2017年7月6日更新

『黒子のバスケ』木吉鉄平・誠凛高校の頼れるセンターの魅力に迫る

木吉 鉄平 黒子のバスケ

高校バスケの世界を描いた、藤巻忠俊による大人気漫画『黒子のバスケ』。たくさんの個性的な登場人物たちの中で、誠凛高校の頼れるセンターとして、抜群の人気を誇るキャラクターが木吉鉄平です。天然と言われ、膝の傷を抱えながらバスケに情熱を傾ける木吉鉄平の魅力に迫ります。

目次

木吉鉄平のプロフィール

木吉 鉄平 黒子のバスケ

木吉鉄平は、誠凛高校バスケットボール部のC(センター)で背番号は7番。部の創設者であり、創設時にはエースをつとめた「無冠の五将」の一人です。

身長193cm、体重81kgと恵まれた体型ですが、当初は長身がコンプレックスでした。中学のとき、体型を活かせるスポーツとして友人からすすめられたのがバスケを始めたきっかけです。みるみるうちに頭角を現し、中学バスケの強豪・照栄中学校で主将を務め、全中ベスト4という結果を残しました。

不屈の闘志の持ち主であり、大変な仲間思いでチームから信頼されています。口癖は「楽しんでこーぜ」。冗談を真に受けたり、真顔でズレたことを言うなど、どこか抜けた天然ボケですが、頭脳は非常に明晰です。相田リコの父親、景虎からは 「天然ボケ男」 と呼ばれています。

大きな手から繰り出される技

バスケットボールを鷲掴み出来るほど大きな手と、握力の強さを活かし、相手の反応を見てから、ボールを手放す直前でプレーを強引に変更できる、いわゆる「後出しの権利」の持ち主です。「予測しても無意味」と評される、木吉独特のプレイスタイルとなっています。

また、空中のボールを片手でつかみ、さらに最短距離でボールを捕えることもできるため、より早くリバウンドを制することができるという新技「バイスクスロー」を武器にしています。 景虎との特訓、そして握力強化トレーニングによって、身につけた技です。

ポイントガードもこなせる万能プレイヤー

木吉鉄平 黒子のバスケ

長身と経験を生かし、C(センター)ポジションとしては、陽泉高校の紫原敦を除けば高校ナンバー1とも評されるほどの選手ですが、木吉が本当に得意としているのは、パスで味方を活かすPG(ポイントガード)です。

両ポジションの間で悩んだ時期もありましたが、小金井慎二の言葉にヒントを与えられ、PGのパスセンスを持つCという、つまり両ポジションを同時にこなす「ゴール下の司令塔」というスタイルを確立しました。

非常に器用な万能プレイヤーの一人です。

誠凛高校を支える木吉鉄平の言葉

黒子のバスケ

「天然ボケ男」と呼ばれ、どこか抜けていながら、仲間思いで、非常にしっかりした考えを持つ選手として、これまで様々な的確な言葉や名言でチームメイトを導いてきました。

彼の言葉は名言集としてファンの間で人気になっています。幾つかご紹介します。

もし1年の心が折れそうになったら俺が添え木になってやる もし2年の心が傷つけられそうになったら俺が盾になってやる 誠凛を守る・・・俺はそのために戻ってきたんだ!!
バスケを諦めることを諦めろ
オレらまだコーコーセーだぜ もっと自分の可能性を信じてもいーんじゃねーの?

木吉以外にも、なかなか名言の多いアニメですが、とりわけ木吉のキャラクターから出てくる言葉は、人気ピカイチです。

ライバル?紫原敦との関係

紫原敦について

黒子のバスケ

陽泉高校1年生のC(センター)で、「キセキの世代」の1人である紫原敦は、氷室辰也と共にダブルエースと評されている逸材です。

身長208cmというずば抜けた長身と、長髪が特徴。また天性のセンスを持ち、高校最強のc(センター)と呼ばれるほどの実力者でありながら、バスケは好きでやっているわけではないという、奇妙なキャラクターです。

二人の関係

木吉鉄平と紫原敦は中学時代に対戦経験がある、いわば因縁の関係です。

照栄中学主将だった木吉は、帝光中学の紫原に、大敗を喫しました。同じポジションとして、紫原に圧倒的な実力差を見せつけられたことが、それ以後、木吉のトラウマとなり、一時はバスケを辞めることを考えたほどでした。

木吉は、正邦高校Cの岩村から「紫原を除けばNo.1センター」と評されるとおり、常に比較されてしまうこともトラウマを引きずってしまう一因になっています。

バスケにかけける熱い思い

黒子のバスケ

どんな強敵にも心折れることなく、強い思いでゴール下を守ること、敗戦にもめげずに立ち上がることから「鉄心」と称される木吉鉄平。

高校1年のときに、膝に違和感を覚え、ついにインターハイ予選トーナメント決勝の霧崎第一戦において、左膝を故障します。花宮真によるラフプレーが原因でした。1年以上の治療期間を経て復帰しますが、決して完治しておらず、試合に出る際には左膝にテーピングを施しています。

手術をすれば完治すると言われましたが、そうすると入院やリハビリなどで高校三年間のバスケを諦めなくてはいけません。そこで木吉は、リハビリのみで現役続行を決めました。強い精神力と、バスケに対する熱い思いの持ち主です。

木吉鉄平の声優は?

木吉鉄平の声を担当しているのは、声優の浜田賢二です。

1998年よりマウスプロモーションに所属し、テレビアニメやゲームの他、洋画の吹き替えも多数担当する、実力派です。

多数の作品に参加していますが、主要キャラとしては、『デュエル・マスターズ』の切札勝利、『ゴーストハント』の滝川法生、『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』のパトリック・コーラサワーなどがあります。