神谷浩史おすすめアニメ20選

2017年9月13日更新

低く柔らかな声色と巧みに緩急を操る演技が特徴の神谷浩史。出演作品は多岐にわたり、数多くのファンを魅了し続けています。2016年3月には声優アワードのでの殿堂入りを果たしましたね。ここでは神谷浩史の主要な出演作品を公開順にご紹介していきます。

声優アワード殿堂入りを果たした神谷浩史

神谷浩史といえば『夏目友人帳』の夏目貴志、『さよなら絶望先生』の糸色望や、そして『デュラララ』の折原臨也まで、おっとりとした不思議キャラからキレと狂気をはらんだアクの強いキャラクターまでこなす万能選手です。何でもこなす演技力を持つ一方、しっかりと「神谷らしさ」を確立していて彼でなくては成り立たないというキャラクターも数多く存在します。

ベースは柔らかく落ち着いた声色でありながら、高低や緩急を極めたセリフは幅広い層を魅了し多くのファンを獲得しています。2016年3月には「声優アワード」で殿堂入りを果たしたことをご存じの方も多いでしょう。5年連続で最多の得票を記録したというのですから納得ですね。

ここでは神谷浩史の主要な出演作品を公開順にご紹介していきます。

1:2004年『SDガンダムフォース』(キャプテンガンダム ほか)

過去のガンダムシリーズに登場した機体が勢揃いするオールスター的な位置づけの『SDガンダムフォース』は初の3DのCGを駆使した作品として話題になりました。子供にとっても馴染みやすく、お父さん世代には懐かしさを感じさせる作品として人気を集めています。

機体から主人公、サブキャラまで!

神谷が演じたキャプテンガンダムは「機体」です。表情などもコミカルにデフォルメされてはいるもののやはり人間のキャラクターよりは動きが制約されますね。

しかし、神谷浩史の演技力はその不足を十分に補っており、躍動感のあるキャラクターとして楽しむことが可能です。また、成人したシュウト(主人公、28歳)や足軽(ザコブッシ)、お玉ザコなどサブキャラクターの声も当てており、引き出しの多さに圧倒されます。

2:2005年『ハチミツとクローバー』(竹本祐太)

羽海野チカのコミックを原作としたアニメ作品で、心根の優しい主人公の目を通した美大生の日常を柔らかなタッチで描いた本作は多く共感と憧れの対象となり、大きなヒットを記録しました。アニメから実写映画まで幅広く展開されていることからもその人気ぶりが覗えますね。

ハチクロⅡでは事故に見舞われ…

神谷浩史が演じる主人公、竹本祐太は群馬県出身の青年。性格は素直で不器用、かつ独り身の母親を支えることを生きがいとするなど優しさの溢れるキャラクターです。美大に入学したきっかけは母親の再婚によって生きがいを失ったこと、そして手先が器用であったことでした。

しっとりと落ち着いたキャラクターは神谷浩史の声の「柔らかさ」や「伸びやかさ」を味わうのにはピッタリ。さらに世界観が美しく、ハラハラする人間ドラマもありと、見応えのある作品となっています。

『ハチミツとクローバーⅡ』の収録後半では通勤中に交通事故に遭うという悲劇に見舞われた神谷…。入院期間中、最終回の声は野島健児が担当しました。その後快復し、DVDでは通常通り神谷浩史の声が当てられています。

3:2006年『Fate/stay night』(間桐慎次)

TYPE-MOONから発売されたテレビゲーム(ビジュアルノベル)を原作とするアニメ作品で、日本の地方都市を舞台に展開される壮大なストーリーや個性的なキャラクター複雑な人間ドラマなどを盛り込んだ濃厚な物語を特徴としています。

ゲーム、アニメともに多くの続編やスピンオフ作品を展開しており、幅広い層からコアなファンを獲得し続けている作品です。

器用貧乏とはまさに…なお坊ちゃん

神谷浩史演じる間桐慎二は魔術を扱う名家の出身で育ちも裕福、おまけに文武両道で容姿端麗、何をしてもそれなりにこなしてしまうという最強のキャラクターです。しかし、魔術を扱う家の生まれ、そして聖杯戦争に身を投じる「マスター」としての自負、幾つもの運命が彼の人格や運命を歪ませました。

どちらかと言うと腹の立つキャラクターですから、純朴な善人、愛すべきヘタレ、あるいは小狡いがカリスマ性のある人物を演じることの多い神谷にしてはかなり異質ではないでしょうか。

しかし、じっくりと物語を紐解いていけば、彼も『聖杯戦争』のシステムに運命を狂わされた人物である事がわかります。一見、単純な憎まれキャラに見えて深い傷を抱えているといえますね。

4:2007年『機動戦士ガンダム00』(ティエリア・アーデ)

