2017年7月6日更新

『黒子のバスケ』赤司征十郎・無敗の帝王、最強のキャプテンを紹介

黒子のバスケ 赤司 征十郎
© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

高校バスケを描いた、藤巻忠俊による大人気漫画『黒子のバスケ』。多くの個性的な登場人物たちの中で、最強の一年生キャプテンが赤司征十郎です。エンペラーアイという特殊能力を持つ赤司についてまとめてみました。

目次

赤司征十郎のプロフィール

黒子のバスケ 赤司 征十郎

赤司征十郎は、1年生にして、名門洛山高校バスケットボール部主将で、ポジションはPG(ポイントガード)です。背番号は4番。

173cmと平均的な身長でありながら、その実力は「キセキの世代」において筆頭格でした。左目と右目の色素が違うオッドアイの持ち主。趣味は将棋などのボードゲーム全般で、プロ顔負けの指し手でもあります。

日本有数の名家の子息として帝王学を学び、実際に、圧倒的なリーダーシップとカリスマ性を有する上、成績優秀・スポーツ万能・眉目秀麗という最強キャラクターです。

全てを見透かす天帝の眼(エンペラーアイ)

黒子のバスケ 赤司 征十郎

並外れた視野、秀でた判断力と予測能力、鋭敏な反射神経を兼ね備え、抜群のゲームメイク力を有する赤司。

そして何より、呼吸・心拍・汗・筋肉の収縮などわずかな動きから、相手の動きを正確に先読みするという 「天帝の眼」(エンペラーアイ)を最大の武器にしています。

敵と味方全員の動きをエンペラーアイで把握し、コート全体の動きを予知します。そうすることで、完璧な「究極のパス」をチームに出すことが出来るのです。エンペラーアイは、とりわけ、1on1において絶対的な優位に立つことができます。

キセキの世代を統率するキャプテン

黒子のバスケ 赤司 征十郎

© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

バスケットボールの超強豪校である帝光中学校バスケ部時代には、100名を超える部員達の頂点に立ち、「10年に一人の天才」と呼ばれた5人の逸材選手たちの中でも筆頭格としてキャプテン・主将をつとめていました。

赤司のほか、黄瀬涼太・緑間真太郎・青峰大輝・紫原敦の5人は「キセキの世代」と呼ばれ、帝光バスケ部史上最強、無敗を誇った黄金時代を築きました。

当初は、後の支配的なプレイスタイルではなく、あくまでもチームのメンバーを生かすスタイルを得意としており、ポイントガードの理想形とも言われていました。ところが、二年生になり、監督が交代して勝利至上主義を強めていくと、赤司の中でバスケの意味が変化していくことになります。

一年生でも全国トップのキャプテン?

黒子のバスケ 赤司 征十郎

帝光中学卒業後、洛山高校へ進学すると、一年生にして、「キセキの世代」と渡り合った「無冠の五将」である根武谷永吉、実渕玲央、葉山小太郎ら上級生の上に君臨する主将の座につきます。

幼少期から帝王学を学び、人の上に立つための英才教育を受けてきた赤司は、主将であることがまるで当然であるかのように振る舞い、上級生たちもそのカリスマ性に従っていきます。

相対する者が威圧感を覚えるほどの風格も持ち、自分に歯向かう者に対しては容赦ない一面を合わせ持つ、最強のキャプテンと化していきます。

もうひとりの”赤司征十郎”?

黒子のバスケ 赤司 征十郎

名門の家に生まれ、幼い頃から英才教育を受けてきた赤司。厳格な父親の教育に耐えることができたのは、優しい母親やバスケットボールという心の支えがあったからでした。ところが、小学五年生のとき、母親の病死をきっかけに父親は厳しさを増し、次第に自分がもうひとりいるような感覚を覚えるようになっていきます。

帝光中では、当初、仲間とバスケを純粋に楽しんでいたものの、チームの事情による勝利への執着、仲間たちの成長に対する焦りなどから、とうとう別の人格を作り出してしまいます。

本来の赤司は一人称が「オレ」で他人を名字で呼び、温厚で、仲間思い。別人格の赤司は一人称が「僕」で他人を名前で呼び、威圧的で勝利のためなら仲間ですら切り捨てる冷徹な性格になります。

オッドアイも、この人格変異と関係しています。

勝つことは息をすることと同じ

勝利至上主義者の赤司にとっては、勝つことは息をすることと同じだ、と評されてしまうこともあるほど。世の中は勝利が全てであり、勝者は全てが肯定されると考えています。

その結果「全てに勝つ僕は全て正しい」という考えになり、自分にはむかう相手は許しません。「僕に逆らう奴は親でも殺す」といった、強烈な発言がときおり飛び出します。

例えば、対秀徳戦ではチームの士気を高めるため自ら自殺点を決め、負けたら「両の目をくり抜いてお前達に差し出そう」と、体を張ったペナルティを提案しチームメイトを震撼させました。

身長をカバーする身体能力

黒子のバスケ 赤司 征十郎

身長173cmと「キセキの世代」では最も小さく、バスケ選手としては致命的な欠点を持つ赤司。しかし、ダンクシュートすら可能とする、類まれなる身体能力を持っています。

なによりエンペラーアイを駆使した特殊な才能は、他の誰にも真似できない強力な武器です。

オフェンス時、ガードにきた相手の重心を正確に見抜くことが出来る赤司は、通常はめったに起きるはずのない「アンクルブレイク」という技を自らの意思でおこすことができます。

コートの外でも発揮される実力

黒子テツヤ 黒子のバスケ

赤司のエンペラーアイは、コートの中に留まらず、第三者の才能を見出す力となって発揮されます。

三軍に埋もれ、退部寸前だった黒子テツヤの実力を見抜き、帝光中学バスケ部のレギュラーに押し上げるきっかけ作ったのは、赤司です。

また、三年生になりいったん退部していた黛千尋の影の薄さを見出したのも赤司でした。その結果、黛は、黒子と同様に「幻の6人目」として視線誘導の技術を習得することになります。

赤司征十郎のバスケットシューズは?

赤司愛用のバスケットシューズは、asics(アシックス)の「ゲルバースト」です。様々なシリーズが出ていますが、赤司着用は、このホワイト×黒のハードなカラーラインです。

ファンの間では、赤司らしいとも、逆に意外だとも、様々な感想があるようです。

赤司征十郎の声優は?

神谷浩史

赤司征十郎の声を担当している声優は、神谷浩史です。

声優アワードにて最多得票賞を連続受賞して殿堂入りを果たすなど、実力と人気を兼ね備えた声優です。 青二プロダクションに所属し、声優・ナレーション業のみならず、歌手活動にも力を入れています。またラジオパーソナリティとしての活躍も顕著です。

主な主演作品に、『ハチミツとクローバー』の竹本祐太、『機動戦士ガンダム00』のティエリア・アーデ、『荒川アンダー ザ ブリッジ』の市ノ宮行、『青の祓魔師』のメフィスト・フェレス、『おそ松さん』の松野チョロ松などがあります。