い立たせるシーンもあり、チームに欠かせない精神的支柱のような一面も備えています。

実は残念系イケメン?

黒子のバスケ 宮地

毒舌に加えて宮地の二大要素となるのが、アイドルオタクという一面です。彼のプロフィールには趣味アイドル。特技オタ芸。苦手なことはアニオタと同じ扱いをされることとあります。推しメンの名前はみゆみゆです。チームメートで同級生の大坪とはアイドルオタク仲間です。

ラッキーアイテムにこだわる緑間がアイドルうちわを探していたことがありました。そんな時、大坪は「宮地からだ」とみゆみゆのうちわを緑間に渡します。このシーンで宮地が重度のドルオタであることが明らかになりました。これがイケメンなのにちょっと残念な宮地の一面です。

バスケに対してはストイック

宮地は3年になってやっとレギュラーを勝ち取りました。居残り練習が禁止されているテスト期間中も彼だけは練習を認められているのですが、それは勉強ができるというお墨付きあってのことです。後輩にもとても厳しいですが、他人に対して厳しいだけでなく、自分にも厳しいのが宮地。特別な才能ではなく、努力の人、というシンプルさが多くのファンを生んでいます。

宮地清志の声優は?

庄司将之

宮地の声を担当するのは、1980年4月16日東京都出身の庄司将之。 『銀の匙』の常盤恵次や『ハイキュー!!』黄金川貫至。アニメ以外にも洋画の吹き替えも多く担当しています。

ホームヘルパー1級、マルチメディア検定1級といった資格を持っているインテリ声優です。