ガンダムシリーズ通算12作目の本作は、2シーズン分割での放送、年代の表記が西暦(従来はガンダムシリーズオリジナルの表記を使用)、2つの年代を軸にした複雑なストーリー展開など、これまでのガンダムシリーズの常識をくつがえす作品となっています。

1stシーズンのキャッチコピーは『ガンダムによる全戦争行為への武力介入を開始する』ときな臭さ全開(ガンダム自体決して平和なお話ではないとはいえ)も目を引きますね。

「性別はティエリア」という格言まで生まれた

神谷浩史が演じたティエリアですが、容姿に関してはどう見ても女性。これはストーリーにも関わってくるのですが、彼は「イノベイド」という戦闘に特化するようデザインされた種族で、性別というものを持ち合わせていません。

凛々しいとはいえ容姿端麗で余生的なビジュアルに、柔らかいとはいえ中性的とは言いがたい神谷の声が充てられているのはこうした理由によるものです。

彼は物語のうえで重要な役割を果たし、活躍の機会も多いことから、男女ともに人気の高いキャラクターです。性別がないというのはこの点でもプラスに働いているのでしょう。

5:『さよなら絶望先生』(糸色望)

『かってに改蔵』などで知られる久米田 康治のコミックを原作としたアニメ作品で、『化物語』シリーズを手掛ける新房昭之の監督作であることでも知られています。ハイ・ロー入り乱れた不条理ギャグが山のように盛り込まれたストーリーと、ほぼ一話完結の気軽さ、そして濃厚すぎるキャラクターたちによって一度見れば頭から離れなくなる作品です。

また新房監督の作品らしく、ギャグテイストの中にも黒いユーモアが盛り込まれ、画面の構成は鮮やか。切り絵を思わせる服の模様の処理など、ストーリーの外にまで見どころが散りばめられています。

絶望したっ!

「絶望したっ!」っという決め台詞とともに知られ、やたらとスタイリッシュなアングルで画面に登場することの多い糸色望。

明治・大正の書生風のスタイルやメッシーな髪型に、神谷浩史の柔らかくハスキーな声がハマります。新房監督とは相性がよく、後の『化物語』にも起用されています。

6:2008年『夏目友人帳』(夏目貴志)

緑川ゆきのコミックを原作とし、孤独に生きてきた青年と、忘れられつつある日本の妖怪たちの交流をえがいた作品です。自然で透明感のあるタッチとほのぼのとした作風で描かれるのは人の孤独やすれ違い。

しかし、それを乗り越えて心を満たされていく主人公の生き様は多くの人の共感を得ました。ガイド役の「にゃんこ先生」の人気も高く、多くのグッズが展開されています。

勇気づけられ、勇気づける

神谷浩史演じる主人公の夏目貴志は妖怪が見える体質。そして、その能力ゆえに周囲から拒絶され、孤独に生きてきました。ある日ふとしたきっかけで祠の封印を解いたこと、さらに祖母レイコの残した「友人帳」を見つけたことで彼の運命は大きく動き始めます。レイコは彼と同じく孤独な人生を歩み、その不満のはけ口として妖怪たちに決闘を挑み、打ち負かした妖怪の名前を奪って帳簿につけていたのでした。

この物語の見どころは、不満のはけ口として作成された『友人帳』が一人の青年を勇気づけ、孤独から抜け出すきっかけとなったことです。このことにより、それまで顧みられることのなかったレイコ自身の人生にも光が当てられたとも言えるでしょう。もちろん、これは貴志自身が孤独を解決しようという意思を強く持っていたからに他なりません。

気弱ながらも芯の通った青年、そしてその成長の物語に神谷浩史の柔らかく落ち着いた声がハマり、とても説得力のある作品に仕上がっています。

7:2008年『マクロスフロンティア』(ミハエル・ブラン)

1982年公開の『時空要塞マクロス』に始まるシリーズ3作目の『マクロスフロンティア』はシリーズ25周年を記念して制作が始まったアニメ。前作の『マクロス7』の公開から13年が経過していることもあり、若い世代では『マクロス』といえば『マクロスフロンティア』が思い浮かぶ人も多いかもしれませんね(ランカちゃんの「キラッ」はこちらの作品)。

マクロスの代名詞といえば歌姫。本作ではハツラツとしたアイドルのランカ・リー、大人っぽく艶やかなシェリル・ノーム、2人のヒロインが活躍します。

超優秀なプレイボーイ。たまに一言多い

神谷浩史が演じるミハエル・ブランは作中では17歳でS.M.Sスカル小隊の少尉。異星人の血を引くことから視力はずば抜けて良く、戦闘時も長距離射撃を得意とします。性格は知的なプレイボーイで幼なじみのクラン・クランとは対立が絶えませんでした。

頭の回転も速い方ですが、死の淵から這い上がってきたキャラクターに対して「で、死んでいたら最高に感動的だったんだけどな」という笑えない冗談を飛ばして後悔するといった一面もあり、お調子者キャラとしても有名です。このセリフは後々の展開で引き合いに出されることが多く、ファンからは呆れられつつも愛されているといった様子が見て取れます。

8:2009年『化物語』(阿良々木暦)

西尾維新によるファンタジー小説をアニメ化した作品でジャンルは「青春怪異小説」とされています。タイトル、ジャンルが示す通り、主人公の阿良々木暦が様々な怪異とそれに関わる少女たちと触れ、事件を解決していきます。

小説自体も文体やセリフ回し等かなり特徴的ではありますが、そこに新房昭之の美しくもクセのある表現手法が加わり、独特の世界観を作り出しています。

ストレートに歪んだ少年

神谷浩史が担当する阿良々木暦はいわゆる「無気力系」「自意識過剰系」の主人公です。日常の退屈さをことごとく否定し、「怪異」を前にしてもあくまで冷静を装い、決してプライドが高いわけではないのに自分を何とかして肯定しようとあがく阿良々木。

彼の言動に共感するにしろ、イライラしながら見るにしろ、誰にとっても思い当たるフシがあるでしょう。無気力に見えて内面には図りしれないエネルギーと葛藤の火種を抱えているキャラクターです。

9:2010年『荒川アンダーザブリッジ』(市ノ宮行)

『聖☆おにいさん』でも知られる中村光によるコミックを原作とした作品。荒川の橋の下で暮らす個性的という言葉では全く足りないほどの「濃い」人々が数多く登場し、シュールで並外れた展開のギャグが盛り込まれています。

笑いを誘う展開の中にも温かな人間ドラマが盛り込まれているほか、パステル調のポップな絵柄から、女性のファンも多く獲得している作品です。

とんでもない借りを作ってしまった青年

主人公の市ノ宮行は大企業の御曹司で家訓の「他人に借りを作るべからず」を忠実に守ってきた青年です。ところが、ふとしたきっかけで荒川で溺れ、自称金星人の「ニノ」に命を救われてしまいます。

とんでもない「借り」を作ってしまった市ノ宮は、ニノの要求を飲み彼女の恋人に、そして「リクルート(リク)」野菜を与えられ荒川の河川敷で「濃い」人々との共同生活を始めるのでした。

10:2010年『Angel Beats!』(音無結弦)

『Angel Beats!』は2010年に放送されたアニメオリジナルの作品です。舞台となる「学園」は転生の足かせとなる未練を取り除くことを目的とし、目的を達成した魂は消滅する決まり。主人公と観客サイドには早い段階で伝えられる事実ですが、他の登場人物は一分誤解をした形で解釈しており「理不尽な人生を強いた神に復讐する」という名目で「天使」こと生徒会長の立華かなでと壮絶なバトルを繰り広げていきます。

この説明で「どんだけ重い話なんだ」と思った方もいるかもしれませんが、ご安心を。実際は絶対に死なない(既に死んでいるため)状態での無茶すぎるバトル、そして各キャラクターのシュールな言動など笑いどころが満載でノリの良い作品となっています。イメージ画像にはしばしば心電図を思わせるギザギザの波形(Beats)が織り込まれています。

生きても死んでも「ええやつ」です

物語の主人公である音無結弦ははじめは苗字以外の記憶を失った状態で入学してきます。「死んだ世界戦線」のメンバーと触れ合ううちに記憶を取り戻し、自身がが満足して死亡し、学園にとどまる必要が無いことや、学園が果たす意味を知り、立華かなでと協力してメンバーの未練を消滅させるため尽力しはじめます。

事故に遭い、助からないと悟った際にはドナーカードに記入をし、死後の世界ではみんなを成仏させるべく奮闘、とまさに「ええやつ」すぎる主人公と言えます。

11:2010年『デュラララ』(折原臨也)

成田良悟のライトノベルを原作としたアニメ作品です。舞台は池袋をモチーフにしており、ストリート系、あるいはヤンキー文化がスタイリッシュに取り入れられており、アニメのサブカルチャーとしての一面を際立たせた作風は、若い世代を中心に男女を問わない人気作となりました。

西洋の妖怪を下敷きにした「首なしライダー」伝説とその伝説の発端となっている女性「セルティ」を取り巻く事件を中心に物語が展開されます。

キレッキレのカリスマ少年

個性的なのはセルティだけではありません。小野大輔演じる平和島静雄と対になるように描かれるのは、冷徹なインテリキャラので強烈なカリスマ性を放つ折原臨也。

彼らは事あるごとに死闘を繰り広げ、物語を盛り立てます。勝ち誇ったような表情に非情なセリフ、そして神谷浩史の柔らかい声が融合してサディスティックなキャラクターに仕上がっています。